51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

かわいい→大きな目が印象的。語彙を増やせばもっと伝わる

      2018/01/01

文章に説得力をもたせたい。そう感じている人は多いのではないでしょうか。そうした思いの答えてくれるのが、レトリックと呼ばれる文章の修辞技法です。でもレトリックって難しいんじゃない?比喩法、反復法、倒置法、対照法、誇張法、冗語法という方法が並ぶばかりで‥‥。確かに専門的にレトリックを学ぶと、そうした表現方法のオンパレードです。しかし、それがレトリックの本質でしょうか。本書では「表現の一手間」によって伝える力を強くしていきます。

「すごい」を別の言葉でわかりやすく言い換える

  1. 人間の身体はすごい。
  2. 一橋大生はすごい。
  3. 戦争を体験した世代はすごい。
  4. プロの投手の球は生で見るとすごい。
  5. 甲子園球場のスタンドの声援がすごい。

1 人間の体はすごい。→人間の体は精巧に作られている。

これは形容詞にすると「精巧に作られている」ということを指しているようです。「よくできている」ということでしょう。何がすごいのかを詳しく説明する表現を加えることが必要。

2 一橋大生はすごい。→一橋大生は知的レベルが高い。

話し言葉の場合は具体的にいうとお世辞っぽくなることも多いのですが、文章で書くときはやはり具体的に「頭が良い」「知的レベルが高い」とはっきり書いた方がわかりやすいでしょう。

3 戦争を体験した世代はすごい。→体験した世代は鍛え方が違う。

日本では戦後が長く続き、センサ王体験者も日に日に減ってきています。戦争体験がリアルなものでなくなりつつある今、戦火をくぐり抜けてきた人たちのどこがすごいのか具体的にする必要があります。逆境に動じない精神力を言い表すことが大事。

4 プロの投手の球は生で見るとすごい。→プロの投手の球は生で見るとその迫力に圧倒される。

スタジアムに足を運び、ブルペンで投げるピッチャーを間近で見ると圧倒されるに違いありません。それを表現。さらに具体的に、「スピードが恐ろしく速い」「変化球の曲がり方がえぐい」などということも可能。

5 甲子園球場のスタンドの声援がすごい。→甲子園球場のスタンドの声援が熱狂的だ。

甲子園球場の阪神ファンは、とにかく熱いことで知られています。そこで「すごい」を「熱狂的」と言い換えます。そうすることでスタジアムに響きわたる声援が表現できます。

「おいしい」オノマトペ

次の①〜⑥の食べ物の食感を描写するときに共通して使われるオノマトペを挙げてください。

①パンケーキ、ロールケーキ、オムレツ

②ラスク、クッキー、天ぷら

③エビ、鶏モモ肉、ソーセージ

④納豆、オクラ、とろろ

⑤ベーコン、唐揚げ、ピザ

⑥ドーナツ、ニョッキ、水餃子

①「パンケーキ」「ロールケーキ」「オムレツ」に共通するのは「ふわふわ」でしょう。スポンジケーキの食感と、卵を焼いたオムレツやオムライスもふわふわです。

②「ラスク」「クッキー」「天ぷら」に共通するのは「サクサク」です口の中で心地よい歯ごたえで切れていくサクサク感は気持ちの良いものです。

③「エビ」「鶏モモ肉」「ソーセージ」はいずれも「ぷりぷり」しています。ぷりぷりを支えるのが肉の持つ弾力。歯に抵抗しながらも気持ちの良い食感を生み出します。

④「納豆」「オクラ」「とろろ」はいうまでもなく「ねばねば」です。手で触ると気持ちの良いものではありませんがww

⑤「ベーコン」「唐揚げ」「ピザ」に共通するのは「カリカリ」です。カリカリに焼いた香ばしいベーコンは食欲をそそります。唐揚げの外側のカリカリや、専用窯で焼かれたピザの生地も美味しさの核心です。

⑥「ドーナツ」「ニョッキ」「水餃子」に共通するのは、「もちもち」です。ドーナツだけだと「ふわふわ」、水餃子だけだと「ぷりぷり」と表現する場合もあるでしょうが、「ニョッキ」が含まれているので、この場合「もちもち」に。

「難しい」にも理由を添えて

かつて付き合いのあった友人から生命保険への加入を勧誘するメールが届きました。そろそろ生命保険に入ろうと思っていた時期でしたが、いくつかの会社を比較し、じっくり調べてから入ろうと思っていたので、今回は断ろうと思います。どのように断ったら良いか、断りの言葉を考えてください。

保険の勧誘で最も断りやすいのは「必要がない」ときっぱり断る返答です。

生命保険は確率的に加入者が損になるようにできているので、ポリシーとして加入しないことにしています。

これで勧誘者はぐうの音も出ないでしょう。もう一つ有効なのが、

家族に保険会社勤務のものがおり、すでにそちらに加入しているので。すみません。

というもの。嘘でも構わないと思いますが、僕の場合すでに他界してしまいましたが、父がたと母がた両方の祖母が保険会社勤務だったので本当に無駄とも言える保険にすでに加入済み。これを話すと、電話での勧誘や会社にやってくる保険会社の人も潔く引いていきます。もし保険に加入するとしても、家族に利のある方へ加入するからです。

便利なのでつい使ってしまいがちな形容詞表現。文章を書く際は特にこの形容詞表現が具体的状況を説明しきれない場合も多くあります。普段から形容詞を使わず表現する努力をすれば一味違う大人に「このネックレス、かわいい!」より「このネックレス、くり抜いたハートの中に輝く真珠が一粒入っているエレガントなデザインだ」とした方がより読み手に伝わります。文章表現力を鍛えるのにはうってつけの書籍。

 - Book , , , ,