Book

ビジネスマンのための「習慣力」養成講座 |小宮 一慶|自分で自分を「強制」できる簡単な方法

習慣はそう簡単には身につかない。自然とこなせる状態に至るまでにはある程度自分で自分を「強制」する必要がある。その「強制」ができる簡単な方法とは?自然と習慣になり人生も変わる60分講座。

なれる最高の自分

ご飯を食べたり、ずっと座っていると運動したくなったりと、最初から努力なしに自然に繰り返す行動もあります。マズローの五段階説のいちばん下の「生存の欲求」のレベルのことは、生存のために、誰でも放っておいてもやることです。 次の「安全の欲求」も、本能的に身を守るために、たいていの人が努力なく行っていると思いますが、すべての人ではありません。

そして、次の「所属と愛の欲求」のレベルとなると、それを満たす習慣、たとえば、挨拶をするとか、メールにはすぐ返事を書くなど、これは自然に、というわけにはいきません。習慣として身につけるべく、ある程度の努力が必要です。

「承認(尊重)の欲求」だと、さらに求められるレベルは高まります。 欲求のレベルが上がるほど、必要な努力の程度は大きくなります。「承認の欲求」を満たすためには、相手から認められるような行動やアウトプットが必要ですから。

さらに、いちばん上の「自己実現の欲求」を満たすためにも、いい習慣を努力して身につけるべきことは言うまでもありません。「自己実現の欲求」とは「なれる最高の自分」をつくり上げることですから、習慣力なしにはなしえないのです。

いい習慣をインストールするのはなかなか難しい。僕の場合ガジェットやアプリなどに頼ってモチベーションを上げています。それも立派な投資。良い習慣をものにすることを考えれば安いものです。

始めたら、半分終えたも同じ!

わたしの好きな言葉に、〝Once done is half done〟というのがあります。いったん始めれば、半分終えたも同じだ、という意味です。とにかく始めることが大事。

たとえば、日記をつけるのがいいなと思ったら、続くかな、続かないかな、なんて考えずに、まず始める。早寝早起きもそう。まずやってみる。要は、何でもいいから、とにかくよいと思われることを始めてみることです。それが大事です。

(ちなみに、ビジネスマンに必要な基本的な能力は「思考力」と「実行力」だとわたしは考えていますが、とにかく始める、やってみるという習慣は、「実行力」を高めるうえでもとても有効だと思います。)

子どもや部下など、人にやらせる場合は、第1章でお話しした「強制力」を用います。

自分で行う場合は、 自分で自分を「強制」 します。

たとえば、ストレッチをするまでは食事をしない。日記を書くまでは寝ない、などです。チームでやるなら、次回の会議では、最近読んだ本の内容を報告するなどです。子どもの場合だと、宿題をするまではおやつを食べさせない、遊びに行かせないというようなことです。

何事も始めてしまえばその後はスルスルと順調に進むなんてことは周知の事実。スタートのトリガーを引くことを心がけて日々生活をしていると習慣は身に付きやすいかと思います。

アウトプットする

一般の人がアウトプットの場をどうやってつくるか、ですが、いまはブログでも、YouTubeでも、SNSでも、誰もがアウトプットすることができます。本当にいい時代です。

本書の編集もしてくれているディスカヴァーの社長の干場さんが勝間和代さんを見つけたのも、モルガン勤務時代の彼女のブログを偶然読んだからだと聞いています。「もしドラ」(『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』)も、ダイヤモンド社の編集者が、岩崎夏海さんがネットに書いていたのを見つけたからだそうですし、サンマーク出版から出て一時ブームになった「開脚本」(『どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法』)だって、編集者が著者のYouTubeを見て、本になると思ったからだそうです。noteといって、誰でも自由に課金できる有料ブログを書けるサービスもあります。

アウトプットをnoteなどを使ってうまくマネタイズしている人をよく見かけるが、玉石混淆でゴミのような記事を定額課金して書き続ける人も多い。この人のこの記事読みたいなと思って課金してもそれ以降、有用な記事が一切アップされなかったりして。同じような記事を無料で探そうと思えばいくらでも探せる時代その価値はあるのか考えることが大事。

習慣力を身につけるためにライフログをとると案外うまくいったりします。徐々に自分の成果がログとして溜まっていくのは気持ちのいいものです。習慣化を目指していることがあるならそれがおすすめ。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5