Book

世界一やさしい「やりたいこと」の見つけ方|八木 仁平

何か夢中になれることを見つけたいと思う人は多いと思うが、そんなエネルギーを持て余している若者に読んでほしい一冊。やりたいことは運命的に出会うものではなく、体系立てて論理的に見つけるものと理解する!!

「やりたいこと」探しの障壁

「一生やりたいことを見つけるぞ!」 と意気込んでいる方はいないでしょうか?「やりたいこと」を見つける段階で「これを一生の仕事にしよう」と思えるようなことはあり得ません。そうではなく、「やりたいこと」は「今一番『やりたいこと』」で構いません。今の20代の人は、50%の確率で100歳まで生きると言われています。そんな時代に、ずっと興味を持ち続けられることを探す必要などあるのでしょうか?また、社会の変化も年々早まっています。iPhoneが誕生したのも、たった10年前です。そんな時代に 1つの「やりたいこと」に固執し続けるのは、もはやリスクでしかありません。ある時期の日本では「継続」が美徳だったかもしれません。しかし、今の時代のキーワードは「変化」です。1つの場所でずっと粘る力よりも社会の変化に合わせ、柔軟に生きる時代に変わりました。一度「やりたいこと」を決めても、関連分野に興味が湧いてきたりすることもあるでしょう。 その時はサッと、働く分野を変えるのもいいと思います。 それまでの分野で学んだことは、次の「やりたいこと」に取り組んでいく中でも必ず役立つことでしょう。 一番危険なのは、「やりたいこと」が何もなく、漫然と毎日を過ごしてしまうことです。もしあなたが「一生続けられることを見つけたい!」と思っている場合も、そのスタート地点は「今一番『やりたいこと』」です。「今一番『やりたいこと』」に毎日向き合っていって、死ぬまで飽きずにいられたとしたら、結果としてそれが「一生やりたいこと」になるのです。

やりたいことが見つからない原因の一つが、それを決めたら一生付き合うべきものだという勘違いだろう。世の中はすごいスピードで流行や技術革新が起きています。そんな中、一つの選択肢だけで生き抜こうとするのは逆にリスクでしかありません。時代によって求められるスキルも変わってきています。そんな世の中のニーズに対応できる可変型の人間でいた方がいいと思うのです。

なぜ「やりたいこと」が見つからないのか?

最初は楽しくて書いていたブログが、いつの間にか「お金のための仕事」になってしまっていたからです。何のためにブログを書くのかと言えば「お金のため」。どんな記事を書くのかと言えば「お金が稼げそうな記事」としか答えられない状態になっていました。そんな働き方が楽しいわけはありません。金銭的には満たされていて、周りからみると成功している状態だったと思います。けれど幸せかと言われると全く幸せを感じることはなく、 お金を生み出すマシーン として日々キーボードを叩いていました。「このまま仕事を続けても自分の人生はつまらないままだろうな……」 と思いつつも、お金を稼げている仕事なので、やめるわけにはいきません。「本当にこのままでいいんだろうか?」という疑問を抱えたまま1年ほどモヤモヤ考えながらブログを書き続けていました。ある朝、起きた時に、いつもと体の感覚が違うことに気づきました。頭がボーッとしている。体の感覚が鈍い。仕事のやる気も湧かない。なんか変だと思いながら、いつも食べに行っていた近所のラーメン屋さんに行きました。そこでこってりラーメンを注文したのですが、味があまり感じられないのです。 自分の症状をネットで調べてみると、軽度の鬱状態になっているということが分かりました。長い間ストレスを抱えていたため、鬱状態になってしまったようです。幸いなことに1週間ほど休んでいたら、症状はなくなりました。けれど目の前の現実は何も変わっていません。本当の意味で「このままの働き方ではマズい」と気がついた僕は、本格的に「自分が『本当にやりたいこと』は何だろう?」と向き合うことを決断しました。片っ端から本を読み、面白そうなセミナーがあれば行き、自分が本当にやりたいことはなんだろうと模索しました。

僕もブログを書き始めてからもう少しで5年になります。最初はお小遣い稼ぎと思い始めたのですがなかなかこれが収益化が難しい。本のレビューがメインなのですが新刊を買う経費が嵩んであまり利益は出ませんでした。そこで最近は趣味の延長というスタンスに変更してただ闇雲に新刊レビューをするのをやめました。新刊を買わない分、収益が出なくてもプラスになるように。特に読みたくもない新刊には手を出さない、やりたいことに即した運用に。

本当にやりたいこと

人は自分の欲求を捨てて、人のために尽くし続けることはできないからです。ですので、まずは目一杯自分の欲求を満たしましょう。自分が満たされたら、自然と周りの人にも目が向き始めます。 そうやって、自分事として考えられる範囲を広げていくのが「成長」です。僕自身も、現時点では世界情勢がどうとかなど全く考えられません。ですが、成長していってそんな規模で考えられるようになりたいと思います。まずは自分の価値観を満たす。次に家族を満たす。次に友達を満たす。次に会社を満たす。次に業界を満たす。次に日本を満たす。最後に世界を満たす。そうやって広げていくものです。あなたが持っている価値観の中で仕事を通じて、周りの人、地域、日本、世界に広めていきたいとウズウズする価値観はどれでしょうか?それがあなたの「仕事の目的」になります。「仕事の目的」がはっきりすれば、あなたの「本当にやりたいこと」は自然と導き出されるのです。

自分の欲求に正直にいることでモチベーションを保つことが容易になります。そして自分のフィールドで力を発揮することがいい仕事になるのです。

「やりたいことが見つからない」そんな人に人生のモヤモヤを晴らす光を与えてくれるそんな書籍。もう仕事選びで迷わない!!

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

-Book
-, , , ,

© 2020 51Blog Powered by AFFINGER5