51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

人生をムダにしない50の小さな習慣|中谷 彰宏

      2019/11/03

お金と時間と才能が「ない」うちに始めよう!―本書は「○○がないからできない」「こんなことしてもムダじゃないか」と言っている人に、自分の可能性を信じる勇気とキッカケを与えてくれるヒント集。「とにかく何か始めれば“やる気”が追いかけてくる」「鍵を探すより前にドアを開けてみよう」「イヤな人との出会いはいいことが起こる前ぶれ」などのアドバイスで、きっと前向きな気持ちになれる。

みんなで協力して早く片付けよう

ホームパーティに行くと、外国の人は、よそのお宅でも、どんどんキッチンに入っていって手伝います。全員で片付け、全員で楽しみます。全員で片付けたほうが、早くできるからです。一人だけ抜けて、片付けをしていたのでは、みんなで一緒に楽しめないのです。遠慮しないで、手伝ってもらいましょう。もちろん、手伝いましょう。「何をすればいい?」と聞いているようではいけません。自分はこれをしようと判断して、さっと動くのです。

大人数で集まるホームパーティーやBBQなどでは動く人とそうでない人で印象の明暗が分かれます。大多数の人に好印象を持ってもらいたければ、自分から仕事を見つけて動くこと。特にBBQなどでは積極的に飲み物やお肉を足りてないところへ運ぶだけで好感度が上がったりします。そして忘れてしまいがちな片付けではみんなが嫌がりそうな洗い物なんかをかって出るなんてことも大事かと思います。

弱い相手に気をつけよう

どんなに強い相手でも、あなたには勝つチャンスがあります。勝負は、いつもわずかの差で決まるのです。相手は、あなたより強いと思って油断しています。相手の実力が 10 で、あなたが7だとします。相手が、実力の 80%しか出せず、あなたが実力の120%出せれば、8対8・4で、あなたの勝ちです。人は、自分より強い相手には、実力以上の力を発揮します。自分より弱い相手に、実力を発揮するほうが、難しいのです。有利なのは、実力が下のあなたのほうなのです。

つい油断して格下に負けるなんてことはスポーツの世界ではよくあること。思わぬ格下の奮闘ぶりに焦ることも。常に全力で向き合えるよう気持ちを持っていきましょう。自分が格下の場合、相手の油断した隙をつきましょう。窮鼠猫を噛むじゃないけれど、自分よりも格上と戦う時に100%以上のパフォーマンスを出せるように普段からトレーニングを欠かさないことです。

「やる気」が出るまで、待たない

「どうして、なかなか始めないのですか?」と聞くと、「なかなかやる気が出ないんです」と言う。「やる気」は、いつも待ちあわせに遅刻してくる友達のようなものです。「やる気」が出るまで、待たなくても大丈夫です。「やる気」が出なくても、行きましょう。そのうち、「ごめん、ごめん」と言いながら「やる気」は必ず追いかけてきます。スタートしないと、「やる気」はいつまでたってもやってこないのです。「やる気」が出てからでは、もう遅いのです。

やる気というのはスタートしてからついてくるものと思いましょう。休日の朝、何だか眠くて起きられないなんてことはよくあること。スパッと起きてストレッチでもすれば体は勝手にやる気モードへ。仕事ややらなければいけないことへ向かえます。僕は年中休日の生活を送っているので、自分で生活を律していかないといくらでもサボれてしまいます。その日にやらなければいけないことを逆算して時間配分を考えて生活することでだらけるのを予防しています。

答えの出ないことを考えよう

子供の頃、よくこんなことを考えませんでしたか。「私は、誰?」「私は、どこから来たの?」「私は、どこへ行くの?」いつのまにか、そんなことは考えなくなります。 「そんなことを考えてもムダだ」と、大人は言います。 「答えの出ないことを考えるのは、時間のムダだ」と言って、答えの出ることだけに追われて暮らすようになってしまいます。でも「答えの出ないこと」を考えるのは、決してムダではありません。 「答えの出ないこと」には、たくさんの答えがあるのです。答えの数だけ、人生の喜びがあるのです。

哲学のような問いを自分自身で考えることは、日常ではあまりないかもしれませんが、こうした問いを考えることは柔軟な発想に繋がったり、隠れていた問いの答えがある日突然表れたりと無限の可能性を秘めていることも。答えの出ない問いにはたくさんの回答がありその数はおびただしい量に。そこに人生の喜びを見つけられればみっけもんです。

日常に現れる数々の出来事を小さな習慣で見ていく書籍。あなたの人生の無駄を極力なくすのに役立つ習慣がずらり!

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 - Book , , , ,