Book

パーソナル・トランスフォーメーション コロナでライフスタイルと働き方を変革する|本田 直之

アフターコロナ時代のビジネス、ライフスタイル、人間関係、お金。考え方を見直してリセットする人が増えています。日本人に新しい幸福の形を提案します。

もう元の世界には戻れない

コロナが変えたのは、感染対策を意識した生活様式だったり、リモートワーク導入をはじめとした働き方の変化だったり、伸びた業界と苦況に陥った業界の明暗だったり、といったものが象徴的ですが、実はそれにとどまりません。

コロナは、人の意識を大きく変えたのです。わかりやすくいえば、人を大きく二極化させていきました。

その最たるものは、 これぞチャンスと新しいことに踏み出していった人。そして、元の世界に戻ってくれるのを、じっと待ち続けている人。

強制的にいろいろなものがリセットされていく中、多くの気づきを得た人も多かった。おぼろげに思っていたことを、確信したという人も少なくありませんでした。なるほど、幸せはここにあったのか、と気づいた人もいる。

はっきり理解しておかなければならないことは、もう元の世界には戻れない、ということです。待ち続けても、戻らない。戻ったとしても、そこには元の社会はありません。

すでに、パラダイムはシフトしたのです。もう過去は戻ってこない。それこそ、仮に今回のコロナが落ち着いたとしても、また同じことが起こるかもしれない。第2のコロナ、第3のコロナがやってこない保証はどこにもありません。

コロナの第2波、第3波よりも、こっちのほうがむしろ怖い。すでに社会は、次のステージに進んだのです。やらなければいけないのは、アフターコロナへの対応です。既存の仕組みを建て直そうとしている場合ではありません。完全にシフトしないといけないのです。

では、新しい時代に向けて、どうすればいいのか。アフターコロナは、どんなキーワードが重要になるのか。それを私なりにお伝えしたくて、書き上げたのが、本書です。

1つ確実に言えることは、 アフターコロナ時代には、まだ正解がない、ということです。こうすれば確実、というものがない。こういうときには何をしなければいけないのかというと、どんどん動いていくことです。何かアクションを起こす。手数を増やしてみる。  最も危険なのは、じっとしていること。待っていることです。じっとしていても、何も起きないから。何も得られないし、何も成長できないから。

だからこそ、アクションを起こすためのキーワードが必要になると思いました。それが、「実験」です。私はもともと、人生は実験だと思ってきました。思うようになど、簡単にいくはずがないのです。

僕自身の環境もアフターコロナを見据えてちょっぴり変化が。銀行預金を少しだけ残してあとはある程度リスクをとって株式投資に。そのために数多くの書籍を読んで勉強しましたが、個別株への投資はやはりリスクが高い場合が多いのでS&P500に全振りしました。最初は国内で運用するつもりでしたが、かのウォーレン・バフェットも遺言として遺族となる子供たちに9割S&P500に投資せよと言っているのでリスクの中にも安心感がある。これをがっちりホールドして複利の効果で自分年金を作りました。僕は会社員を辞めてしまったのでこの収入源はでかい。

それと会社員の方でも副業で収入源を増やすことを考える人も増えてきているようです。あてにならない会社よりも副業の方が稼ぎがいいなんて人も。

コロナでライフスタイルを変えた人たちを見て自分も働き方やライフスタイルを見直そうという人は多いかと思います。そんな人の指針となる書籍。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2022 51Blog Powered by AFFINGER5