Book

行動してみることで人生は開ける まず、できることから、やってみる|加藤 諦三

何もしてもつまらなくて手に付かないし、やりがいも感じられない。そんなふうに思っていたらあなたの未来は暗雲が立ち込めることでしょう。失敗を恐れず踏み出す勇気を持つためのメソッドがここに。自信や意欲は自分で作り出すことができます。

なぜ行動することが大切か?

『現代スポーツ心理学』という本を読んでいたら、国際競技の経験のあるコーチが、根性のある選手は次のような特徴がある、と語っていた。

① 勝つためには、どんな苦しさや困難にも耐え、それを克服する努力をする。むしろ苦しさに耐えることに喜びや満足感を持っている。

苦しさに耐える喜びというとまるでマゾヒズムみたいであるが、ここでいっているのは決してそうではないと僕は思う。

要するに、練習しているうちに自分自身が変化してきて、困難がただ困難だけではなくなり、喜びにもなってきたということなのである。

練習しているうちに、面白さが出てくるということであって、面白いから練習するというのではない。もちろんそういうこともあるが、それだけではないということである。

② 一つのことに打ち込む行動傾向を持ち、これが日常生活にも練習にも示され、他の人よりも少しでも多く練習しようとする態度があり、自己に対してきわめてきびしい。

これも初めから面白くて何かに打ち込んでいくというより、やっているうちに面白くなって打ち込むようになる、ということであろう。まず何かをやらねば打ち込むものも出てこない。

何かをやっているうちに、そのことに打ち込むようになっていくのである。何かをやっているうちに興味がさらに湧いてきたり、興味の焦点が変ってきたりする。

③ 苦しい練習に耐え、それを実行し続けたことから強い自己信頼感や自信を身につけている。ある人は、自信というよりもむしろ信念にまでなっている。

何もしないで自信を持とうとしても、それは無理な話である。自信というのは何かをやったあとの結果として出てくるものである。

自信があるから何かをやるのではなく、何かをやるから自信がついてくるのである。

成長曲線の最初の方はどんなチャレンジでもかったるいもの。なかなか成果が得られずにリタイアしてしまう人も多いかと思います。そこを抜ければ一気に上昇に転じるのにもったいないですよね。飽きっぽい人はこの成長曲線の急激に面白くなるという経験をしたことがない人が多いため、残念な結果になっているのだと思います。

新しい自己の創造

目立ちたい、などというのも刺激を求める欲求であろう。つまり「目立つ」ことは周囲から刺激を得ることである。周囲の眼が自分にそそがれれば、それで満足するのが「目立ちたい」欲求であろう。だが、周囲を動かそうという意志は、目立ちたい人にはないのである。

テレビ局のディレクターと話していると、時々「出たがり」という言葉が出てくる。「あいつ、出たがりじゃねえか」という具合である。聞いてみると、とにかくテレビに出たがる人がいるというのである。しかし「出たがり」の人に限ってテレビに出ることだけで満足する。あるいはもっと出たがる。つまりテレビに出て、そのテレビの力を使って何か自分の意図を周囲に反映させようというのではない。

その「出たがり」の当人は学生であったが、会って話を聞いてみた。テレビにも学生の参加番組があるから、出たければ出られる可能性はある。 「テレビに出て、学校の近くの喫茶店にいると、皆が注目してくれるので嬉しい」という。しかし時が経って自分がテレビに出たという話題も学生仲間から消えてしまうと、喫茶店に坐っていても、寂しい、という。

その人の場合、自分の満足が周囲の反応に依存している。もちろん誰だって、ある種の満足や意味は周囲の反応から得られる。しかし能動的な人が感じる意味や満足は、やはり「出たがり」の満足とはちがう。自分が何か周囲へ働きかけ、それに人々が反応してくれることが嬉しいのである。

英雄は自分で英雄になるが、有名人は人に有名人にしてもらう、という。このような有名人が受け身の人なのであろう。

自分が震源地となって周囲へ働きかけていこう、というのと、他から震動が伝わってくるのを待っている人とは違う。能動的な人と受け身の人との違いである。

SNSは普及した今、どんなことがバズるかわからない。チャンスがその辺に転がっている世の中になってきました。それを拾い上げられるかが肝。大抵の人はそんな日常に起こるバズりの効果に気づかずにやり過ごしてしまいます。嗅覚の鋭い人はこれにきちんと気づきチャンスをモノにするのです。アンテナは各方面に貼っていた方がステップアップするチャンスをモノにしやすいかもしれません。

何事も経験、新しいことに挑戦することをやめなければ必ずチャンスの芽を見つけることができるでしょう。そんなめざとい人間になるべく日頃から訓練していくために必要なことを網羅した書籍。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2022 51Blog Powered by AFFINGER5