51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

「なんとなく生きづらい」がフッとなくなるノート|前田 泰章

      2019/07/23

その「生きづらさ」、あなたのせいではありません。
【カウンセリング】×【心理療法】問題解決型カウンセラーが教えるセルフ・メンタルケア!
・ネガティブ思考から抜け出せない
・人に頼れない、甘えられない
・過去のトラウマが頭から離れない
・感情をコントロールできない
自分では気づかない思考・行動パターンを変えれば、「フッと」なくなる!

問題解決型カウンセリングとは?「カウンセリング×心理療法」

一般的なカウンセリングとは違って、これからみなさんに体験していただくのは「問題解決型カウンセリング」です。これはその名の通り、より積極的に、短期間で問題を解決に導くカウンセリングです。簡単に説明すると、カウンセリングとさまざまな心理療法を組み合わせた療法です。

カウンセリングを受けたけど問題解決には至らないと嘆いている人へおくる「問題解決型カウンセリング」とはどのようなものなのかを見ていこう。

悩んでいる人の思考パターン

過去の出来事にとらわれて悩んでいる人も、つらい未来を予想して不安になる人も、共通しているのは、「現在」にいながら、思考は「現在」ではなく、「過去」や「未来」にあるということです。悩んでいる人の多くは、実は今現在ではなく、終わったはずの過去の出来事や、まだ起こってもいない未来のことを考えて、不安になったり苦しくなったりしているのです。つまり、思考を現在へと戻せれば、不安や苦しみを減らせるということです。

GoogleやAppleといった世界的企業が研修に取り入れていることで注目を集めている「マインドフルネス」も「今、ここ」にだけ心を向ける瞑想です。僕も未来に起こる可能性の低いことに対して不安になる癖がある。そのトリガーは車のナンバープレート。例えば「9274」という四桁の数字が目に飛び込んできたら語呂合わせで「靴なし」と頭の中で変換してしまい。家に帰ったらお気に入りの靴がなくなっているのではないかという不安に襲われます。冷静に考えれば可能性の極めて低い未来予想ですが、本人は大真面目です。そこで思考を「現在」に引き戻します。すると外出している今現在、小一時間の外出中に空き巣が入って金銭ではなく靴を盗むという極めてレアなケースは起こりえないと自分で理解するわけです。そして今までにも同じような不安に襲われた時、結果としてそのような事象は起こらなかったという経験から不安が解消されるわけです。

問題の捉え方を変える

「思い通りにならないことがある」=「思い通りにしたいことがある」ということだからです。つまり、「自分はこうしたい」という希望を持っているのです。思い通りにならないことがある人は〝絶望〟していないのです。

今、あなたはいくつもの問題や悩みを抱えて、つらい状況だとしても、絶望しているわけではない場合が多いということ。ちょっとでも希望を持てる行動をしていけば、その結果が着実に成果を出し自分自身の糧となるはず。何もかも思い通りにことを進めることは難しいですが、絶望していなければきっと一歩ずつ前進できるはず。それはあなたの無意識下での一歩かもしれません。

自分の問題と他社の問題を区別することも大事。「自己啓発の父」とも言われるアドラーも「課題の分離」を提唱しています。問題に直面した時、まずそれが自分の課題なのか他者の課題なのかを考えるべきと述べています。課題を分離すると、自分ではコントロールできないことについて、手放すことができるので無駄に悩むことが減ることでしょう。

サクセスストーリー療法

①今回のカウンセリングで(この本を読んで)、どんな自分になれば、受けた(読んだ)かいがあったと思いますか?

最初に、おおよその将来像、カウンセリングのゴールを考えてください。

②あなたの問題が解決したら(夢が叶ったら)、今とは何が変わっていると思いますか?具体的な行動(姿勢、表情、口調、言葉づかい、生活、習慣など)を教えてください。

問題が解決した後、自分の動画を撮影したとしたら、あなたはどのように映っているでしょうか?どんな表情で、だれと、何を話し、何をしているのか、具体的な姿や行動を答えてください。

③最悪の状態だったときを0点、何もかも大丈夫になったときを100点とすると、今は何点ですか?また、何をしたらその点数がとれたのですか?

今現在の自分の状況に点数をつけてください。最悪な状態の時 (0点のとき)と比較して、あなたが何をしたからその点数がとれたのか、理由を考えてください。

④0点のときはどんな状態でしたか?

最悪の状態だったときの自分を思い出し、「どんなふうに最悪だったのか」具体的な状況を答えてください。

⑤あと10点アップしたら、そのとき、あなたはどんなことをしていますか?

③でつけてもらった点数よりも、10点アップした将来を想像してみてください。そのとき、あなたはどんなことをしていると思いますか?

⑥自分の「サクセスストーリー」をつくります。

⑦ワークシートに記入していきます。「現在の点数」の欄に今日の日付と、③でつけた点数を記入します。また、何をしたからその点数になったのか、③で考えた理由も記入します。

①〜⑤の質問に対する答えを基に、ワークシートに記入していきます。最初に現在の点数とその理由(具体的に何をしたからその点数がとれたのか)を書きます。

⑧一番下の「100点(何もかも大丈夫になっている状態)」の欄を記入します。このとき、あなたは今とは違うどんな生活をしていますか?具体的な行動を「〜している(または「〜しているかも」)」という表現で書いてください。

②で答えた「問題が解決したとき(夢が叶ったとき)」の自分の姿や行動(解決像)を記入します。

⑨「現在よりあと10点上がったら」の欄に記入します。点数のところに、現在の点数に10プラスした点数を書きます。次に、何をしたら今より10点あがったのか、自分の行動を「〜している」という表現で書いてください。

ここで「〜している」と書いたことは、次回、2回目までの行動課題(宿題)になります。今より点数を10点あげるために、自分がやれることを考えて、書きましょう。

読んでいるとなんだか実践できそうなサクセスストーリー療法。これには2回目、3回目もあるので興味のある方は書籍の方を購入してPDFをダウンロード、実際に体感してみると良いでしょう。

問題解決型のカウンセリングを受けたのと同等の効果が得られる(自分自身でマネジメントできる)ワークを紹介してくれる書籍。生きづらい世の中だと感じるが心療内科や精神科を受診するのはハードルが高いという人にはうってつけの書籍。あなたの目の前に首をもたげる様々な問題を自分自身の力で解決する方法がわかります。

 - Book , , , ,