51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

3000人の人生を好転させてきた幸運を引き寄せる手帳術

      2018/03/04

あなたの手帳は「気が乗らない、イヤな予定」ばっかりですか? それとも、「ウズウズしてたまらない大好きな予定」でいっぱいですか? 本書では、3000人の人生を好転させてきたコンサルタントが、手帳1冊で「理想のライフスタイル」を手に入れる方法を教えます! 仕事、夢、恋愛、お金、人間関係、オシャレ、買い物、バカンス……など、人生すべてがウズウズしてたまらない大好きな時間でいっぱいになります!

手帳の魔力が「大好きな未来」を引き寄せる

人は誰もが、過去の影響を受けています。そのなかには、「過去に支配されている人」と「過去を活かしている人」がいます。「過去に支配されている人」は、自分の過去を嘆きます。しかし、過去を嘆いても、悲しみを訴えても、何一つ未来が良くなることはありません。一方で、「過去を活かしている人」は、「その経験を、どうより良い未来につなげるか?」だけを考えています。「幸せになるためにはどうすればいいのか?」それだけを考えているのです。自分の人生の責任は、自分にしかとることができません。あなたを幸せに導くことができるのは、あなただけです。「つらい過去」は、手帳の魔力で、「大好きな未来」へ変えることができます。<あの経験は、未来へどのように活かせるか?><幸せになるためにはどんな予定を入れたらいいか?><手帳を、大好きな予定でいっぱいにするためにはどうしたらいいか?>手帳の真っ白なページを目の前に、想像してみてください。妄想でもかまいません。あなたの好きなように、あなたの思うがままに、自由にイメージするのです。それを考えている時間が長い人ほど、幸運はやってきます。幸せになる可能性は高まります。そして、それを考えている時間自体も、あなたにとって、幸せな時間になるのです。

確かに色々な幸せについて考えを巡らせ、妄想したりするのは楽しい気分になるしそれがダメだとは否定しないが、それだけで幸せがやってくるというのはあまりにも都合が良すぎる。これが正しいなら世界はもっと祈りで溢れ平和で豊かなユートピアになっているはず。でも現実は違う。悪人はいるし、幸せについて思い描くだけで現状は苦しい状況の人も大勢いる。

僕は手帳というものにあまり縁がなかったので、手帳の使い方には興味があったのだが、そもそも手帳に書く予定がほとんどない。なのでカレンダーアプリ(紙の手帳もクオディバスとか買ってみたが結局手書きが面倒でほぼ使わなかった)にはその日読んだ本と美容院の予約、歯医者の定期検診、精神科の予約、ぐらいしかない。あっ!つい最近はインフルエンザに感染したのでそれも書いておいたか。みんな何をそんなに手帳に書くことがあるのか(世の中の人はそんなに忙しいのか)疑問だが、僕はブログを書いているのでそれと同じようなものなのかと思ってみたりもする。

手帳はあなた以上にあなたを知っている

「自分は何が大好きなのか?」「自分の理想のライフスタイルはどういうものなのか?」それが心からわかっている人は多くありません。多くの人は、今目の前にあることに必死になって、喜びも苦しみも忘れてしまいます。そして、「幸せに向かうためのヒント」を見逃してしまうのです。じゃあ、どうすれば幸せになるヒントを見落とさないのか?その答えは、手帳との対話で見つかっていきます。手帳と対話することで、「自分の大好きなこと」「自分の幸せ」「自分の理想のライフスタイル」「そのために何をすればいいのか?」が見つかっていくのです。なぜなら、手帳は、「あなた以上にあなたを知る存在」だからです。「本当に好きなのかな?」「どっちを選んだ方が、幸せになれるかな?」「理想のライフスタイルに近づく行動はどれかな?」日々訪れる人生の様々な選択で、手帳はあなたに幸せになるための答えを教えてくれます。そして、一歩一歩、確実に幸せを引き寄せることができるのです。迷った時、混乱した時、挑戦する時、落ち込んだ時、あなた以上にあなたを知っている手帳が正しい「幸せの選択」を教えてくれるようになるのです。

先ほども僕は手帳を使わないと書いたが、それは日々の記録をEvernoteにぶっ込んでみたいときに参照できるようにしているからだ。ダイエットの体重記録、日々の運動や半身浴の記録に始まり、私服で出かけたとき何を着たかとか、買い物履歴とか全てをEvernoteに記録してあります。洋服を買うときは過去の購入履歴からどのサイズが最も自分の体型に合うのかを参照すればいいし、キーワードで調べたい言葉を入力すれば一発で記録にアクセスできる優れものです。僕は字が汚いのでデジタル化はすごくありがたいしストレスが溜まらないベストな選択だ。

手帳を通じて夢へつながる行動を促す書籍。しかし具体的な要素は乏しく手帳嫌いな僕が手帳を使ってみようと思う要素は一つもなかった。Evernoteでも大好きな時間や物で溢れさせることは可能だよ。

 - Book , , , ,