51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました』

      2019/04/13

お金持ちと言えば、「高級店でブランド品を買う」「クルーザーで旅行」「高級レストランでパーティー」「親が金持ち」「学生時代の成績が優秀」というイメージですが、実際はそうではありませんでした。本書はお金持ちがどんな生活をして、どんなマインドを持っているか教えてくれます。

1億円貯めるリスクの低い一番簡単な方法。

日本では、平均的なサラリーマンが生涯に得る収入は3億〜4億円と言われている。共働き夫婦の生涯収入を総額6億円として、そのうち15%を貯蓄すれば、それだけで9000万円だ。仮に貯蓄率を10%(6000万円)としても、年率3%程度で運用すればやはり退職時の資産は1億円を超えているはずだ。

理屈ではわかっていてもなかなか貯蓄には回せないというのが正直なところではないだろうか。しかし、アメリカのデータを見ると10世帯に1世帯がこれより豊かだという結果が出ている。やはり、投資やなんかも大事だが、日々倹約して、収入の15%程度をコツコツ貯めていくのが1億円貯める近道なのだ。

お金よりも信用!

お金を見せびらかすこと(顕示的消費)が「ダサい(COOLじゃない)」とバカにされ、たくさんの評判を獲得することがCOOLだとされるようになった。いったん富の効用が平衡状態になれば、資産を増やすよりもFacebookの「いいね」とか、Twitterのフォロワー数とか、インスタ映えの方がずっと重要なのだ。なぜなら、私たちがほんとうに欲しているのは評判(みんなから尊敬され、憧れられること)で、お金は評判を獲得するための道具に過ぎないのだから。インターネットは人類に、富を介さずに直接評判を獲得するという前代未聞のイノベーションをもたらした。

僕もInstagramをやっているのでよく実感しているが、顕示的消費の投稿をすると、フォロワーが若干減る傾向がある。逆に、身近なちょっとした贅沢に対しては寛容な気がする。

買い物は計画的に

  • 私たちの世帯の年間所得は平均で七四万九〇〇〇ドルです。
  • 世帯あたりの平均純資産は九二〇万ドルです。

こうした世帯はアメリカの所得および資産分布のトップ一%に入る。そんなに大金持ちなら、家計を切り詰めてお金を節約する必要など全く感じていないだろうと思うのがふつうである。しかし、実際には、億万長者たちはこう言っている。

  • 私たちの大半(七〇%)は新しい靴は買わずに、定期的に自分の靴を底革の張り替えや修理に出しています。
  • 私たちの約半数(四八%)は定期的に椅子やソファーを張り替えさせて、新しい家具を買わないようにしています。
  • 私たちのおよそ一〇人に七人(七一%)は、買い物リストをつくってから食料品を買いに行きます。
  • 私たちの半数近くが、家庭用品はサムズやコストコのような会員制ディスカウント店でまとめ買いをしています。

ミリオネア・マインドともいえるこれらの行動規範見習って行きたいです。僕は靴が好きなので、収入レベルからするとちょっと高めな靴を買っています。しかし、ローテーションで履いたりして靴を休ませたり、定期的にメンテナンスすることで、結構長いこと履ける事がわかり、今では靴底が減ったらリペアして履くようにしています。長く履いていると靴に愛着が湧いたり、経年変化も楽しめるので、いつもよりちょっと高めの靴を買って、メンテナンスやリペアして楽しむのもありだと思います。

消費を抑えて投資へ回す

賢い投資家を自認する人たちや、リスクを冒す人たち、そして自分の事業に投資する人たちには共通項がある。それは、収入の範囲内で生活する傾向が顕著であることだ。彼らは、消費を抑えて倹約すれば、それだけ多くの資金を投資に回せることを知っているのである。

よく投資というと株式投資を考える人がいると思うが、ミリオネアとなった人たちは、自分の事業に投資する割合が大きいようだ。株式は下がるリスクや売買手数料などの要素がありあまりあてにしていないのだ。それならば、自分の信じた事業に投資した方が効率的でモチベーションにもなるということだ。

億万長者の八ヵ条

  1. 経済的成功のカギとなる数々の要素の中で、アメリカ経済が現在も、そして未来も最も高く評価するのは何であるかを知る。それは、人一倍の努力、誠実であること、そして仕事への情熱である。
  2. 学業成績が凡庸だったからといって、成功への意欲を失ってはならない。
  3. 多少の経済的リスクは背負う勇気を持ち、たとえ失敗しても、それを克服する方法を学ぶ。
  4. 単にユニークで高収益だからというだけでなく、心から愛着をおぼえる職業を選ぶ。
  5. 生涯の伴侶の選択は慎重にする。金持ちになった人たちは、成功の助けとなるような特質を備えた相手と結婚している。
  6. 家計支出をコントロールする。億万長者の多くは、買い替えよりも修理や再仕上げを選ぶ傾向が強い。
  7. 家を選ぶときは十分に調査・研究し、積極的に値引き交渉をする。
  8. バランスのとれたライフスタイルを心がける。多くの億万長者のライフスタイルが「安上がり」なのは、主に家族や友人との交流を楽しみ、それにはあまり費用がかからないからである。

こうしてみてみると、凡人でも実行できそうな内容となっている。質素倹約とバランスのとれたライフスタイル。収入と支出のバランスを考え行動することがお金を貯める秘訣なのだ。

サラリーマンでも共働きなら定年までに1億円貯めるのは不可能ではない。ミリオネアから学ぶお金を貯めるコツが詰まった書籍。株式投資でハイリターンを狙って信用取引を行うわけでもなく、コツコツ倹約して1億円をめざす実践的な書籍。ミリオネア・マインドを日々の生活に落とし込んで少しでも多く蓄財したいものです。

 - Book , , , ,