51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『予定通り進まないプロジェクトの進め方』前田考歩,後藤洋平

      2019/07/08

ルーティン・ワークではない仕事はすべてプロジェクトである!事務作業などのルーティン・ワークは、今後AIやロボットに代替されると言われています。人が進める仕事は、新たな顧客の獲得、商品の開発、事業の立ち上げといった高いスキルが求められる「プロジェクト」になっていきます。しかし 「プロジェクト」の実行には、様々な制限課題がつきまといます。本書では、SI開発やプラント建設といった「狭義のプロジェクト」だけではなくルーティンではない活動すべてをプロジェクトとしてとらえ工学的なアプローチでそれを解明し、成功に導くための方法を身につけます。

想定外は当たり前

そもそも計画を立てる段階で、あらかじめ情報が充足しているということはありません。そのため、要点については関係各所の確認をした上で、多少のバッファを持たせたり、「ここが実現したら、次のステップに進む」のように日時を指定しない形で組んだりします。しかしそこまで注意をしていても、想定外のトラブルに巻き込まれることも珍しくありません。このようにして、ほとんどの計画は、遅れていくものです。プロジェクトに手慣れた人は、こういうときには「順調に遅れている」と嘯くものです。遅れやトラブルを想定し、その範囲内で遂行できた計画は「成功した計画」です。多くの場合は、進めるに従って新たな課題が浮上し、計画そのものの見直しに直面することになります。

どこまで想定するか問題が出てくるが、想定外をなくすための努力を重ねるよりも、想定外のことが起こった時の対処法をフレキシブルに考えられる頭の柔らかさが必要になる。

コミュニケーションロス

リンゴが欲しいから買ってきて、と誰かに頼まれたときのことを考えてみましょう。依頼をする側とそれを受ける側、互いの考えが一致していればこれほどたやすい仕事はありませんが、プロジェクトにおいては決してそんなことはありません。リンゴ、と言われて、近所のスーパーに即座にお使いに走るのは、プロジェクトにおいては自殺行為です。リンゴが欲しいから買ってきてとオーダーした人は、赤いリンゴを欲しているのでしょうか、もしかしたら、青リンゴが欲しいかもしれません。リンゴは一つでいいでしょうか、それとも袋詰の四つ入り?それともダンボール箱にぎっしり欲しいかもしれません。産地は、青森産がいいのか長野産がいいのか。はたまた輸入物がいいのか。聞いてみると、意外な答えが返ってくるかもしれません。おやつにそのまま食べようとしているのでしょうか、それともアップルパイを作りたいのか、はたまたカレーの隠し味に使いたいのかもしれません。もしかしたら、食べる用途ではない可能性もあります。デッサンのために欲しいのかもしれないですし、写真が撮りたいのかもしれません。

自分と相手の間で意見が割れることは意外と日常的に起こる。相手の心中を察したつもりがわかっていなかったり。このリンゴを買って来ての一言から生まれる答えは無数にあることをまず理解する。仕事の相手でも同じで、きちんとコンセンサスが取れているか常時確認してプロジェクトを進めなければ、どこで齟齬が起きたのかも気づかずに納期を迎えることになりあとあと面倒。面倒臭い作業ほどしっかりやるべきだ。なぜリンゴなのか?リンゴを使って何をするのか?いつまでに欲しいのか?など具体的な要望をしっかり聞くべきだ。

プロジェクト工学概説

「プロジェクト=未知との戦い」における最大の難点とは何でしょうか。それは、「その仕事をやったことがない」ということです。すなわち、事前に的確な勝利条件を定めることができない、ということです。マイホームを建てたことがない人は、一体どのようなマイホームを建てれば、成功したと言えるのか、それすらもわからない状態から、手探りで出発します。ある人は、家族が笑顔になれる家、というかもしれない。ある人は、売却時の資産価値に着目するかもしれない。またある人は、通勤通学におけるアクセスを考えるかもしれない。誰しもが、こうしたすべてのことを秤にかけて、ああでもないこうでもないと考えを巡らすものです。そのなかで、とりうる選択肢をリサーチして、最終的に、「えいやっ」と決める。プロジェクトにおける困難とは、まさしくこの「えいやっ」という意思決定の仕方にあります。そこには絶対的な基準、ロジカルな基準は存在しません。それによって人は、「これが本当に正解なのだろうか」という不安に、常にさらされるわけです。

「プロジェクト=未知との戦い」というのには、日々新しいものに接しているとわかる。最初はみんな未経験なわけだから、仕事でも経験のないことをやらねばならないことが多くある。手探りでプロジェクトを進める過程では常に不安がつきまとう。

プロジェクトは放っておくと遅れるもの。予定通りに進まないプトジェクトの手綱をどう握れば良いのかを考察する書籍。あなたのプロジェクトは順調に進んでいますか?そうでない方は必見です。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 - Book , , , , ,