Book

心に折り合いをつけて うまいことやる習慣|中村恒子

ベテラン精神科医が教える、心に折り合いをつけてうまいことやる習慣。

仕事が好きじゃなくてもまったく問題ない

たとえば掃除や洗濯なんかも、大好きでやっている人は少ないでしょ。「生活のためにやっている」のと違いますか?仕事も同じですわ。旅行や遊びも、たまに行くのは楽しいけど、何回もしてるとだんだん飽きてきます。刺激というのは、すぐに慣れてしまうもんなんです。そもそも、仕事の好き嫌いなんて実はちょっとしたもんで、仕事の内容よりも人間関係のほうがよっぽど大事だったりします。 私の経験上、仕事が嫌いになる原因のほとんどは、人間関係です。 どこへ行っても仕事が嫌いになってしまうのは、人との付き合い方のほうに問題があるかもしれません。そんなことで、仕事をしていく上では格別好きか嫌いかを考えなくてよろしいと私は思っています。そしてどんな仕事であれ、働けるうちは何歳になっても続けたほうがええでしょうな。時間が余ると、人間ろくなことを考えませんのや。気にしないでええことまで気になってくる。余計なことに首をつっこみたくなってくる。暇は、人間にとって毒にもなります。せやから、「ほどよく忙しい」のがええ 塩梅 でしょうな。今の時代なら「好きでも嫌いでもない」くらいの仕事は見つかるはずです。急がず焦らず、よ~く考えて「大好きじゃなくても長く続けられる仕事」を見つけていけばええと思いますよ。そして歳をとってきたときには、食事や掃除のように、仕事が自然で穏やかな習慣になっていたら言うことなしやと思います。

仕事は人間関係というのには激しく同意。仕事はつまらなくても続けられますが、人間関係がダメになると一気にその仕事が嫌になります。それが皆が仕事を嫌になる理由なのだと思います。大好きじゃなくとも人間関係に気をつけて長く働ける職場を見つけられるといいですね。

夜の仕事は、「よく眠る」こと

心を平静に保っていくもう一つのコツは、「仕事のとき以外は、仕事のことは考えない」ことやと思います。仕事が終わってからも仕事のことばっかり考えてしまう。それで大きいストレスを抱えている人がほんまに多いようです。仕事をしていないときは、仕事のことは考えんようにしてください。それができないから困るんやと言われるかもしれませんけど(笑)、 今考えるべきことと、そうでもないことをしっかり区別して、切り離す 特訓をしていきましょう。いろいろ忙しくて「あれもやってない」「これもやらなきゃ」と焦りが出てきたときは、「ほんまにそんな考えないかんこと?」「ほんまに今やらないかん仕事なの?」と、自問自答してみてください。仕事に限った話ではありません。先々のことを想定して準備をすることはたしかに大事なことかもしれへん。けど、「今はどうしようもできない」ことを、今どうしようとしても仕方ないんですわ。確実に起きることがわかっているんであれば、事前に対策をすればええ。それはたくさん頭を使って、人に聞いたり、自分で工夫したりしながら手を打っていきましょう。でも、それ以外の「起きるかどうかわからないこと」は、知らんと決め込んで、しれっとしてればええんです。乱暴に聞こえるかもしれへんけど、本来はそれくらいでちょうどええんではないでしょうか。これは、基本的には習慣づけやと思います。 家に帰ってきてから眠るまでのパターンをつくってみてください。

仕事でなくとも、先のことを心配ばかりしていてもしょうがありません。これから起こることに気を揉むより、今目の前にある一つひとつのタスクをきちんとこなすこと。今の積み重ねでのみ未来は作りあげられます。もう定着した感のあるマインドフルネスなども今を意識しながら行うもの。こうした「今」を感じる習慣で一つひとつ壁を乗り越えていきましょう。

「自信がない」は、悪いことじゃない

最近は、「自分に自信がない」という人が多いようです。西洋的な考え方の影響なんでしょうか。自信を持つことが大事やとか世間では言ったりしますけど、私は「ほんまにそうやろか?」と思います。自信というのは、できないことが一つできると一つだけ増えるもの。たとえば試験でうまくいったり、仕事がうまいこといったり、そんなこんなの積み重ねで、時間をかけながらちょっとずつ、なんとなくできていくもんです。残念やけど、ちょっとやそっと「考え方を変えましょう」でうまくいくようなものではないんですわ。だから無理やり自信をつけようとしたって、そんなうまくはいきません。むしろ、もともと持っている考え方を無理に変えようとすると「なんで自分はこんなに自信が持てないんやろか?」とかえってしんどい思いをしたり、余計な力が入りすぎて、空回りしたりしますやろ。あんまりいいことがないと思います。ハッキリ言ってしまえば、自信というのは持とうと思って持てるもんやないんです。 そしてそもそも、「自信があるから悩まない」ということも、ないと思うんですわ。往々にして人生には流れというもんがあります。一時はうまくいって自信にあふれていても、何年かあとには「あれ、なんだかうまくいかへん」と、ガックリするときもきます。人間なんていうのはそういうもんなんです。自信のある・なしは、ゆるがないものではなく、たゆたっていくもんなんです。絶対的なものなんてありません。

自信というものはたゆたうものと思っていれば気持ちが楽ですよね。

今、あなたは幸せと感じているだろうか?でも幸せかどうかなんて気にする必要はありません。何事も心の折り合いですませる習慣がつけば人生イージーモードに。気楽にいきましょう。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 

 

-Book
-, , , , ,

© 2020 51Blog Powered by AFFINGER5