Book

ウシジマくんvs.ホリエモン カネに洗脳されるな!|堀江貴文|搾取されないためのメソッドであなたを成功に導く

金儲けやビジネス、そして人間関係や思考回路。搾取されないためのメソッドであなたを成功に導くだけでなく、あなたの目の前にある落とし穴に気づかせてくれる書籍。騙されて泣く前に!!

会社を辞められないのはプライドが高いから

2016年の春先に、目を疑いたくなるニュースに触れた。人材派遣会社アデコが全国の小中学生1000人に調査した結果、「将来つきたい仕事」の1位が会社員(サラリーマン・OL) になったというものだ。ちなみに、彼らの親たちが「子どもについてもらいたい仕事」の1位は公務員だという。何というか、展望がなさすぎる。親の背を見て子は育つというが、親に展望がないから、子も展望を持てないのだろう。そもそも、サラリーマンを職業と呼んでいいのかも疑わしい。具体的にやりたいことがまったくないから、サラリーマンになりたいなどという曖昧な回答しか浮かばないのだ。サラリーマンは憧れてなるような仕事ではない。もっと言えば、大した努力をしなくとも、誰にでもなれる。その程度のものだ。企業戦士などと呼ばれて浮かれているヤツらは、たいてい名刺や肩書きを失うと何もできない。そのうえ、サラリーマンという人種は、自分たちで選んだ道なのに、会社の愚痴ばかり言っている。くだらない派閥争いやパワハラ、同僚同士の足の引っ張り合いなど、組織が腐っていると気づいているにもかかわらず、寄らば大樹の陰と言わんばかりに、必死で会社にしがみついているだけのヤツも少なくない。

なりたい職業がサラリーマンって(笑)そもそもサラリーマンは職業なのという疑問は置いといて、誰でもなれるサラリーマンが将来つきたい仕事ナンバーワンなんて夢も希望もないな。多分親も祖父母もサラリーマンで高度成長期やバブルを体験してきた世代の親はサラリーマンでもそれなりに稼げていたので、それに憧れているのだろうか?今はそんな時代じゃないよ。それだけサラリーマンが不安定な職種だということをニュースやなんかで知ることができる子供たちがそれを知らないなんて教育が行き届いていない証拠なのでは?まだYouTuberと答えた子の方が感度が高いのだと思います。

やりたいことが明確にあれば協調性は必要ない

重ねて言うが、サラリーマンは他人との比較が目につきやすい。出世や年収などで、自分と周りとの格差が明確にされてしまう。会社の方から「数字は関係なく君そのものが必要だ」と言われれば、安心できるだろうけど、まず言われることはない。比較のなかで優位を取るのが、手っ取り早い安心を得られる方法だ。だから嫉妬や妬み、足の引っ張り合いが横行して、社内政治が渦巻いていく。結婚も、自分からすすんで伴侶を持ちたい気持ちになる人は案外、少ないのではないか。同僚が次々に結婚していくのを見ているうちに、「自分もそうしなければならない」と思いこんでしまう。仕事のできないヤツが、若くて美しい女性、もしくはイケメンと結婚すると、悔しかったりする。そうして、持っていなかったはずの結婚願望が、むくむくとわき上がってくる。結婚しているかどうかは本来、仕事ができるかどうかにはまったく関係ないはずなのに。結婚願望は、周りと自分を比べてしまう悪い弊害のひとつだ。私にとっては、ぶっちゃけ家族なんかいなくても、仕事も人生もまったく問題ないのだが……まあ、家族こそが一番の宝物だという人もいるだろう。でも、家を建てるのは、どうなんだろう?カネに困っているサラリーマンでも「 30 代になったら、結婚したら、子どもができたら自分の家を持ちたい」という人は、けっこういる。家があれば安泰、まったくの幻想だ。

持ち家か賃貸かという論争は今も昔もあるものだが、もしあなたが35年ローンで家を買おうとしているのならちょっと考え直した方が良い。確かに賃貸に毎月払うお金と同じだけの金額で家は買えますが、そのお金を投資に回していたら賃貸に住みながら投資のリターンで資産形成もできます。もしあなたが35年ローンを払うのであれば投資で得られるはずだったお金を金利で持っていかれます。いや待て、持ち家は資産だという人もいるかもしれないが、ローンで買った場合足枷でしかないのです。

不労所得(笑)

フリーエージェントを名乗る人たちが現れ出したのは、2005~2006年あたりだったと思う。それまで主婦や老人をターゲットにしていたネズミ講に似た手口が、ネットのインフラやセミナービジネスと融合して、進化していった。売るのは主に「○○のやり方」など、役に立つ(ように見える) 情報商材。私の周りにも、このビジネスを始める若者が何人かいた。あるときライブドアの子会社系列にいた社員が、独立してセミナービジネスを始めたと言ってきた。そして「堀江さんに講演会のゲストに来てほしい」と。知っているヤツの頼みでもあったので一応、行ってみた。この講演会が、なかなかのくせ者だった……。参加費は1万円。プレミアムシートという特別席が 10 万円もする。さらに数万円払うと、私と写真が撮れたり、サイン本がもらえたりするなど、加算料金システムが取られていた。これは変だ……と、本能的に嫌なものを感じた。当時は似たようなセミナーの招待が、私にしょっちゅう持ちかけられた。ホリエモンのネームバリューを 撒き餌にして、参加者に高いチケットを売りさばいたり、集客のアフィリエイトに利用したりしようとしたのだ。そういうセミナーの懇親会に少し顔を出すと、有名サイトのポイントバックを逆手に取った商品券換金の裏技ビジネスで大儲けしている若者とか、相当怪しいヤツらばかりだった。私は、そういった連中とは関わらないよう意識的に距離を取るようにした。情報商材を売るビジネスは、 黎明期は怪しいものではなかった。 『フリーエージェントくん』編で天生や村上たちが使っているネット決済会社は、おそらく業界大手のある会社がモデルだろう。この会社は当初、信頼のおける著名人たちが、メルマガ発行のプラットフォームとして利用していた。当時は、競馬の必勝法や、渋谷で女の子をナンパしてセックスに持ちこむ手口を録音したものなど、それなりに役立つ情報を売っていた。ところが、何人かの著名人たちが去った後、ネットリテラシーのある、一発逆転で儲けたい人たちが続々と集まり出して、中身のない情報商材を扱うビジネスが主流になっていったようだ。

情報商材には気をつけた方がいい。ちょっと前だとnoteなどでゴミのような情報を高値で売る商売が流行っていた。こうした最新のプラットフォームに載せて情報商材を売る輩から搾取されないよう気をつけたいものだ。Kindleの無料書籍などでもメルマガや情報商材へのリンクを貼ったものが平然と売られてたりするので要注意。

金儲けしたいと思わなければ引っかかることもないのだが人間やはりお金に余裕があればとついついそちらへ流れてしまう。そんな心理を利用した悪逆非道な商売にみなさんが騙されないことを祈ります。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5