51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

毎日を楽しく心おだやかに過ごす、45歳からの心の整理術

      2018/02/24

ある程度の年齢になれば、悩むことも迷うこともなくなるのでは……?と想像していたら、とんでもない! 家族のこと、仕事のこと、将来のこと…大人には大人の悩みがあって、自分で解決するべきことが増えてくる。それでも、毎日を楽しく、心穏やかに過ごしたい。だからこそ、自分なりの「心の整理術」、もっていたいものです。本書では、月刊誌『PHP』および『PHP』増刊号の記事より、人気の記事を抜粋して再編集。

あなたを幸せにする二つの考え方

一、がんばらなくてもすごい!

自分の評価は、他人が決めるものだと思っていませんか。誰かにほめられた。うれしい。期待に応えたい。だから、がんばる。認めてもらえないと「まだ努力が足りなかったんだ」と、もっとがんばる。その繰り返し。でも、それで幸せになれましたか。報われましたか。立ち止まって、考えてみて欲しいのです。一度、自分のなかの「自分はがんばらないと、認めてもらえない人間」という前提を変えてみましょう。「自分はがんばらなくても、すごい!」と思うだけでいいのです。

しかし、自分はそうは思えない。やはり他人からの評価は気になるという人もいるでしょう。そこで自分がすごくない根拠を考えてみてください。自分がすごいと思う根拠と同じように実はあまりその根拠はないのです。もちろんあれができないこれができないといったものも多くあるでしょうが、逆に人並みにこなせていることも数多くあるはず。「すごい」「すごくない」どちらも根拠が乏しいなら「すごい」の方を信じてみてもいいのではないかということです。

二、ありのままの自分を認める

自分に自信を持つ方法は、「好きな私」「誇れる私」にまずなることだと考えていませんか。だから、がんばって資格を取らなくちゃ、勉強しなくちゃと努力する。僕もそうでした。自信がないから、自分の足りないところ、ダメなところを一生懸命に埋めようとがんばりました。でも、どんなにがんばっても、上には上がいる。まだまだ、足りない。努力して努力して、やっと少しだけ自信が出てくる。これが「条件付きの自信」です。でも自信は、足し算じゃ生まれないんです。むしろ、どんどん引いて、引いて‥‥。資格もない、誇れる長所もない、自慢できる特技もない。そんな自分も「認める」ということ。つまり「条件付きでない自信」です。

もちろん自信は努力の上に醸成されていくものだ。経験を踏んだ分自信につながる側面もある。しかし性格的にいくらがんばっても自信に結びつかないのなら一度「自分は、すごい」と思って見ると自然と自信がついていくこともあるのではないだろかというのが著者の主張。僕も比較的自分に自信がない部類の人間なので、自信を導き出す努力をするとともに、靴や洋服、持ち物などで武装するというもう一つの戦略で自分に自信を与えている。

不幸な人は不幸を見つけるのがうまい。幸せな人は幸せを見つけるのがうまい

ドイツの哲学者、ショーペンハウアーは言いました。「幸せを数えたら、あなたはすぐに幸せになれる」不幸な人と、幸せな人の違いはみているところだけなんです。不幸な人は不幸を見つけるのがうまい。幸せな人は幸せを見つけるのがうまいんです。違いはそれだけ。だから幸せになるのは簡単なんです。幸せはなるものではなく、気づくものだからです。ご飯が食べられること、友人がいてくれること、歩けること、話せること、こうして本を読めること、呼吸できること、指が動くこと、手が動くこと、見えること、戦争のない場所に生まれたこと、どれもこれも当たり前のことではありません。ありがたいことなのです。

今ある大切なものをもし三つ失うことになったらと想像してみてください。とても悲しい気分になるはずです。当たり前のように僕たちが持っているものは、それがない環境や境遇の人にとっては羨ましいものなのです。幸せの数を数えてみて、今ある幸せを見つけてみてください。人生に悲観的になった時はそうすることで幸せになれるでしょう。幸せはなるものではなく、気づくもの。だから幸せになるのは簡単なのです。

薄く広い関係よりも、濃くて深い関係の方が大事なのではないか

心が乱れる原因の一つに、人間関係を挙げる人も多いです。特にここ数年はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が発達したため、大人も子どもも、これまでとは違った悩みを抱えている人が多いように思います。

既読スルーは相手が気を悪くするのではないか、何かを発信していないとみんなから取り残されるんじゃないかとか、そんなことを思って気をもむ人も。SNSの書き込みに返事をすることに追われ、自分の時間を奪われてしまっている人も多くいるようです。SNSで返事をしなかっただけで、なんの誘いも来なくなるような相手は初めから重要でない相手と切り捨てるぐらいがちょうどいいと僕は思います。

アラフォー世代だけでなく他の世代にも当てはまる、現代の心の整理術。便利になった世の中だからこそ覚えておきたい、言葉の数々は明日をちょっと幸せにしてくれます。

 - Book , , , , ,