51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

老けたくなければファーストフードを食べるな!

      2018/07/09

老化の原因となる物質が、ついに発見された!名前は「AGE」で、この物質こそが老化のスピードを決めている。皮膚にしわがよったり、血管がボロボロになったり、骨や筋肉が弱くなったり、認知症やがんの発症にも、この物質が関係している。本書は、この謎の物質AGEの正体を解き明かし、AGEを体の中にためない生活習慣を紹介した本邦初の書。その鍵を握るのは、主に血糖値と食事の内容で、食材と調理法によっては、老化の予防も可能だと力強く訴える。皮膚や目や骨や血管の老化、認知症やがんの背後に、謎の老化物質AGEがあった! アンチエイジングの救世主となる食事法とは?

過去のツケ

タバコをやめてからも肺がんのリスクは高いまま残る。つまり、過去のツケ(喫煙歴)を引きずってしまいます。同じように「記憶」の現象が存在するわけです。そして糖尿病にもこの「記憶」という現象が認められる。過去の悪かった高血糖のツケを治療後も引きずってしまい、血管障害やその他の合併症が進行してしまう。もしその場その場の血糖値だけが問題なら、血糖値を下げれば、治療効果がすぐにあらわれ、治療を開始した時点から、少なくとも病気の進行が止まり、症状がよくなっていくはずです。それなのに、進行が止まらない。なぜか?この謎はなかなか解けなかったのです。高血糖だった時代にある物質がつくられて、それができると人間の体の中に長くとどまり、血糖値が正常に戻ったあとも、ずっと悪さをしつづけるためではないのか。やがて、こんなアイディアが浮上してきました。その物質が糖尿病にともなう合併症を進行させ、老化を促進する物質の本体、原因物質ということになります。

僕にも10年間の喫煙経験があり、今は禁煙に成功したものの、過去のツケにより肺がんのリスクからは逃れられない。しかし、それでも良いことも。タバコ代は、書籍購入代金に変わり、読書習慣がついたり、黄色くなった部屋の壁紙も張り替えて今では真っ白で快適空間に。糖尿病などにも気をつけるためダイエットに勤しむ毎日が続き、今ではMAX80kg弱から15kg減らし安定してきた。それでも一時期よりリバウンドしてしまい一番痩せていた時のパンツは太ももとウェストが少しきついのでダイエットは続行中。

背広を着た縄文人

毎日、電車に乗り会社に出かけ、簡単な用事は電話かメールで済ませる。お昼に定食を食べ、午後三時におやつをつまみ、部長に怒られた腹いせに一杯飲んで焼き鳥を食べ、ラーメンでしめて終電で帰る。休みの日は、車で出かけ、ドライブスルーでファーストフードをとり、家に帰ってお昼寝をする。そんな生活をし始めたのは、ここ二〇~三〇年くらいのことです。人類の誕生から考えると、今のような生活様式になったのは、一年の暦でどのあたりになるのでしょうか?十月くらい? 十一月? 答えはいずれも×です。なんと年末も年末、 大晦日 十二月三十一日の午後十一時五十分くらいになります。つまり、私たちは人間として近代的な生活をまだほんの一〇分しか経験していません!人の長い、長い進化の過程を一年にたとえてみると、一〇分だけいまのような環境下にいるわけです。したがって、基本的に私たちの体は、原始時代の生活に適合しています。私たちの体のつくりを支配している遺伝子は、完全に原始時代のままなのです。私たちが当たり前のようにしている近代的な生活様式には、体のつくりはまったく適合していないのです!

私たちの遺伝子は縄文時代から変化していないというのには驚きを隠せない。生活様式が狩猟時代のままだとするとファストフードなどは害あって一利なし。運動も適度に生活に取り入れないとたちまち体に異変が、ここに書いてあるような生活を送り始めたのは人類の長い歴史から見るとまだ少ししか時を刻んでいない。体のつくりが現代の生活様式に対応し進化するにはもっと時間が必要なのかもしれない。それでも、若者の平均身長が高くなってきたり、後天的なものも含めて、少しずつ現代人も変化しているように感じる。

ファストフードと清涼飲料水で食事を済ますという行為は、感心出来る行為とは言えない。清涼飲料水には「果糖」「フルクトースコーンシロップ」を使ったものが多く、これはブドウ糖に比べ体内で10倍も早くAGE:終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)を作り出すので要注意。僕はポテトチップスが大好きだが、これは発ガン物質を食べているようなものだという。おおこわっ、控えなくてはと思いつつガンを早めに発症して死に至れば、老後も短くて済むので、それはそれで100年生きるリスクから解放されるのでいいかなとww

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。老けたくなければ、ファストフードと清涼飲料水の組み合わせで食事を済ます習慣を変えていくしかなさそうです。

 - Book , , , ,