Book

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則|大山 旬

ファッションセンスを磨こうと思ったら経験が必要ですよね。しかし、基本の「き」を学ぶだけならこの一冊あれば十分です。貴重なお金や時間を費やしたくない人のための服選びの法則教えます!

押さえておきたい服選びの知識

「ファッションはセンスが一番大切なんじゃないの?」 ひょっとしたらこのようなことを思われるかもしれません。たしかに突き詰めていくと、ファッションにはセンスが必要です。さまざまな服に袖を通しながら、少しずつセンスを高めていく必要があります。そしてセンスというものは一朝一夕で手に入れられるものではありません。しかしこの本を手に取ったあなたが目指しているのは、はたして「おしゃれ上級者」なのでしょうか?ファッション雑誌に載るようなおしゃれ上級者になりたいのであれば、やはりセンスは必要ですし、年月をかけてコツコツと磨き上げていく必要があります。しかし、もしあなたが誰からも好感を持たれるような自然体の服装を目指したいと思っているのであれば、センスがないことを心配する必要はまったくありません。知識を身につけることができれば、大人としてふさわしいファッションをご自身で選ぶことができるようになるのです。 そう、大人の着こなしに重要なのは「センス」ではなく「必要最低限の知識」なのです。

服選びが苦手なあなたは今何を着ればいいのか。「シンプルなトップス」と「シンプルなボトムス」、そして「長く使える上質な小物」それだけです。 え、それだけ?と思われるかもしれません。でも大人のファッションは実は「ふつう」 が一番大切です。「ファッション」と聞くと、どうしても華やかなものを想像してしまいがちですが、本当に必要なアイテムというのは華やかさとは対極にある、ごくごくふつうの服なのです。 私にコーディネートを依頼してくださる方々に「理想のファッションとはどのようなものですか?」と質問をすると、男女問わずこのような言葉が返ってきます。「あまり背伸びをしていない」「気恥ずかしくない」「なんとなくこなれて見える」。これらすべてに共通するのが「ふつうである」ということです。もしあなたが服選びに悩まれているのであれば、ものすごくおしゃれになりたいというわけではなく、少しでも相手に好印象を持ってもらえるような服装を求めているのではないでしょうか。もしそうであれば、 自分らしさを求めたり、個性を表現しようとする前に、まずは平凡なくらいの「ふつう」を目指してみてください。

大人が服選びで注意すべき点は一つシンプルか否か。柄や配色がカラフルだったりゴチャゴチャしたものは避けるべき。若い頃なら違和感なく着こなせたものが年齢を重ねていくと似合わなくなります。僕はファッション誌を見るのも良いのですが、ドラマや映画なんかの登場人物などで自分と同年代の人の服に注目するようにしています。ファション誌で紹介されているものはほとんどが高額なハイブランド中心の買いづらいラインナップになっていることが多くなかなか難しい。ハイセンスなのはわかるがギラギラしていてなんか小っ恥ずかしさすら感じるなんて人もいるだろう。「もっと普通でいいのに」と。最低限、清潔感とダサいとレッテルを貼られなければいいレベルの人にこれを求めるのは酷です。ドラマな映画で登場人物が自分と同じような職業だったり背景を持った人が出てきたらどんな服を着ているか見てみてください。冴えない人物だとしてもそこに共感できる自分にはぴったりの服だったりします。

ボトムスが全体のスタイルを左右する

ジーンズは、ジャケットやニットなどの大人っぽいテイストのアイテムと合わせることが多いため、フィット感のあるものを選んでみてください。ダボダボしたシルエットのジーンズはジャケットとの相性があまりよくありません。ジーンズの形はスリムフィットと呼ばれるような、少しタイトめのものを選ぶといいでしょう。 ただし、細すぎるジーンズには注意が必要です。男性の場合、スキニーフィットと呼ばれる、脚のラインがそのまま出てしまうような細すぎるジーンズはあまりおすすめしません。店員さんには「スキニーほど細くない、タイトめのジーンズを探しています」と伝えるといいでしょう。また、ジーンズの色ですが、明るめのものやダメージ加工の強いものは悪目立ちすることがあるので、基本的には避けたほうがいいでしょう。男性の場合はジャケットなどの綺麗めなアイテムとも合わせる機会が多いので、ワンウォッシュと呼ばれるあまり色落ちのしていないものか、ももの辺りに少し濃淡が出始めている濃いめのものを選ぶと失敗しません。一方女性の場合は、あまり色が濃すぎると野暮ったく見えてしまうので、全体的にほどよく色落ちしたジーンズを選ぶといいでしょう。 購入は男女ともに、ユニクロやリーバイスがおすすめです。ユニクロは値段を考えるとジーンズの質が非常に高く、コーディネート全体の予算を抑えたい方には非常に役に立ちます。また、定番であるリーバイスのジーンズもおすすめです。男性でしたら細めの511をおすすめします。511が細すぎる場合は少し太めの501を試してみてください。

ボトムスはテーパードパンツをお勧めします。履いたときのシルエットが良いので足長効果も期待できます。チノパンやスラックスならパンツ専業のブランドINCOTEXやPT TORINOなどはちょっと値段は張りますが綺麗なシルエットなので一本持っておいても良いかと思います。

服選び初心者にも優しい失敗しない服選びの指標がこの本だと思います。ファッションを楽しむ扉を開けてワンランク上の自分に!!外に出るのが楽しくなりますよ。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

 

-Book
-, , , , , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5