Book

神トーーク 「伝え方しだい」で人生は思い通り|星 渉

どんな相手も言葉の力で自分の思い通りに動くように導きます。心理学や脳科学に裏づけされた人を動かす力で言うことを聞いてくれない人を動かそう。

継続は「やる理由の明確化」から始まる

あなたがこの本を手に取った理由は何でしょう?

・仕事で大きな成果を挙げて評価されたいから

・苦手な上司を味方にしたいから

・職場での人間関係を良好なものにしたいから

・部下や後輩をうまくコントロールできるようになりたいから

・人を育てる立場にあるから ・好きな異性に振り向いてもらいたいから

・とにかくモテたいから……  どんな理由でもかまいません。

この本を手にした理由を明確にすることで、この本を読むことが〝単純な読書〟で終わるのか、〝あなたの日常に変化が起きる出会い〟となるのかが決まります。今ここで「なぜ、この本を読むのか?」 という理由を明確に書き出してみてください。

まずはあなたがこの本を手にとった理由を考える。それがゴールになります。ゴールを明確に持った時点で単純な読書から変化の起こる出会いへと変わります。理由を書き出すことでそれを補完することができます。

「感情と欲求の関係性」と「人が動くメカニズム」

人の心を動かす土台となる「私たちの日常の行動や言動」を整えたら、次は人の心を動かすメカニズムを理解すれば、伝え方しだいで私たちの人生は思い通りになります。そのためにまず理解しなければならない事実があります。それは、 私たち人間は全て感情によって動いている ということ。あなたにも、こんな経験はないでしょうか? 「相手の言っていることは正しい。でも、感情的に許せない」 「相手に対して怒りを感じている時は、相手の発言を素直に受け入れられない」もちろん私も経験したことがあります。私たち人間は、どんなに論理的に正しいことを言われたとしても、「感情」が同意していなければ、真に受け入れることはできないのです。そのため、人の心を動かしたいのであれば「感情と欲求の関係性」 を正しく理解する必要があります。人間の感情には、嬉しい、悲しい、怖い、寂しい、楽しい……といった、さまざまなものがあって、それと同時に、私たちには「こういう感情を感じたい、満たしたい」という欲求が存在します。だからこそ、「こんな気持ちになりたい」といった自分が求めている感情を得られる場所に行こうとしたり、その感情を得られる人の元に集まったりするわけです。よって、 多くの人が「満たしたいと思っている感情」を満たすことができる人に私たちがなれば、自然と私たちの元に人が集まり人望と影響力を得ることにつながっていきます。

相手の欲求を満たすと言う究極的なコミュニケーション能力を手に入れればあとは相手をコントロールするだけ。多くの人が満たしたい何かを相手が満たしてくれれば、こちらの思い通りの行動を起こしやすいと言うことです。誰でも自分に肯定的な人間には好感度を抱きますよね。それをうまく利用するのです。

「最後まで相手の話を聞く」だけで人気者に

話を聞けば聞くほど、相手のコップの水は減っていきます。そして、 私たちのアドバイスという名の水は、コップの水が減った分だけ、相手のコップに入れることができる のです。「最後まで話を聞く」という行為は、相手に安心感を与え、「話を聞いてもらえている」という自己重要感を満たすだけでなく、私たちのアドバイスを受け入れるための準備をしてもらう意味合いもあるというわけです。私も仕事上で、経営、起業、転職、恋愛、子育て、夫婦間コミュニケーション、自己変革など、ありとあらゆる相談を受け、アドバイスし、それらを解決してきましたが、その時に私自身のルールとしていたのが、やはり「相手の話を最後まで聞く」 ということでした。解決策を提案するのであれば、相手がちゃんと実行し、その人自身が望む状態になってほしい。そのためには、もっとも効果がある状態=「相手がこちらの話を聞ける状態」、つまり「相手のコップの中が完全に空になっている状態」でアドバイスをしなければ意味がない。ですから、私は相手の話を最後まで聞き、相手が話し終わっても、本当にコップの中が空になったのかを確認するために、次の質問をしてから、自分のアドバイスを始めるようにしています。「他にもっと話しておきたいことはありませんか?」相手にこの質問をすることで「私はあなたの話を聞く気持ちがありますよ」という姿勢がさらに伝わります。さらなる「安心感」とともに、コップの中は完全に空になり、こちらのアドバイスをしっかりと聞いてくれるようになります。 「絶対に否定をしない」 「話を最後まで聞く」 この2つを実行するだけでも、今日から周りに対するあなたの影響力は、大きく変わります。

人の話は遮らない。これはコミュニケーションの基本です。僕は人の話に被せて自分の主張や体験を話す人が苦手です。そう言う人とはもう話題を振りたくないと感じてしまうからです。せっかく気持ちよく喋っていたのに遮られてはもうこの人とは喋らないと言う頑なな態度を生みかねないですよね。

言葉にとって相手を思い通りにする技術。「伝え方」次第で相手を意のままに操る方法が書かれています。悪用厳禁!

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5