Book

今こそ日本人の出番だ 逆境の時こそ「やる気遺伝子」はオンになる!|村上和雄

自殺者やうつ病患者の増加、政治や原発政策への不満や不信。逆境を乗り切る「やる気遺伝子」をオンにするには日頃、何を心がけ習慣に落とし込めばいいのか?日本人の良さを再発見しながら考える。

日本人と利他的遺伝子

2012年、イギリスのBBC放送が読売新聞などと 22 ヵ国で行った世論調査で、「世界に良い影響を与えている国」として、最も評価が高かったのは日本でした。

調査は、国際社会に影響を及ぼすとされる 16 ヵ国と欧州連合(EU)を対象に実施され、約2万5000人から回答を得ています。日本に対する評価で、「世界に良い影響を与えている」と答えた人は 58 パーセントで、「悪い影響を与えている」は 21 パーセント。中国と韓国を除く 20 ヵ国で、「良い影響」が「悪い影響」を上回りました。日本を高く評価している理由として、日本の経済、製品、サービス、伝統と文化を挙げています。

ちなみに、「良い影響」は日本の次に、ドイツの 56 パーセント、カナダ 53 パーセント、イギリス 51 パーセントなどが続く。一方、「悪い影響」は、イラン 55 パーセント、パキスタン 51 パーセント、北朝鮮、イスラエル各 50 パーセントなどの順になっています。

この調査は毎年実施されていますが、日本は初回の2006年から3回連続で「世界に良い影響を与えている国」のトップの座を維持しました。その後、4位、2位、3位と順位を落としましたが、常に上位を占めてきました。

しかも、原発事故があったあとでの第1位です。おそらく、震災後の日本人の振る舞いが高く評価されたのでしょう。

こんな調査結果もあります。

世界最大級のオンライン旅行会社エクスペディアが、2009年に、世界のホテルマネージャーに対して各国観光客の国別の評判を調べました。その結果をまとめた「エクスペディア・ベストツーリスト2009」によると、世界最良の観光客(ベストツーリスト)に選ばれたのは日本人で、しかも3年連続だったのです。

アンケートは、ヨーロッパ、アメリカ、アジア太平洋の地域別で集計され、日本人はすべての地域で1位になっています。

有事の際に力を発揮する国民性が日本にはあるかと思います。震災復興やコロナ対応、きちんとマナーやルールを守る人が比較的多く逆に足並みを乱す行動が攻撃を受ける。良くも悪くもそんな国民性が発揮されるのが日本。

日本人力を目覚めさせる

大自然の不思議な力を、マザー・テレサは「サムシング・ビューティフル」といいました。ヘレン・ケラーは「世の中でもっとも美しくて、もっとも素晴らしいものは、目にも見えなければ、手にもふれられない、ただ心で感じるのです」といっています。その大いなる存在を感じとる感性を、日本人はごく最近まで持っていました。

ひと昔前の日本には、「お天道様」という思想がありました。お天道様というのは太陽のことではなく、天地をつかさどり、すべてを見通している大自然の偉大な存在のこと。まさに、私のいうサムシング・グレートのような存在です。 「お天道様が見ていますよ」

かつて、日本の大人たちはそういって子どもたちをさとしたものです。だれが見ていなくても、お天道様は自分のしていることをきっと見ている。現代人の多くは、人様にバレなければ何をやってもいい、法にふれなければいいと思いがちですが、以前はこんなことをしたらお天道様に恥ずかしい、申し訳ない、という倫理観を持っていたのです。

高い道徳性は古くから身につけていたらしく、3世紀末に書かれた『 魏志倭人伝』には、「倭人は 盗窃 せず」と書いてあります。日本人は、人の物を盗まないのは当たり前だと思っていますが、外国の人から見れば特筆すべき長所なのです。

明治時代に東京大学で 教鞭 をとり、大森貝塚を発見したことで有名なアメリカの動物学者エドワード・シルヴェスター・モースは、著書『日本その日その日』(平凡社)にこんな言葉を残しています。 「外国人は日本に数ヶ月いた上で、徐々に次のようなことに気がつき始める。すなわち彼は、日本人にすべてを教える気でいたのであるが、驚くことには、また残念ながら、自分の国で人道の名に 於 て道徳的教訓の重荷になっている善徳や品性を、日本人は生まれながらに持っているらしいことである。

高い道徳性は教育によってもたらされたものなのかどうかはわからないが基本スペックとして日本人に刻まれたものなのかなと。助け合ったりする文化があるがそれは行動によるものが多い。寄附はというとなかなか欧米のように集まらないのに行動となるとそれを発揮するのが日本なのかも。

ロシアによるウクライナ侵攻その復興に日本の助力が必要と期待されている。唯一の被爆国としての地位は世界で揺るぎないものに。そんな日本をもっと僕らは誇った方が良い。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , , ,

© 2023 51Blog Powered by AFFINGER5