Book

少年みたいな君が好き|中谷 彰宏

よく女性に男性の少年みたいなところが好きという意見を聞くが、僕のようにまるっきり子供なのは敬遠されがち。大人としての教養を持ちつつ趣味や遊びの際には童心に帰るというぐらいがちょうどいい。純粋な心を忘れないことが子供っぽさとイコールではないことを肝に銘じなければならない。

一日に小さな感動を一つ

僕は一日に一つ小さな感動をして、一月に一つ中ぐらいの感動をして、一年に一つ大きな感動があれば、それで幸せだ。「最近どうも私は感動することがない」とか「すごく嬉しいことがない」って言っている人は、逆に言えば、嫌なこともそれほどなく、そこそこ幸せな人だと思う。そこそこ幸せだから、感動も見つからない。感動っていうのは、出会うものじゃなくて、見つけるものだ。チャーシューが、2枚ひっついていたりすることを見逃しちゃっているだけなんだ。「私には感動がない」って言っている人は、見つけようとする努力をしていないんだ。見つけようと努力しなくても、そこそこ中ぐらいの幸せなんだからいいかもしれない「私は不幸だ」って言っている人だったら、きっと何か感動するものに出会っているはずだ。要は、出会ったものを見過ごさないで、すごいなって思うことだ。たとえば、道ばたに咲いている花に気がつくのと、チャーシューが2枚入っていたっていうのは同じ話だ。それを見つけられるかどうかっていうことだ。つらければつらいほど、感動を見つけることができるようになってくる。感動を見つけられない人は、大きな感動ばかりを探している人だ。大きな感動ばかりを探していると、中ぐらいの感動や、小さな感動は、「たかがチャーシューごとき」と捨ててしまうことになってしまう。そうしていくうちに、感動に不感症になってしまう。だからできれば大きな感動を探すより、ひょっとしたら見逃してしまうような、小さな感動を見逃さないようにすることが大切だ。

僕は日常の中に幸せを見つけるのが意外と上手なのかもしれない。普段の生活でつまらないと感じることは少ないし、大きな感動こそないが、それなりに幸せ。小さな感動を積み重ねればそれが幸せのメーターをあげることになるんですね。

何も花のさかぬ日は、下へ下へと根を伸ばす

植物の成長にはね、いろんな日がある。根が伸びる日と、茎が伸びる日と、枝が伸びる日と、葉が増える日と、そして花が咲く日がある。とにかく言えることは、毎日成長しているということなんだ。たとえ今日花が咲いていなくても、見えないところでどんどん根が伸びているんだ。花が咲かない日にも、根を伸ばしておかないといけないんだ。きれいな花を咲かせるためにね。ムダな日は、一日だってないんだ。今日一日、花が咲かなかったなと思ったら、今日はずいぶん根を伸ばしたなと、自分をほめてあげよう。根っこがなければ花は咲かないでしょ。一日だったら、まだいいけど、それが何日も、何カ月も続くこともあるよね。たとえ、花の咲かない日が何日も、何カ月も、何年も続いても、きっとそれだけ根を伸ばしている。根を伸ばした分だけ、大きくて、きれいな花が咲く。自分の根が伸びていることは、自分でも気づきにくい。自分が根を伸ばしていることをサボっているのは、もっと気づきにくいんだ。ともすれば、花が咲かないことのグチばかり言って、根を伸ばすことをさぼってしまいがちなんだ。きれいな花が咲いている人は、みんなが知らないところで、こつこつと根を伸ばしていた人なんだ。花が咲かないからといって、ブーたれて、じっとしていてはいけないんだ。花が咲かない日こそ、君自身が成長している充実した一日なのだから。

人生では花が咲いた日を数えて自身の幸せを評価しがちだが、花が咲かない日だって、根が伸び茎が伸びているわけで全ては無駄ではない。花が咲かないからといって愚痴を言いがちになったりするのは自分自身の成長にNoを突きつけているようなものなのでそれは辛いことだ。

負けた時こそ成長する

人生、うまくいく時もあるし、うまくいかない時もある。どっちが多いかっていうと、まあ、うまくいかない時のほうが多いだろうね。うまくいかないことのほうが多いということは、それだけ高い志を持っているということだから、がっかりすることはない。志を下げてしまえば、それだけうまくいく確率も高くなるわけなんだから。仕事なら失敗することも成功することもあるし、恋愛なら、失恋したり、ふられたり、別れたり、いろいろある。テレビのドラマを観ていて、何度も繰り返し観ることのできる作品は、必ずしも主人公がハッピーになって終わるわけではない。主人公に何か試練がおとずれて、それを乗り越えてハッピーエンディングになることもあるし、主人公がどんどん落ちぶれて、最後は死んじゃうことになる話もある。それでも肝心なのは、主人公が夢に破れたり、恋に破れたりしても、そこでその主人公が成長していくことなんだ。

上手くいかない時、負けた時こそ成長のチャンス。そう思えば辛い挑戦の日々も意味のあるものになるだろう。

人生上手くいくことばかりではないが、今のままの自分でも考え方や捉え方、姿勢によって意味ある日々に変えることができると教えてくれる書籍。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

created by Rinker
¥501 (2020/05/25 07:08:39時点 Amazon調べ-詳細)

-Book
-, , , ,

Copyright© 51Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.