Book

インテリジェンス読書術 年3000冊読破する私の方法|中島孝志|「大人の本の読み方」を指南!

人気ブログの書籍化。「本」は1ページ目から読むなとか独自の理論を展開しながら知的生産リーディングを指南。著者のいう大人の本の読みかたとは?

速読教室の落ちこぼれが年間3000冊!?

ここ二〇年ほど、わたしの読書ペースは平均して年間約三〇〇〇冊をキープしています。とはいえ、これをいちいち数えているわけではないので、税理士の報告をもとに支払額から逆算して類推した数字です。

そのどれもが 狙って購入しているにもかかわらず、「 歩留まり」はめちゃくちゃ悪いです。

八割方は「アマゾン( http://www.amazon.co.jp/)」などのネット書店で購入していますから、買うときに中身をきちんとチェックできません。しかもわたしの場合、たいていタイトルと帯コピー、それに新聞広告を見て判断し、注文してしまいます。おかげで本を開いた瞬間、「あっ、またやっちゃった……」となるのが二割くらい(六〇〇冊程度)はあります。それどころか、同じ本を三回連続で買ってしまったことも何回かあります。

それでも後悔はしません。残りの二四〇〇冊との出会いは、この六〇〇冊があればこそだと考えているからです。すべての本に百パーセント満足しようなどと欲張りなことは考えません。ほどほどの満足でいいのです。

もちろん、選択ミスをした六〇〇冊はほとんど読みません。よくてざっと 眺める程度。すぐに古書店行き段ボール箱に放り込んでしまいます。 「なんともったいないことを!」と 叱る人もいるでしょう。しかし、わたしにしてみれば、読んではいけない本、読んでも得るところのない本に時間をとられるほうがもったいないのです。なんといっても、まだまだ読むべき本が「 門前 市 を成す」とばかりに待っているのです。ここは 諦めが肝心、と吹っ切ることに決めています。

最近、推し事が忙しくてお金もかかるので新刊を買えてないです(笑)たまにこれは読んでおきたいと思う新刊に出会った時だけAmazonで購入するのですが、こうした機会を産むにはやはり書店の方がメリットがあるように感じます。実際に手にとってペラペラ中身をチラ見するだけでも自分が今欲しい本かは判別できます。Amazonのデメリットは中身が分からないこと。たまに中身が見ることができるものもありますが、新刊だとレビューも少なくてそのレビューも関係者を思われる星5評価などが幅を利かせていて信用ならないので勘に頼るしか(笑)

本は1ページ目から読むな

わたしが週三回もリアル書店に出かける理由は、仕事の待ち合わせのためだけでなく、そこに「思わぬ拾い物」「偶然の出会い」があるからです。本の 醍醐味 はセレンディピティ(すなわち、思いがけない発見)にあると述べました。

ネット書店では、「こういう種類の本がほしい」「こんなテーマの本がほしい」と、こちらから能動的に検索しなければ手に入れられません。ピンポイントの目的買いには便利なネット書店も、見方を変えれば 遊び が少ないといえます。

対してリアル書店には、たくさんの思いがけない出会いが 転がっています。リアル書店は、そこに立っているだけで、求めていようといまいと、向こうからどんどん情報が飛び込んできます。ネット書店では絶対に 辿り着けないインテリジェンス、思いがけない本との出会いがあるのです。いくらネット書店が便利でも、そこに幸運な出会いがあるかぎり、リアル書店が廃れることはないでしょう。

読書家なら書店へ足を運ぶことも厭わない人が多いのだろうが、僕はもっぱら引きこもりAmazon野郎です。どんなテーマの本が欲しいか一発検索でアクセスできる閲覧性の高さと翌日には届くスピードが魅力。リアル書店だと立ち寄る暇がないとその恩恵を受けることができず。隙間時間のAmazonが安定。

読書術の本はよく見かけるが、大事なのは良書と出会うマッチングだと思う。いくらたくさん本を読んだところで身につく知識が陳腐なものなら意味がない。これは!?と思うものは積極的に買っていきたいです…何十冊も積読できる財力が欲しい(笑)

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , , ,

© 2023 51Blog Powered by AFFINGER5