Book

魔法のコンパス 道なき道の歩き方|西野 亮廣|仕事の広げ方を型破りな実例を基にして披露

芸人でありながら雛壇を嫌がりその発想力と実行力で絵本作家としても活躍中の著者。仕事の広げ方を型破りな実例を基にして披露。そこにはビジネスのヒントが多く見られる。

僕は問いを待つ

なぜ、自分がいる場所の居心地が良いかというと、以前、この場所にあった「壮大な問い」を、すでに誰かが解決してくれたからだ。1876年にアメリカのグラハム・ベルが電話を発明しちゃったから、「遠くにいる人と会話することはできないの?」という「問い」は、もう生まれない。つまり、人生を賭けるほどの「問い」を見つけるには、居心地の悪い場所に立つ必要がある、というか居心地の悪い場所に立ったほうが「問い」が見つかりやすい。僕は、「やりたいことが見つからない」という相談を受けた時には必ず、「僕なら、3キロのダイエットをして、その体重を維持してみるよ」と返すようにしている。3キロ痩せるには食生活を改めなきゃいけないし、そして痩せたまま体重を維持するには帰り道は一駅手前で降りて歩かなきゃいけないかもしれない。面倒だし、あまり居心地が良いとは言えないよね。ただ、それによって何が変わるかというと、入ってくる情報が違ってくる。ここが大事。スーパーで食品を手に取る時に、これまで気にしなかったカロリー表示を見る。カロリーが低いものを選んでいくうちに、買い物カゴには、やけに味気のないものばかりが積まれていって、「あぁ、肉、食いてぇなぁ。野菜よりカロリーの低い肉はないのかなぁ?」と、そこで「問い」が生まれる。帰り道、ダイエットのために一駅手前で降りて、家まで歩いてみる。その道すがら、まるで流行っていない英会話教室を見つけることもあるだろう。その時に、「あの英会話教室は、なんで流行ってないのかな?」という「問い」が生まれる。「教え方かな? 立地かな? 看板のデザインかな?」といった感じで「問い」がドンドンと。それもこれも、一駅分歩いていなければ出会わなかった「問い」だ。ダイエットという、居心地の悪い場所に身を投じなければ、出会わなかった「問い」。人生を賭けるほどの「問い」は、そんなところに潜んでいる。だから、ときどき「生きづらい世の中だ」と嘆いている人を見ると、羨ましくて仕方がない。「何故、生きづらいのか?」「それを改善するためにはどうすればいいのか?」といった「問い」に囲まれているわけだ。天然でボーナスステージに立ってんじゃん。 「問い」には必ず「答え」が埋まっている。 「どうすれば、交通事故が無くなるんだろう?」や「雨の日が待ち遠しくなるようなアイデアは何だろう?」といった、長年、答えが出ていない「問い」にも必ず。

居心地の悪い状態にあると皆少しでも状態が良くなる様に様々な施策を試すだろう。環境を変えてみたり新たなガジェットを買ってみたり。自分の思う様な快適な生活を送るために必要なものはたくさんあるし、そこには問題を一気に解決してくれるものから、ちょっとだけ問題を緩和してくれるものまで様々だ。問題が生まれた時は居心地の良い空間に現状を変えるチャンスというわけだ。

仕事サボって1000万円

2015年の夏のこと。ちょうど個展期間中だったので、もちろんノーギャラで毎日ギャラリーに通って、お客さんの悩みを聞き、話し、芸をし、「歌え」と言われれば歌い、酒を出されたら呑んで、信用を積み重ねまくった。日割り計算ではなくて、もう少し長いスパンで見たときに、この1か月間の収入が上がるか、下がるかを知りたかった。それを確かめるために、裏では、個展とはまるで関係のない4冊目の絵本の制作費を募るクラウドファンディングを立ち上げてみた。 「信用=お金」を確かめる実験。んでもって、結果がどうなったかというと、個展が終わり、クラウドファンディングも、あと3時間で終了というタイミングで、僕のツイッターに「個展で毎日楽しませてくれてありがとうございます。お礼に、少額ですが、クラウドファンディングのほうに支援させていただきます」とコメントが来た。そこで僕が何気なしに「ありがとう!」と返信した次の瞬間、「僕もお礼に……」「私もお礼に……」と夏の間、個展に遊びに来てくださったお客さんからのコメントが止まらなくなり、ラスト3時間で300万円が集まり、最後はサーバーがパンクしてクラウドファンディングは終了。結果、1000万円以上の支援が集まった。これが、僕が夏の間に積み重ねた「信用」だと思う。昔話みたいな話だけれど、どうやら恩は必ず返ってくるようで、今の時代、その〝返し方〟をクラウドファンディングやブロマガなどに誘導すれば(言葉は悪いけど)、ダイレクトにクリエイターの活動資金に繋げることができる。その方法でマネタイズするためにクリエイターがやらなきゃいけないのは、信用を積み重ねること。クリエイターの信用とは何か?相手を楽しませることだ。

ただで相手を楽しませるという点ではライブ配信なんかもその部類。基本的にライブ配信アプリをインストールすれば誰でも視聴はできますが、ただで楽しい時間を共有できたと感じた人の中の何%かは投げ銭を投げてくれる。そうした積み重ねでライバーはお金を得るわけだが、投げ銭にこだわりすぎてネット乞食になる人も続出。高額な投げ銭アイテムを要求するキャバクラみたいな枠もたまに見かける。そういった枠は評判も悪くファンの定着率も低い。キャバクラで貢ぐお客の様な人だけしかコアファンとして残らないなんて現象が起こっている。

いろいろな角度からビジネスにアプローチする方法を伝授。著者の型破りな方法はすでに人気を得た後だから成功に至ったわけだが、そうでない人も信用を積み重ねれば可能なとこも多々ある。眼から鱗の魔法のコンパス。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5