51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

本当の自分がわかる6眼心理テスト

      2019/01/18

自分と他人はなぜこんなに考え方が違うのか。どうして人間関係やコミュニケーションがうまくいかないのか。人間の意識に関する「6つの視点」から心のクセを知ることで、自分らしさを再発見し、仕事や人生の問題解決に役立てることができる。61の質問に答えるだけで、27のタイプから本当の自分がわかる「6眼」心理テストを詳しく解説。何かが思うようにいかないとき、本書は新しいヒントや糸口をあなたに与えてくれる。

やってみた!6眼心理テスト

●「過去性」

(スコア範囲:8〜 40 点、平均スコア: 27・9点、標準偏差:4・9点) ・33 点以上の人……高い過去性

このスコアが高い人は、これまで積み重ねてきた過去に視点をおいて、そこから現在の状態や抱えている問題を捉える。例えば、個人がライフプランを設計したり、組織において中長期的な企画や計画を立てたりする際に、現行の諸制度や関係者の人間関係といった諸々の構造を把握してから、その構造の存続を前提に、現実的な「ありうる」将来像を描こうとする(図5)。組織や制度の維持・存続を大切にしており、これまで継続して行ってきたこと、守ってきたルール、培ってきた人間関係などと現状を比較してそこにギャップがあると「問題」だと感じる。「前例がない」「今のやり方と異なる」ことを問題と感じるのは過去性の視点を持っているからだ。これから何かを行うときは、未知の要素がたくさんある、想像性に富んだ目標を設定するよりも、むしろこれまでの行動を維持・強化することで実現できる、確実性の高い目標を好む傾向がある。

僕は過去性のスコアだけ38と高かった。これまでの行動を維持・強化することで実現できる確実性の高い目標を好むとあるが、あながち間違っていないのかなといった感じ。未知の要素がたくさんあることには、もう一歩踏み出せないなんてところも当たっている。

過去性のスコアが高い人はルートセールスや御用営業と呼ばれるような、顧客との継続的な人付き合いを主とした営業が向いているそう。お客様と気心を通わせて、「あの人に任せておけば安心」と思われるような営業スタッフになれるだろう。地方公務員や信用金庫の職員のような、地域の人々との継続的な人付き合いが中心になる職業にも向いている。また、電力やガス、水道のような安定供給が求められる業界も肌に合うだろう。

タイプ8:寡黙な職人

タイプ8:寡黙な職人 ──主体指向/アナデジ・バランス/過去指向──

小さなことからコツコツと努力を積み重ねるタイプ8は、地味な作業でも黙々と実行する真面目さがある。礼儀や礼節にはうるさく、後輩や子供がいい加減な態度や姿勢を示せば、しっかりと叱り飛ばす。また自分にも厳しく、いい加減なことはしないよう自身を厳しく戒めている。厳しいだけではなく情に厚いところもあり、他人の情熱や頑張りに意気を感じて、一生懸命応援するところもある。体を動かすことは嫌いではなく、運動神経に恵まれればスポーツ選手になれそうな粘り強さと根性がある。人間関係を大切にしており、長い付き合いの友人・知人がいる。ただ、馴れ合うような付き合いは好まず、また集団を仕切りたがりもしない。人を頼るところはあまりなく、単独行動を好む、日本に1%もいない個性派だ。したがって礼儀にうるさいといっても他人を縛るようなことはせず、個性を尊重する。大きな夢を見ることはあっても浮ついたところはなく、今ここにある現実に根づいて生きている。タイプ8は、例えば学校教師や僧侶、神父/牧師のように、しっかりとした規範を示し守る職種に適している。医療系の職種もいい。ある程度個人に任せてもらえる仕事や専門性の高い仕事を選ぶといいだろう。また、職業にするか趣味にするかはともかくとして、スポーツや伝統的・古典的な物事に親しみを持つ人が多い。地味だがよい仕事をするいぶし銀。それがタイプ8だ。

小さなことをコツコツやるのは得意な方だが、長い付き合いの友人・知人がいるというのは大外れ。友達も知人も皆無です。体を動かすのも苦手で、毎日のスクワットと腹筋以外は動きません。スポーツや伝統的・古典的な物事より新しいガジェットとかの方が好きだし、なんだ全然的外れじゃんとか思いながら結果を見ていました。人を頼ることなく単独行動を好む日本に1%もいない個性派というのは当たっているかも。というより友達も知人もパートナーもいないので、単独以外で行動する機会すら僕にはないのだから。

この手の心理テストで導き出される自分に最適な職業って以外と自分では選ばない職業だったりして、違和感がある。でも個々の特性に合わせた自分探しのツールとしてはなかなか有効ではないかと思う。『ストレングス・ファインダー2.0』とかと併用して自分探ししてみるのもいいかもしれません。自分では思いもよらなかったあなたの特性が浮き彫りになります。

 - Book , , , , , ,