Book

心のわだかまりがなくなるほっこりサプリ──今を楽しく笑顔で過ごそう|中山 和義

人は必ず死ぬので全力で楽しむ!「24の物語」シリーズから誕生したFMラジオ、その放送作家が遺したメッセージに著者が思ったこと。大切な存在に気づきより人生を楽しく生きるための養生訓。

周囲の期待に応えられずに、それが失敗だと感じていませんか?

過去の失敗から1つでも何かを得ることができたら、その経験はあなただけの貴重なものです。過去の結果が、今に影響を与えるわけではありません。自分のことは、自分がいちばんよくわかっています。誰もほめてくれなくても、本当にがんばったと思える過去の努力を、今の自分のために認めてあげることが大切です。

過去の失敗から学ぶことは多い。人間多かれ少なかれ失敗の連続で生きている。それを糧にして次のチャンスに生かせるか?成功体験だとなんとなくこうやると成功するという無意識が働くが、失敗の場合意識してそれをプラスに持っていく癖をつけないと失敗し続けることに。

大切な人を亡くして落ち込んでばかりいませんか?

いつまでも落ち込んでいては、大切にしてきた人も喜んでくれません。つらくても、その人との思い出を〝今の力〟に変えることができるはずです。人生ではつらい出来事が起きることが多々あります。とくに大切な人を亡くしてしまうような悲しい出来事にあったとき、立ち直るのは容易ではありません。しかし、どのようなつらい体験でも、受け止め方を変えることができれば、今を幸せに生きるための大きな力になるのです。過去にあった出来事が楽しかったか、つらかったかということは、今の自分には、まったく関係ありません。その出来事を、どのようにとらえるかで、今の状況が変わってくるからです。

大切な人をなくすというのは何も死別だけではない。色々なタイプの別れが人生には待っているが、それを悲しんでばかりはいられない。良い思い出だけ胸にしまって次に進むべき。たまに思い出して胸熱になるくらいがちょうどいい。もし記憶に残らなければその人との関係はその程度のものなので特に思い出の品とかを取っておく必要はないと僕は思う。思い出の断捨離で身軽に次のステップへ。

これまでの生き方が失敗だったと悔やんでいませんか?

「自分の行動や経験はすべて必要だった」と自分を納得させることが大切です。そして、過去の自分を責めずに、ねぎらってあげてください。人生では、自分ではどうすることもできない不幸な出来事に、巻き込まれてしまうことがあります。個人の自由な意思など無視されてしまう「戦争」という状況が、その典型的な例です。やりたくないことでも、どうしても行わなければならない事態ほど不幸なことはありませんし、まさに戦争は罪です。あの出来事は自分の責任ではない。だから、忘れて新しい自分になって出直そうと考えることができればいいのですが、極限状態にさらされた人のトラウマはきわめて根深いものです。自分に対して責任感が強い人ほど、「どうして、あんなことをしてしまったのだろう」と悩まされ、いつまでも自分を責め続けてしまいます。

自分の行動は全て良い経験だと思うことが大事。それが悪い結果をもたらすこともあるのだが、それは成長の糧だと意識する。恋愛や仕事、世の中にはたくさんのままならないことが溢れています。それを全て良い経験と捉える癖がつくと改善によって自己肯定感を高めることができます。いつまでも下を向いていては一向に事態は好転しません。

人に厳しく接していませんか?

相手を批判しているだけでは何も変わりません。相手を受け入れてサポートしてあげれば、状況が好転します。仕事ができる人に多いのですが、「どうして、もっとがんばってくれないの」「何で、本気を出さないんだ」というように、周りの人たちをいつも批判している人がいます。そして、批判している相手に不快感を与えているのと同時に、このように言っている本人もイライラしていることが多いようです。  こうした人は、自分自身にきびしいので、ついつい周りの人にもきびしさを要求します。その結果、期待に応えてくれない相手につらく当たってしまうことになるのですが、これでは、お互いに不満がつのり、人間関係はこじれるばかりです。相手にしなければならないことは、批判ではなく、サポートです。このことに気づくことができれば、相手との関係が良くなるはずです。

よくSNSでフォロワーが多い人に絡んで批判することで自分の存在を見せつけようとしたりリプで返答されることで自分のフォロワーを増やそうとしている人を見かける。なんか残念な人だなと思う。そういう輩は無視するに限る。相手にしても消耗するだけで何も生み出さない。

将来を不安に思う原因はなんですか?

未知の将来に不安を感じるのは当然です。まだ起こっていない問題を想像して、深刻にならないことが大切です。「将来が不安だ」というのは、何が起こるかわからないからです。何の 灯りも持たないで、真っ暗な 洞窟 を進みなさいと言われれば、誰でも不安になるはずです。先が見えないので怖くなって進めません。そこで、先が見えない不安を解消するには、見えないものをできるだけ見えるようにしていく必要があります。まず、自分が何に不安を感じているのかを具体的に考えてみます。次に、もしそれが、現実となったらどうなるのか、最悪の事態を想像してみます。このように考えると、漠然と不安に思っていた事態が具体的になり、そのために、何をしなければならないかが見えてきて、事前の解決策も冷静に考えられるようになるはずです。思っているほど、事態が深刻でないことにも気づくことができるでしょう。

みんなが不安に思うほど未来は暗いものではないと思う。前向きに生きていれば暗そうに見える未来も自分の光で照らせるもの。そんな輝く人になりたいと思う。あ、輝くのは無理か?と思った人はこの先を照らす武器(スキル)を手に入れる勉強をしましょう。

楽しく笑顔で日々を生きるためのほっこりサプリ。心のつっかえを一つずつ取り除き、前を向いて生きるメソッドがここに。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5