Book

いまここから始めよう|伊藤 守|コーチングを日本に初めて紹介した著者のいまも色あせない言葉の数々を厳選

コーチングを日本で初めて紹介した著者が著し、累計50万部のベストセラーとなった著作群の中から今も色褪せない言葉の数々をピックアップし、新たに大幅加筆!!

大丈夫、大したことないから

人は自分に問いかけて、それに応えることで行動しています。 今日は何を着てゆこうかな。 今日は誰に会おうかな。 自分に向けた問いに応えて行動しているのです。 同時に、自分では気がついていない問いも、 自分に向けられています。

「これでいいのかな」 「だいじょうぶかな」 「どう思われただろう」 「間違っていないだろか」 「あの人よりも劣っていないだろうか」 自分にどんな問いを投げかけているか、注意して観る。 それで、次に自分への「問い」を選び直すんです。 たとえば 「今日はどんな一日にする?」 「今日最初に会った人には何を話そうか」 「誰をランチに誘おうか」 自分がごきげんになるような問いを見つけるんです。 ごきげんなコーチは 「何かいいニュースはない?」 「今日はどんないいことがあった?」 と聞いてきます。 そう聞かれると、 いいニュース探すんですね、 それから、今日あったいいこととか。 深刻なコーチは、 「何か問題はないか?」 「君の弱みはなんだ?」 と聞いています。 こういうこと聞かれちゃうと、 問題がないといけないような気になって、 期待に応えて、問題創っちゃったりして。 そういうコーチとは距離をもつことですね。

それからね、 自分にもそういうこと問うのはほどほどにしないと。

人は日々暮らしている中でとてつもない量の決断をしている、それも無意識に。そんな小さな決断から大きなものまで決断に至る際に起こる自分への問いかけ。ポジティブなものなら良いがそれがネガティブなものだと毎日楽しくないですよね。そうした場合は一旦冷静になってそうした問いはほどほどにすること。

幸福になりたかったら

幸せになる方法は、 あんまり知らない。 幸せでいるのに、 理由はないから。 不幸になる理由は、 すべての人から 好かれようとするから。 または、 自分だけ幸せに なろうとするから。 変わりたいって言うけれど、 いまを捨ててまで変わりたくはない。 それが、どんなにひどい「いま」であっても。 だって、下手に変えて、 もっとひどい「いま」になるかも しれないからね。 危ない橋は 渡らないほうがいいに決まっています。 でも、そこに立ち止まっているのが 安全というわけでもない。

言っても危ないし、言わなくても危ない。 やっても危ないし、やらなくても危ない。 それでどうするかって? それは知りません。 やりたいことがあるわけではない。 ただ、やりたくないことを極力やらないですむように 頑張っているだけ。

なりたいものがあるわけではない。 ただ、こうはなりたくない、ああはなりたくない、 というものがあるだけ。 やりたいことはやっている、 やらなかったことは、やりたくなかったこと。

いま、あなたが手にしているもの、 それが、あなたのほしかったもの。 「そんなの噓だ!」と言うとしたら、 それも、あなたのほしかったもの。 「わたしが決めたことでは ないんだから」は、 通用しない。 過去に正しかった答えが いまも正しいとは限らない。 過去に間違っていた答えが、 いまも間違っているとは限らない。

幸せなんて特に感じ取る不幸がないことなのではないかと思います。私って幸せと感じることよりも不幸を感じず日々過ごせているかが幸せなのではと思います。どんなに好条件で暮らしていても不満ばかり抱くようでは幸せとは言えません。そんなマインドを一回リセットして幸福とは何か考えてみる。幸福感を感じないのはあなたのマインドセットかもしれません。

ご機嫌に生きる

日々ごきげんで暮らしている人の前では、 業績とか財産とか知識とか、 これまで自分がすがってきたものが、 ほんとうに色褪せて感じられるものです。 ごきげんな人は、 いつも面白いことを探している。 そっちに向けてキョロキョロしているわけです。 それに、 ごきげんな人の頭の中では、 いつもごきげんなBGMが鳴っている。 人を褒めるのは、 その人がいいことをしたからだと 信じているかもしれませんが、 こっちのきげんが悪ければ、 どんなに素晴らしいことをしたって、褒めたりしない。 逆に、こっちのきげんがよければ、 なんだって褒められる。 だから、周りの人への貢献として、 今日もごきげんでいようと思うわけです。 あなたがきげんよくいたら、 それが、 あなたがあなたの周りの人にできる 最大の貢献。

自分がどんな状況でご機嫌になるかを考えてみよう。新しい服やガジェットを新調した時?それとも新たなバイブルとなる良書を見つけた時?自分のご機嫌スイッチを見つけてコントロールできるようになれば人生楽しくなります。

自分を無理に変えなくとも、相手に無理を言わなくても状況は変えられる。マインドセット一つで好転することは世の中たくさんあります。小さくポジティブな判断基準を適応させて日々をハッピーに。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2022 51Blog Powered by AFFINGER5