Book

3年後、転職する人、起業する人、会社に残る人|佐藤文男|3つの道から今の自分に最適なものを選ぶ時代

最近ではキャリアアップのための転職もだいぶ根付いてきました。それに加え「起業」もハードルが下がり挑戦する人も増えてきています。しかし、いまだ会社に残ってキャリアを積むのも大切な選択肢。この「転職」「起業」「現在の会社に残る」の3つの道から今の自分に最適なものを選ぶ時代、その選択の手助けとなる書籍。

出世する人の10の習慣

〈これができたら出世間違いなし!?  10 の習慣チェックリスト〉

□ 出勤したときに1日のスケジュールが組めていますか?

□ 自分の会社や業界のマナーと、一般的なマナーの両方を身に付けていますか?

□ この1年間のうちで海外に行きましたか?

□ 自分のスキルアップのために投資をしていますか?

□ 1年後、3年後、5年後の目標を決めていますか?

□ 社内と社外、両方のネットワークを築けていますか?

□ 打ち込める趣味は持っていますか?

□ 物事をプラスに捉えることができていますか?

□ 意識的に世の中のトレンドを掴む情報収集をしていますか?

□ 自分の適正体重をキープするための生活の基礎はできていますか?

YESが8~ 10 個:出世の確率 90% YESが5~7個:出世の確率 60% YESが3~4個:出世の確率 30% YESが2個以下:出世の確率5%

僕はかろうじて6個。出世の確率60%でした。これがドロップアウトした人間なのだから精度に疑問は残るが病気がなければ社内でそこそこのポジションになっていたということかと理解した。しかし僕の場合人間関係が致命的にダメなため、個人としては出世の可能性があったとしても組織には向いていないということだろう。

ファッションセンスも大事

ファッションセンスが良ければ、仕事相手があなたに抱く第一印象をよりいいものにできます。いつも自分の好みだけで洋服を選んでいたのでは、代わり映えのない、進歩のないような人に見られます。周囲にいる人で、センスがいいと思われている人に注目しましょう。テレビや雑誌なども「ファッションセンス」という視点から見て、トレンドにも注意します。たまにはお店で店員におすすめの組み合わせを聞いてみるのもいいでしょう。「えっ、こんな組み合わせをすすめるのか」と新鮮な驚きも生まれるかもしれません。

ファッションは人生を楽しむ上でなかなか重要な要素ではないかと個人的には思います。全くファッションに興味がないという人は最低でもUNIQLO Uの商品ぐらいはチェックした方が良いと思います。クリストフ・ルメールはかつてエルメスで仕事をしていたデザイナーなのでそのデザインを安価に手にすることのできるのはまさに奇跡的。もう少しお金出せるよという方はセレクトショップのオリジナル商品などをチェックしてみるのも良いでしょう。僕はUNITED ARROWSをよく利用します。さらにお金をかけられるよという方はハイブランドなどにも挑戦すると良いでしょう。そのさい流行っているからといってあまり尖ったセンスのものを選ばないこと。3年間ぐらい行けそうだなと思うものを買い揃えると良いでしょう。ブランドものは確かに高いですが、それを身につけているときのウキウキ感だったり満足感は毎日を彩ってくれます。男性なら時計などにお金をかける人もいるでしょうが、中途半端なものを買うならば、Apple Watchを選択肢に入れてみよう、バンドの交換でその日の気分によって雰囲気を変えられるので、お洒落の選択肢が増えます。

起業する人の3つのキーワード

よく居酒屋で上司や仲間、会社への不平不満などを酒の肴にする人がいます。こういう方は起業には向いていないかもしれません。夢を語って飲み明かすような人間関係が多ければ成功する確率は高くなります。しかし、先ほどもお話ししたように、夢ばかり語っても実績が伴わなければ、行動と結びつかなければやはり成功しません。会社自体が停止してしまっている、結果が出せていない、売上がないといった状況では、社員との間に良好な人間関係は構築できません。いい意味での意見のぶつかり合いはプラスになります。ある意味、起業は特殊です。「三位一体」が構築できない方は起業には難しいかもしれません。夢を語りながらポジティブに。しかしながら実績がないと社員に給料を払ることはできません。起業すればみんな精神的に厳しいときもあります。全員への気配りが必要です。つまり、一人ひとりの社員がどういう状況なのか常に目配せをする必要があります。状況を把握して、コミュニケーションフォローをしていきます。結果が出ないときは、なぜそうなったのかを踏まえてフォローしてあげる必要があるわけです。もう一つ大切なことは、自分がリーダーですから、社員から見て相談しやすい関係をつくることです。自分から聞きに行くだけでなく、どちらかというと相談してもらえるような関係づくりが重要です。社員が増えるほど気配りやフォローがより大切になってきます。

飲み屋でくだを巻くことの無意味さを知ること。最近ではこうした飲み会を嫌がる若手も増えているようで良い傾向だと思います。夢を語って、実行に移す気概が必要。それに共鳴してくれる仲間を持つことも大事なのではないでしょうか。僕の知り合いにも俳優の卵がいて、今までは恥ずかしくて俳優になりたいなんて言えなかったのに、口に出していうようになってからサポートしてくれるファンがついてきたり、仕事も徐々にそれっぽいものが得られるようになり、舞台デビューも決まりました。有言実行とするためにも夢はどんどん語っていくべき。

3年後、転職?起業?会社に残る?どの選択肢を持つと良いのかの指針となる書籍。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5