Book

ヘタレの働き方|ノーン|会社勤めが殺人的に向いていない著者が、働きやすい環境を求めて右往左往

社会不適合者、人間関係のうまくいかない職場に通う毎日、なぜ自分だけ職場に恵まれないのかという疑問、自分は周囲のお荷物なのでは?そんなあなたにおくる働きやすい職場を求め未経験からフリーランスのライターとして独立し一定の収入を得るプロセスを著者の経験で語ります。

Webのお仕事

さて、同じ頃、デザイン学校の同級生がWebスクールに通ってWebの仕事に転向したという話が舞い込んできました。

当時すでにWebの時代。「ベテランならまだしも、自分が紙媒体の仕事をずっと続けていくのはどうなんだろう?」と思い始めていた私は、すぐに友人に連絡をとり、スクールを紹介してもらいます。

年が明けてすぐ説明を聞きに行き、その場で契約。デザイン学校以来の学び直しが始まりました。

ただただ、苦手意識しかなかった

私が卒業したデザイン学校は3年制で、広範囲のデザインを網羅しており、もちろんWebの授業もありました。しかしそれは基礎知識程度で、私の中では苦手意識が生まれるくらいで止まっていたのです。

学生時代に就職活動をしていた当時、すでに「Web関連を希望すれば、仕事はいくらでもある」という時代に入っていました。しかし私を含め同級生全員が「Webは難しい」との認識を持っており、就職を希望する全員が、紙媒体の仕事に就いていました。

学び3「我慢すれば、共倒れ」の法則  

合わない職種、職場にい続けることは、お互いに不幸である。ストレスも溜まる。効率も悪い。このことに早く気づき、変化を起こせると状況は劇的に変わる。

Webの仕事といってもやはりクライアントとの折衝は必要なので人間関係が全くないというわけではない。普段の仕事中は仕事に専念できる環境だが営業にあたることは自分で行わなくてはならず最初のうちは実績がないので小さな仕事しか取れない。もしWebやライター関係の仕事なら小さい仕事を全力でやって実績を残すしかない。

僕はDTPが流行った時にスクールに通っていたが、結局就職活動で躓いて職を得ることはできなかった。今なら動画編集とかが結構稼げていいのかも。僕もちょっとした動画編集ならできるがそれを仕事にできるかというと、クライアントの要望を聞きながら仕事を進めることができないのでこれもダメ。やはり人間関係はっずっとついてくる影のようなものだ。

著者の11年半

私の 11 年半の物語を貫く大きなメッセージは、以下の3つです。

1.自分の適性、向き不向きに目を向け、違和感を見て見ぬふりすることなく、不要なものをそぎ落としていこう。

2.自分の心に従い「これだけは譲れない」というものを明確にし、自分の意見をはっきりと主張しよう。

3.間違った道を歩んでいると、邪魔が入る。正しい道を歩んでいると、応援される。

自分を会社に合わせるのではなく、自分にフィットする働き方に徹底的にこだわることで、最終的にそれを手に入れることができると、身をもって学びました。

あなたが自分を出し始めると、離れていく人もいます。最初はそれがしんどいかもしれません。しかしそれを何度か繰り返した後には、最終的に自分に合った人、合った環境だけが残ります。それはあなたの財産です。

今日から、職場でも少しずつ思っていることを言ってみませんか。

無用に人を傷つけてもいいということではありません。勝手なことをしてもいいということでもありません。もちろん、言い方、表現には気をつける必要があります。

自分の発言と人生に責任を持ち、誰かのせいにすることなく生きるということです。

私は 37 歳で2回、 38 歳で1回転職し、2つ目の副業・ライティングを軌道に乗せました。そして、眠っていたフリーイラストレーターとしての自分を目覚めさせました。

世の中には「 30 歳を超えると転職は難しい」という思い込みがまだまだありますが、転職は自分次第です。趣味も人間関係も、この世のほとんど全てがそうです。

イラストやデザインの仕事をしている私がこんな話をすると「あなたはそういうスキルがあるからでしょ」と思う方がいるかもしれません。しかしこれは、世の中の全ての職業に当てはめて考えることができます。

外の世界には、あなたの内側が反映されます。

どんな仕事であれ、行うのは人間であり、あなたの世界を変えることができるのは、あなただけです。

フリーランスは思った以上に人間関係があります。そこが良好じゃないと次の受注が生まれません。継続して仕事を得るにはやはり避けては通れない人間関係。それでも仕事中は横槍を入れてくる上司や同僚がいないので幾分楽かと思います。クライアントの折衝は修行だと思い我慢して慣れるしかありません。

働きやすさという点では最近ではリモートワークの推進により圧倒的に在宅ワークの幅は広がり、それに特化したツールもたくさん出ています。働き方の一つとして検討する価値はあるかと思います。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , , ,

© 2022 51Blog Powered by AFFINGER5