Book

自分ルールを都合よく改正すれば人は勝手に行動する!|野村 こころ|行動力がなくても行動できる!

どんな人にも「自分ルール」みたいな縛りがいくつかある。そんなルール作った覚えはなくても知らず知らずのうちにこの型にはまっているわけだが、それには理由がある。この見えないルールの中にこそあなたの行動できない理由がある。このルールを変更することで行動力がなくても人は勝手に行動できるように。

行動+力=魔物?

行動力という概念が生まれると、それと同時に あるもの が生まれます。それはなんだと思いますか? それは『 尺度』です。そしてその尺度が『優劣』や『自己否定』を生むのです。

どういうことかと言いますと、『行動』という言葉に『 力』という言葉がくっついた瞬間から、当然のようにそのチカラの『有無』という 対極 が 発現 してしまいます。『行動』という言葉単品であれば、有るだの無いだのという 対極 は存在していなかったのです。

ところが、『 力』という材料が合わさると、まるでねるねるねるねのように、まったく別の 色 へと変化するんです。

たとえば『運動会』という概念は競争という概念を生み出します。そして『競争』から、〝優れた人〟と〝劣った人〟という『 尺度』が発生します。

それと同じように、行動力という概念が生まれると、〝行動できる人〟と〝行動できない人〟という 尺度 をつくります。そして、その尺度が『 優劣』を生むのです。

それはちょうど、『テスト』という概念が生まれれば、のび太が『 0 点』を創造するのと同じです。もしもこの世にテストがなければ、少なくともそのカテゴリにおいては優劣は生まれません。ましてや、未来からの 差し金 なんて、そもそも必要なかったのかもしれません。

そして、優劣が生まれると、 自己否定 をし始める人たちが現れるんです。要するに、無理をしてでも行動しなきゃという気持ちは、この心理に起因するんですね。 〝行動とは、しようと思ってするものである〟 この考え方の前提に置かれているものこそ『行動力』という世俗の概念です。つまり、行動力という概念が消えれば、できていないことに嘆くことも、誰かと比べることすら無くなるわけです。

また、こと自己否定をするかしないかは、そもそもの本人の問題ではありますが、ここで問題としているのはそこではなく、行動ができないということを『自己否定の材料』に当ててしまえることです。

何かを成し遂げようとすると必ず付き纏う尺度という問題。人は結果を求めたがるもので必ず優劣のようなわかりやすいもので結果に意味を持たせようとします。これが自己肯定感につながったりする厄介なものなのです。避けては通れない優劣の問題は行動を制限する要因の一つでもあります。自己否定に向かうのではなく行動できない理由をネガティブに考えないよう振る舞う必要があります。

安心すると行動する

仮想通貨 が流行ったときのことを思い出してみてください。今でこそ専門的知識が浅い人でも当たりまえのように持っていますが、おそらくその人たちの中には、仮想通貨が台頭する直前までは抵抗があった方もいたはずです。そういう人は、 「仮想通貨? なんか怪しいけれど大丈夫……?」 と、すぐには行動に移せなかったはずです。

今現在、仮想通貨を所有している人の中にも、最初はそんなふうに 戸惑いを感じていた人はたくさんいるでしょう。

ですが、友人やメディアなどから「儲かるよ」とか「安全だよ」などの情報が入れば、比較的簡単に始めれたはずです。

実際のことは置いておいて、自分にとって安心に足りるだけの情報が入ったからという理由だけで、 確証 のないその情報を 担保 に、人は投資すらも簡単に手を出せるんです。

FX や株投資、ビジネス投資にしてもそうですが、「難しいはず」という思い込みがどれだけあっても、隣にいる友人が「簡単だよ」といえば、その瞬間から思い込みがあっさり取れたりします。そして気付けば、行動しているわけです。

僕も貯金を銀行から投資に回すまで紆余曲折ありました。仮想通貨もよく知らないで買ったことも。結局、仮想通貨はその必要性と将来性にその仕組みの理解が追いつかなかった為売り払い今は所有していません。代わりに過去のデータからも仕組みがよくわかり賢人達も勧めるS&P500を買い増しました。これについても多くの書籍を読み納得して不安が取り除かれた上で購入しました。人間わからないものを恐れる傾向にあるのでわからなかったら勉強が必要。

自分の中で知らず知らずのうちにできたマイルールを改正することでできることが劇的に増えるように。勝手に行動に移せる体質になるまで自分を縛っているルールを見直そう!!

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2022 51Blog Powered by AFFINGER5