51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『人生を変える第3の幸せ』筬島正夫

      2019/03/14

「教えてください、どうすれば幸せになれますか。かけがえのない一度きりの人生で」この問いの答えが、この本にあります。しかも、古今東西の偉人たちが導き出した解答を、入門編として身近な言葉で表現しています。ですから「幸せ」の入門書であり、一気に幸せの本質までたどり着ける、ちょっと不思議な本なのです。

大富豪とマサイ族の幸福度の違いは0.1ポイント

好きなものを食べ、実際にプールつきの豪邸に住み、一生遊んで暮らせる財産を手にした幸せと、牛糞と泥をこねて作った掘っ立て小屋に住まいする民族と 幸せの差は、わずか0・1ポイント なのです。イメージされた幸福度と、現実の幸福度にはあまりにも大きなズレがあることがお分かりになったでしょうか。「幸福とはこういうもの」とそうとう刷り込まれて(洗脳されて?)いることがお分かりになると思います。

お金があれば幸せになるとは思わないが、生活が充実するのは確か。でもその充足感も年収800万円ぐらいまでは右肩上がりに上がっていくが、その後は伸び率が急激に下がりやがて下降する。お金目当てで近寄ってくる人が増えてきて、人間が信用できなくなるからだろうか。一方、マサイ族のように牛糞と泥をこねて作った掘っ立て小屋に住まいする民族の幸福度は意外と高くて、大富豪の幸福度と0.1ポイントしか違わない。日々の生活に充足感があり、この生活が長く続けばいいのにと感じているからだろう。

三つの幸せの基準

「第1の幸せ」は、モノを得て感じる「安心・満足」です。●第1の幸せ=「モノによる幸福」 「第2の幸せ」は、善いことをして得られる「安心・満足」。●第2の幸せ=「倫理的幸福」3つ目が、この本のテーマである「第3の幸せ」 です。「これだけ文明が発展しても、なぜ幸せになれないのか」「本当の幸せとはどのような幸せなのか」。その 究極の問いに対する答え が「第3の幸せ」です。しかし、通常このレベルまで論じられることは滅多にありませんし、説明も理解も簡単ではありません。では、「第3の幸せ」を理解するにはどうすればいいのでしょう。それには まず、「第1の幸せ」を知ることです。 次に学ぶべきことは、「第2の幸せ」 です。「第1の幸せ」「第2の幸せ」をよく理解した上で、「第3の幸せ」を学べば、それがどのような幸せか、より深く、理解されると思います。遠回りのようですが、先に この二つの幸せの本質を知ることが、第3の幸せを早く理解する鍵 なのです。「急がば回れ」 ともいわれますよね。

「第1の幸せ」は3つの「D」が満たされているか?「D」とはdesire(デザイア・ 欲望 という視点) destroyed(デストロイド・ 無常 という視点) death(デス・ 死 という視点)です。モノによる幸せは上へ上へと登っていくので、キリがありません。小さい頃は毎月500円のおこずかいでも満足できていたのに、高校、大学生になると足りなくなってバイトに勤しみます。大人になってそれではあまりにも少ない。

社会人になったら今度は年収が気になり始めます。平均年収をクリアしたら今度は年収1000万円を目指すようになり、その後も目標は上がり続けます。こうなってくるとキリがない。目標達成した喜びもつかの間といった感じです。お金を使い充実した生活をおくるはずが、出世争いで窮屈な生活を強いられてしまい結果幸福度が下がってしまうことも。

持ち家を持つという夢を実現するために節約を重ね、念願のマイホームを購入することができたとしましょう。新築だったとしても、その感動はすぐに当たり前のものとなり、満足感や幸福感は日に日に薄れていくのに、住宅ローンだけが重くのしかかります。モノによる幸せなんてその程度のものでしかありません。

「第2の幸せ」の大切さ

「第2の幸せ」。これは、 欲を抑えて善に励む道徳的な生き方 です。哲学では、『禁欲主義』 といわれます。何か親切をして他人に喜んでもらえると、なんとなく心地よくなったりします。その「役に立てた」「喜んでもらえた」という満足は、享楽的な喜びよりも精神的満足は深く、長く続くものです。イギリスの詩人、マシュー・プリオールは「幸福になりたいのだったら、人を喜ばすことを勉強したまえ」 と言っています。このような道徳的な善を積極的に行って得られる幸せ、これが「倫理的段階」での幸せであり、間違いなく素晴らしいことです。世に尊敬される人は他人の幸せのために懸命に動いた人です。自分の欲ばかりガツガツ求める人は尊ばれたりはしません。

「幸福になりたいのだったら、人を喜ばすことを勉強したまえ」これを実践できたら、幸福度は格段に上がるだろう。刹那的、享楽的な喜びよりも精神的満足は深く、長く続くものなので善行は好ましい。自分の欲だけに溺れて他人を省みない人は、この第2の幸せを手にすることができません。

孤独や不安を根っこから解決し、あなたが真の安心を手に入れる鍵がここにあります。人生を変える第3の幸せを手に入れるための旅に出かけよう。あってもなくてもいい1日を積み重ねたら、あってもなくてもいい一生に終わってしまいます。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 

 

 - Book , , , , ,