Book

人間関係の「困った」をすーっと消してくれるほんの小さなコツ|野澤 卓央

人間関係を改善するコツはシンプル。目の前の簡単なことを当たり前にこなすことで人生は劇的に豊かになる。そんな人間関係を改善したいあなたを後押しする41のシンプルなコツとは?

職場の人間関係を良くするコツ

一生懸命やっているつもりなのに、 なかなか人から認めてもらえない……。 まわりの人から認めてもらえないことに対して、 不満を感じたこと、ありませんか? 僕も、「こんなに頑張って新規営業しているのに、 どうして上司はわかってくれないんだ」と、 自分の努力を認めてもらえないことに 不満をもっていたことがありました。 そんなとき、 会社のみんなから信頼されている先輩から、 僕がまわりから認めてもらえない理由を 教えてもらいました。 それは…… 口でいっていることと 実際にやっていることが違うから。 先輩はこんなふうに教えてくれました。 「普段やっていることと、 人に伝えていることが違う人は まわりの人からなかなか認めてもらえない。 なぜなら、本人はやっているつもりでも、 他人から見ると地に足がついていないように感じる。 自分が責任もてることだけを伝えるようにすれば、 まわりの人に信頼される人になれるかもね」 その話を聞いた後、僕は 「人にいったことを確実に守れていただろうか?」 と自分の言動と行動を思い返してみました。 よく考えてみると、僕には、うまくいくかどうかわからないことでも、調子よく話をしてしまうクセがあることに気がついたのです。人は言葉でなく、行動を見ている。 自分の言葉と行動を一致させることで、 はじめて人に認められるように なるのかもしれないな。

若い頃にありがちなビッグマウスは経験のある人は多いのではないだろうか?僕もそのうちの1人です。大した実績もないのに会社の方針に異を唱えたり、上司のやり方を批判したり。そんな人間は組織の中ではあまり評価はされません。そして、僕のパターンだと前任者から仕事を引き継ぎ、年間通して前年越えの売り上げをだし自信を深めるタイミングで態度や言動が大きくなってしまい他の従業員との間に溝が生まれてしまうといった例。謙虚で実績もあげることができる人間がやはり好ましい。それなりに自信を持つのはいいが、それを鼻にかけてしまうと総スカンを食うことに。

夢のない人が君の夢を笑う

夢のない人が、君の夢を笑うんだよ。 「『◯◯してみようかな?』と思ったときは、 まずは目標をもって前向きにがんばっている人や、 すでに目標を達成した人に相談するといい。 私の経験上、目標をもっている人は、 具体的なアドバイスをくれた。 でも、目標のない人にアドバイスを求めると、 『それはむずかしい』『それはムリだ』 と否定されてしまうことが多かった。 せっかく見つけた目標なのだから、 相談する相手は慎重に選んだほうがいいと思うよ。 それから、人に応援してもらうだけではなく、 友人や子どもの夢を応援してあげられる人になることも大切なことだよ」 この話を聞いてから、 僕は今まで相談にのってくれた たくさんの人たちに対して、 今まで以上に感謝の気持ちを もつようになりました。 自分の夢を叶えることができる人は、人の夢も叶えることができる人なのかもしれないな。

何か新しいことにチャレンジしようという時、ネガティブなことを言う人が周りにいたら、その人とは距離をおくべき。もちろんためになる助言はありがたいが、何の根拠もなくあなたのチェレンジを否定してくる人は無視した方が良い。なぜこのチャレンジがダメなのかきちんと説明もできないのにやる気にブレーキをかけるようないらん助言をしてくる人とは決別すべき。

大切なパートナーや家族と一生円満に

歳をとって身体が思いどおりに動かなくなったら、 だれが自分の面倒を見てくれるのか? 自分の親の面倒を見なくてはならない年齢になると、 将来自分の面倒を見てくれる人が いるのか心配になることがあるそうです。 先日、さまざまな年代の友人たちが集まった会で、 将来についての話をしていたとき、 そのなかのひとりが老後についての不安を 打ち明けました。 そのとき、一緒に話をしていた 家族に愛されて素敵な老後を 過ごしているYさんが、 友人に対してこんなアドバイスをしていました。 いい老後を過ごすコツ、 それは…… 自分の親に何をしたか。 「年老いた親に対して、 あなたが何をしてあげたのかを 子どもや身内はよく見ているものだ。 自分の親を心から敬い、大切にしていれば、 あなたもいい老後を過ごすことができると思うよ」 とYさんは話してくれました。 因果応報。 自分のことばかり考えていては、 まわりからの愛情を得ることはできません。 この話を聞いて、 親やまわりの人を心から大切にすることは 本当に大切なことなのだと、 改めて思いました。 若いうちは考えることが むずかしいかもしれないけれど、 人は必ず老いていくもの。 自分のしたことは、まわりまわって 自分に返ってくる。 親を思いやり、 大切にすることで、 自分の望む老後を 手に入れることができるのかもしれないな。

周りの人を大切にする人は回り回って自分にその思いが回ってくるもの。人は平等に年老いていくわけでいつどんなタイミングで自分が不自由な状態になるやもしれない。そんなとき助けてくれる家族や友人を多く持っていると強い。

人間関係の「困った」を消してくれる小さなコツを紹介。当たり前のように実行しているものから盲点まで様々なコツがあなたの人生をより良くするサポートしてくれます。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5