Book

お金が増える 米国株超楽ちん投資術|たぱぞう|投資に二の足を踏んでいる人のためのノウハウ本

投資を始めてみたいけどできるだけリスクを負いたくない。今更勉強しても資産を増やせるとは思えない。それでもやっぱり投資には利殖の魅力がある。そんな投資に二の足を踏んでいる人のためのノウハウ本。

日本のバリュー株はいつまで経ってもバリューのまま

バリュー投資を続けるうちに、ふと疑問をもったのは、「 一部の日本株って、いつまでも成長せず、いつまで経ってもバリューなのではないか」ということです。企業価値に比して株価が安ければ株価は上昇しますが、成長性がなかったり、その銘柄に注目する人が増えなかったりすれば株価は安いままです。つまり安いからいい、とは限らないわけです。そして残念なことですが、 成長性がない、株価が安いまま、というのは、今も日本株の多くの銘柄に言えること だと思います。

株式投資を始めようと勉強を始めると必ずバリュー投資が視野に入ってきます。しかし、これは米国での事例であって必ずしも日本で使えるかというとそうでもなかったりします。安く据え置かれているバリューに見えるただ安いだけの株が多すぎる。そんな偽バリュー株を掴んでしまうといつまで経っても株価は安いままで一向に上昇しない。それでも自分を信じてバリューと信じていると時間を無駄に過ごすことに。日本経済が好調で成長していた頃はそれでもそれなりに株価は上昇傾向でしたが、現在は日経平均は伸びているように見えてもあなたの株は上がらないなんて経験をされている方は多いのでは?そこで米国に目を向けてみようという趣旨。

なんだ、もっと楽ちんな方法で良かったんだ!

私は頻繁な売買によって利益を得るというやり方をしてきたため、米国株の成長性がしっかりしたものだということに気付くのが遅れました。ここまでやんちゃな投資をしておいて説得力に乏しいかもしれませんが、 米国株の積み立てなら、リスクを抑えた投資ができます。私がしてきた投資は、誰もができる投資術ではありません。つまり、再現性が乏しいということです。みなさんはこんなハードでストレスフルなことをする必要はなく、本当に良いと思ったETFや投資信託ををずっと持ち続ければいい。毎日株価をチェックしたり、売買のタイミングをはかる必要などない。一部の投資好きの人を除けば個別銘柄を選ぶ必要もありません。一部の人とは、投資が好きで、趣味のように楽しめて時間がかけられる人、です。仕事が忙しく、週末は家族や友人と過ごしたり趣味を楽しんだりしていて、投資に使う時間はほとんどない人。それでも、「将来のためにお金を増やしていかなければ………」と思っている人。そういう人は、 米国株市場全体の値動きを反映する投資信託や、ETFに積み立て投資する楽ちん投資でOKです。詳しくは後述しますが、米国株の指数は、日経平均やTOPIX(東証株価指数)などの玉石混交の日本株指数とは異なり、成長性が高い銘柄で構成されています。日経平均やTOPIXで長期的にリターンが得られるのかはかなり疑問ですが、米国株ならインデックス投信やETFでも十分なリターンが期待できます。 つまり、米国株なら敷居の高い個別銘柄の研究をせずとも、お金が増やせるのです。

トレーダーになるにはなかなかのハードルがあるかと思います。頻繁に売買するにはタイミングを図るために常に板に張り付いて取引しなくてはならなかったり、長期投資でも銘柄の将来性を図るために様々な指標を駆使し、分析する能力が必要になってきます。そんな知識は一朝一夕に得られるものではありません。かなりハードな勉強が必要。個人投資家とはそういうもの。日経平均などのインディックスとは違い、米国に目を向けてみるとインディックス投信なんかでも十分なリターンが期待できます。税金控除などの細かな手続きを乗り越えればそれなりに稼げます。

米国の株式市場は起業を甘やかさない

米国では、経済成長とともに株価指数が上昇しています。それは、米国の株式市場が株式指数を伸ばすような仕組みづくりをしているからです。株式会社が株式市場に上場する際には、取引所が定める厳しい上場基準をクリアする必要があり、めでたく上場したあとも、基準から外れれば上場廃止となります。米国のニューヨーク証券取引所やナスダック証券取引所は上場基準が厳しく、かつ上場した銘柄についてもしっかりと評価し、成長性がない銘柄は即座にOTC(店頭)市場に移されます。上場を維持するため、企業は必死で利益を生み出そうとし、それによって 株式市場には成長性の高い銘柄だけが集まることになり、自ずと株価指数は上がる、というわけです。株主に対する姿勢、言い換えれば株価に対する意識の高さが、米国株の上昇に繫がっている、ということですね。対して日本では上場基準こそ厳しいものの、 よほどの不祥事でもなければ退場にはなりません。そのため、東証一部企業は増え続けており、今や圧倒的に企業数が多いのが東証一部となっています。GDPなどの経済指標が上がらないうえに、業績がふるわない非効率な企業群が東証一部に属し続けるために、株式市場の新陳代謝が起きません。代表的な日本株指数であるTOPIXがなかなか上昇しないのは一つの象徴と言って良いでしょう。過去 50 年、年平均 20%超のリターンを獲得し続けてきた世界的に有名な米国の投資家に、ウォーレン・バフェット氏がいます。 彼は妻への遺言で「現金の 10%を短期国債に、 90%をS&P500に投資せよ」と言っています。

彼のウォーレン・バフェットも家族にS&P500に投資せよと言っている。ならばその船に乗ってしまえばOK。短期的には指数下がることはあっても長期的に見れば上昇傾向にあるS&P500系の投信やETFに長期積み立て投資を行えばほっといてもお金が増える仕組みの出来上がり。ベンチャー企業の株を買って大化けなんて事はありませんが手堅くお気軽に利殖できます。

勉強やトレードに時間がかかる上になかなか成果を上げるのが難しく厳しいトレードの世界に足を踏み込んで失敗する前にあなたにちょうどいい投資方法がここに。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5