51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白いを読んでみたが辟易

      2016/11/14

book00012

中古本で十分

芸術家として著名な方のエッセイ集のようですが、中身は薄めで自分がいかに人がやらないことをやって成功し地位を築いたか的なことしか書かれておらず全然心に響きませんし、読了後の充実感も得られませんでした。一〇三歳まで生きた人の放つ言葉としては有り難がられるのは分かるが、それだけのこと。有名・高齢である著者の本を無条件で良しとする人多いから15万部突破!!とか帯に書かれるんだなと思った。

ともあれ、母に読ませたら、有り難がっていたので僕の感覚の方が狂っているのだろう。読む人の年齢や趣味嗜好により賛否分かれると思われるエッセイ集です。僕の場合は成功者の中でも「俺が俺が的な人」には辟易するタチなので、この本に払った金額が送料込みで¥325(Amazonの中古本)でよかったと思います。エッセイ好きの母も読んだので、元を取った感はありますが、この程度の本に¥1,080払うのはもったいないと思います。Kindle版か中古本での購入をお勧めします。

 - Book , , , ,