Book

特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ|五百田達成 , 堀田秀吾

人間関係が崩れやすい、そんな悩みを持つ人も多いはず。しかし、接し方やものの見方によって、そして細かなアクションを変えていくことによって驚くほど人の繋がりを円滑にすることができるように。誰にでもできるが誰もがやっていない処世術。

占い師が当たるわけ

ところで少し話は変わりますが、占い師がよくつかうフレーズにこんなものがあります。「最近、あなたの身内に不幸がありませんでしたか?」 「今どきそんなんで信じるかよ~」なんて笑っている人でも、いざ占い師の前に座って「あなた、足に怪我をしたことがありますね?」と言われると「……はっそういえば……」と考えてしまうものです。これは「バーナム効果」 と呼ばれるもので、 誰にでも共通するような漠然としたことを言われると、人は勝手に記憶をたどって、話をくっつけてしまう のです。 「母さん、俺だよ俺」「お宅の主人が事故を起こしました」と、知らない人に電話をしてお金を振り込ませる振り込め詐欺も、この効果を利用しています。最初のつかみがいいと、人はついその人のことを信じてしまうのです。

僕は占いを一切信じないが、朝出かける前の今日の運勢をみると気持ちが沈んだり少なからず影響を受けてしまう。本当は誰にでも当てはまりそうな未来を連想させる言葉で固めているのはわかっていてもその通りになると信じてしまいがち。女性には占い好きが多い気がするが、それは自分の悩みを少しでも緩和させるためどこにでもある事例を自分に当てはめて欲しいからかも知れません。

監獄実験

人間が生きていく中では、必ずグループができます。たとえば職場の中も家庭も友人関係も1つのグループで、グループができればそこには必ず役割ができるものです。『es(エス)』という映画のモデルにもなった、スタンフォード大学のある有名な実験があります。「スタンフォード監獄実験」と呼ばれるものです。簡単に言えば人間の性格についての実験で、まず新聞の公募で 24 人の被験者(いずれも心身ともに健康な人たち)を集め、ランダムに看守役と囚人役とに分けました。そして2週間の間、彼らに刑務所ごっこのようなことをしてもらい、果たして被験者たちの間でどんな変化が起きるのか調べたのです。場所はスタンフォード大学の構内で行われ、格好はもちろん、設備なども本物の刑務所を模したつくりにしました。  実験開始当初は、その場にいた誰もが「割のいいアルバイト」感覚だったのですが、すぐに状況は変わります。時間が経つにつれて、看守役の人たちがより暴力的、支配的になっていったのです。実験2日目には囚人たちが暴動を起こし、看守は囚人に罰を与えたり禁止されていた暴力をふるったりして、ついにはリタイアする囚人も出てきました。状況はその後もエスカレートしていき、結局、実験は1週間で中止になったと言います。

有名な監獄実験ですね。圧倒的優位に立つと人はこうも変わるものなあのかとこの実験を初めて知ったときは思いました。黒人を暴行する白人警官問題などもこの実験のような内容とよく似ている。そこに人種問題をプラスしたよりややこしいものになっています。

結婚後の関係を保つ術

話を戻すと、離婚問題を研究している人いわく、「結婚生活をうまくいかせるには、パートナーとは違う部分があってあたりまえと思うことが必要」だそうです。ウィンチという心理学者が 25 組の夫婦を対象に面接調査をしました。すると、うまくいっている夫婦には「一方が支配的で、もう一方が服従的」(カカア天下や亭主関白の夫婦)、「一方が相手につくすのが好き、もう一方が甘えんぼう」のように「相補性」があったそうです。お見合い結婚の離婚率が低いというのは、この点です。お見合い結婚は、いい意味で「とりあえず暮らしてみよう」とあきらめがついた状態で生活がスタートします。そのため、 お互いの違いを相補性として意識しやすいのです。一方、恋愛結婚では、「この人は最高のパートナー」という最初の期待値が高くなりがちです。だからこそ、だんだん生まれてくるささいな違いが許せなくなってしまいます。つまり、相補性に目がいきにくいのです。しかし、人と価値観が完全に同じということはありませんし、また、完全に違うということもめったにありません。人と人が付き合っていけば、必ずどこかに「類似性」もあるし、また、互いを補い合える「相補性」もあるのです。夫婦間に限らず、人間関係では「こうでなければならない!」という自分の価値観を人に押しつけず、自分と違うことがあったら、「へぇ、なるほどね~」と感心してみて、じゃあどうやって解決していこうかと考えることが大事です。互いの価値観がぶつかったときに、「話し合う」のか、「見ないふりをする」のか、「殴り合う」のか。 「価値観の違いを埋めるための価値観」が一致しているといい関係が続きやすくなります。

お見合い結婚の離婚率が低いのは始めにハードルが低く設定されているからかも。一定の条件で折り合った二人はその他の点でも妥協点を見出しやすいのではと思います。

人生いを100倍楽しむというコンセプトをもとに、人付き合いを一つ上のステージにランクアップする書籍。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5