読書感想文

Book

「下流老人と幸福老人」を読んだら下流でも幸福の道が開けた

ちょっと前に「下流老人」という言葉がクローズアップされたが、この本では上流だけど不幸、下流だけど幸福など金銭面だけではなく周囲との関わり合いの中で「絆」による幸福もある。そういった様々な例や様々なデー ...

Book

「あなたのアクセスはいつも誰かに見られている」企業の思惑と踊らされる人々

通販サイトのレコメンド機能やどこまでもついてくるバナー広告そんな「ちょっと気持ち悪い」の正体をアクセス解析の第一人者がわかりやすく解説した書籍です。 行動データを解析すると何がわかるのか? オンライン ...

Book

「感情的にならない本」を読んで心の平穏を保つ術を学ぶ

著者の体験や、精神医学的立場からの「感情的にならない」こころを穏やかに保つ為の技術を様々な場面で扱い、「いい感情生活」を送るヒントになる書籍。 「こころの器」は所詮小さな物 いっときの感情に支配されや ...

Book

「マナーより大事な 品性がにじみ出る立ち振舞い」で品性をチェック

「品がある」というと、マナー正しく振る舞えるかどうかと考える人がいるだろうが、それは少し違うようだ。マナーは主にこう振る舞うと印象が良いとか、こうすると相手に不快感を与えないというような、他者に対する ...

Book

「道は開ける」を読み不安と戦う

悩みの正体を解明し、様々な悩みを解決する原則を具体的に記して、心に希望を与えるベストセラー。一度、Kindle本でハイライトをマークしながら読んだが、もう一度読んでみよう(著者は毎月この本を読み返す事 ...

Book

「本音で生きる一秒も後悔しない強い生き方」を読みチャレンジする体質へ

先のことが不安で一歩を踏み出せない人へ、今すぐ言い訳をやめ一歩でも先へ進もうという趣旨で書かれた書籍。意見が違う人との議論ではこのようなことを書いている。 「お互いの価値観が異なっていることがわかる」 ...

Book

D・カーネギーの未来を拓く言葉を読んで「道は開ける」等を読み直そうと思う

「道は開ける」「人を動かす」などに著書があるデール・カーネギーの言葉から、未来を拓く言葉としてデール・カーネギー協会が60の教えをまとめた書籍。一時間ほどで読めるライトな内容となっております。 人間関 ...

Book

「ありがとう」と言うだけでいいことがいっぱい起こるというスピリチュアルな世界

2005年2月に出版された『人間、生きているだけで、ありがとう』の焼き直し。「ありがとうございます」と何度も唱える(心の中で)だけで身の回りに良いことが起こったり、自分が変化したりするという、なんとも ...

Book

「日本会議の研究」で右傾化の淵源はどこなのか知る

扶桑社が新たに立ち上げたWebメディア「ハーバー・ビジネス・オンライン(HBO)」の連載「草の根保守の蠢動」が書籍化されたもの。 「日本会議のお仲間内閣」となった第三次安倍内閣 「日本会議国会議員懇談 ...

Book

「脳には妙なクセがある」を暇つぶしに読んでみたら結構なボリューム

脳に対する最新の研究結果等がたっぷり解説された書籍。普段、生活する上であまり必要のないこういった研究の解説だが、興味のあるところだけ拾い読み。 長時間の読書がキツイのは脳の衰えではない 「歳をとって集 ...

Book

「超バカの壁」を読み返す

「バカの壁」「死の壁」の続編。一度読んだが内容をあまり覚えていないのでもう一度読んでみた。 若者の問題 ニートを蟻になぞらえて、蟻の集団の中で全体の2割しか働いてないとして、その2割だけで集団を作ると ...

Book

「この国の冷たさの正体」から迷惑をかけるのが人の性と知る

生活保護受給者やギャンブル・アルコール依存症患者などの弱者だけが「自己責任」の名の下に責められる。自分が責められる対象にならないように強者の意見を代弁し、弱者叩きをする弱者たち。そんな日本に苦言を呈し ...

Book

「すべての疲労は脳が原因」で最新の疲労回復法を知る

疲労の度合いを客観的な数値で表し、疲労を科学的に解明。疲労とは何か?最新の抗疲労研究から現代人の疲労の本質である脳疲労のメカニズムを解説し、その解消法を記した書籍。 □ものごとはきりのいいところまでや ...

Book

「未婚当然時代 シングルたちの”絆”のゆくえ」を読み将来を案ずる

従来の絆、つまり、家族をつくるために婚活に奮闘する人々やシェアハウスに住んだり、地方移住したり、ゲストハウス、ビジネス交流会などへの参加により「新しい絆」づくりに励む人などを取材し、未婚者の絆の行方を ...

Book

「最貧困女子」を読んで日本の底辺を見る

セーフティネットとそれから外れてしまった僕の知らない世界について興味があったので買ってみた。 最初に例として出てくる女子は、親が事業をやっていて死亡。後に大借金が残ってしまい結局闇金から金を借りるよう ...

Book

「何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ」を読み脳を鍛える

タバコやゲーム、スマホいじり、無駄遣いなど、変えたいけれど、なかなか変えられない日々の習慣についての悩みを、最新の脳科学の研究を元に解決していこうという目的で書かれた書籍。根性論でも精神論でもない、科 ...

Book

「沈みゆく大国アメリカ」を読んで1%の超・富裕層たちの新たなゲームについて知る

リーマンショック以降増え続ける医療破産。巨大化しすぎて政治に力を持ちすぎたウォール街は規制できない。オバマケアにより新たに強欲な医療保険・製薬業界が出てきた。利益を上げたい保険会社が理由を色々つけて給 ...

Book

「生とは、死とは」を読みもっと認め合い生きていかなくてはと思う

92歳を迎えた寂聴さんと50歳年の離れた堀江貴文氏(僕と同世代)二人の対論形式により、生死や子育て、景気、原発の是非、戦争、検察等について語られた本。 生と死と 生死を極めるのが仏教の務めだが、立派な ...

Book

スタンフォードの自分を変える教室を読んだが大学中退の学歴は変わらなかった

自己認識と自己コントロールのシステムを強化することで意志力や「望む力」が強まり、やるべきことをやれるようになる。ストレスから回復するためには昼寝をしたり、一晩ぐっすり眠ったり、横になって深呼吸するなど ...

Book

「植物は<知性>をもっている」から生命には脳がなくても知性は備わっていることを知る

道端に生えている草花を見ても知性があるようには見えないし、脳のある動物より圧倒的に下位の存在だという一般認識を覆し、さらには、人が花を見て美しいと思うのは、実は人間を操って世界に広がっていく手伝いをさ ...

Book

「ぼくらの民主主義なんだぜ」から光を見出す

原発事故と民主主義 冒頭、原発事故後の民主主義について、語られている。著者はフィンランドでの徹底的な「情報公開と透明性」からこの国の国の民主主義のあり方に強い印象を受けたという。100%の透明性を担保 ...

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5