51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『リセットする力「自然と心が強くなる」考え方46』酒井宏樹

      2019/02/04

現在、日本代表の右サイドバックのレギュラーとしてプレーし、ロシアワールドカップでの活躍が期待される酒井宏樹。「日本人は活躍できない」という前評判を覆し、フランスの名門マルセイユで不動の地位を確立し、一転して世界の注目集めるサッカー選手に。一見、順風満帆なサッカー人生に見えるが、彼はサッカー選手に不向きな「弱気」で「人見知り」という性格の持ち主であった。その彼がどのように「自信のなさ」と「メンタルの弱さ」を克服し、自信を身につけていったのか。移籍当初は「どうせ日本人だろ」と揶揄されていたが、そんな批判的な声を覆し、「フランスのクラブの中では最も外国人選手にとって厳しい」と言われるチームで、「なくてはならない存在」になれた秘密は、「くらべない」「気にしない」「引きずらない」自分をつくるための「切り替える力」であった。その具体的な方法をこれまでの数々のエピソードをとおして初公開する。

「否定」ではなく「尊重」から入る

会社で普段から仕事をサボり気味の人は、周囲からの信頼も得られていないと思います。そんな人から一方的に物事を頼まれたら、受けた側は「自分はサボっているのに、なんで私に頼むんですか!?」と反論したくなるのは当然だと思います。なぜなら、そこに説得力はありませんから。一方で、いつも一生懸命に仕事をしている人から意見を述べられたり、頼まれごとをされたらどう感じますか?その人の意見を聞こう、その人の期待に応えてあげようと考えるのが人間の本質だと思います。信頼関係さえ築けていれば、アドレナリン全開の試合中に、多少強い口調で伝えても仲間は絶対に聞いてくれます。しかも、仲間であればそれを僕が怒っているとは認識せず、お互いの成功のために本音でぶつかっていると感じてくれるため、相手もちゃんと理解してくれるのです。そこでは「お互いがパニックにならないように、いま修正しておこう」と発言するときもあれば、問題が発生する前にあらかじめ「いまのうちに修正すれば絶対にうまくいくから、チャレンジしてみないか?」と伝えるときもあります。 普段から最低限やることをやって、信頼関係をつくり、それでお互いに歩み寄る。 これが僕が実践している伝え方の技術です。

周囲から信頼を得られるかは普段の行いで決まると言っても良い。普段から一生懸命な人なら困っている時手を差し伸べてもらいやすいと言う傾向も。信頼関係は意見が割れた時などにも威力を発揮する。「尊重」してもらえるからだ。まず相手の理解を得るためには、自分から相手を「尊重」する姿勢を見せておこう。そうすると問題が起きた時、理解を得るのがたやすくなります。

無理に自分を変える必要はない

「強い人間に生まれ変わるために、多少強引にでも自分の要求をガンガン押し通せるようになろう」という話も聞きますが、気弱に見られる僕は、自分を抑えて相手の要求を聞いたうえで自分の要求をする方法で、ドイツとフランスでは自分の意思を伝えてうまくいっています。 無理に自分を変える必要はないのです。気持ちが弱いのなら、それなりの方法はいくらでもあります。

自分の要求を通すためゴリ押しするのが良いと言う人もいるが、それはなんだか僕の考えとも異なる。相手の要求を聞きながら、自分の要求と擦り合わせて間を取るぐらいの方がうまく行くような気がするからだ。相手の意見を100%採用となるとストレスがたまるが、何パーセントか相手の意見を取り入れる方が丸くおさまる。

調子が良い時ほど周囲に気を配る

僕の持論は「自分の調子の良い悪いにかかわらず、周囲には優しく、丁寧に接することを心掛ける」 ことです。絶好調で何をしてもうまくいくときが稀にあります。そういうときはえてして自分を見失い、周囲に対して横柄な態度を取ってしまうことも珍しくはないと思います。いわゆる「天狗になる」という状態です。僕の能力では、日本でもドイツでもフランスでも、100%以上の力を発揮しなければ通用しなかったと思っています。良いプレーをして賞賛されたからといって、3日後の試合でまた良いプレーができるほど甘い世界ではないですし、そこで悪いプレーをすれば今度は手のひらを返したかのように批判される職業です。そう考えれば調子に乗る暇がないというのが本音です。また、自分が調子の良いときは人に対して横柄な態度を取り、悪くなった途端に 媚びる人も少なからず見てきました。そういう人を見て「格好悪い」と感じ、反面教師にしてきました。 自分の調子が良いときこそ、周囲に対して気を配る。 プラスの感情を持って行動に移す。その気持ちを忘れなければ、自分の調子が悪いときや大きなミスをして落ち込んでいるときに、必ず助けてくれる仲間が現れます。

ある時、自分の限界を超えたパフォーマンスが出ることがある。ブログの運営などでもたまにアクセス数が倍増することがある。長くやっているとそう言う時もあると思えるなら良いが、「これは自分の時代が来たか!」と勘違いするとあとでアクセス数がいつも通りに戻った時、落胆することに。

気が弱く、自分の意見を押し通すのが苦手だった著者が、政界の舞台で身の丈にあった成功を納めたメソッドがここに。自然と心が強くなる46の方法であなたもリセットする力を身につけて見ませんか?

 - Book , , , , ,