51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉』七尾与史

   

やるべきことがあるのに“集中できない" “遊んでしまう"……そんなあなたが今日から変われる!頑張ろうと思った時、「何とかなるよ」「やればできる」と甘やかしてくれる言葉をかけられてもやる気が出ないことはありませんか? そんな時、あなたのためを思ってくれる人が厳しく叱ってくれたら頑張れるのにと思ったことはありませんか?本書はその願いをすべて叶えます!ドSな女刑事・黒井マヤが100の言葉であなたを鞭打つ!

初対面は見た目が10割

初対面の印象なんて、見た目が100%よ。あなたのように中身がない人でも、どうにかなるんだから。

そりゃね、あなたは中身も陳腐だし、ハッタリを張れるほどの度胸もないし、弱虫だし、何かと迷惑はかけるし、ゴキブリはキャーキャー言って怖がるし、役に立つなんて口がさけても言えないわ。だけど、そんなこと、初対面じゃわからないのよ。もしあなたが、ヘアスタイリストにお願いして、その不細工な顔を悪くない雰囲気にしてもらって、おしゃれなスーツを着て、よく磨かれた革の鞄と靴を身につけていて、ついでにホワイトニングした白い歯を見せて微笑んだら?ほらね。相手のあなたへの印象はきっと100点。まあ、ちょっと背が低い分を差し引いて、95点ってところかしら。ね、初対面の印象ってすごいでしょ。ダメダメなあなたが95点よ。そんな高得点、今まで取ったことある?これでわかったでしょう。初対面に気合いを入れても入れすぎるってことはないわ。着飾ってでも、見た目は100%のあなたを見せるのよ。

見た目を磨いて初対面の印象を操作することは意外と重要。回を重ねるごとにその見た目の価値は下がっていくが、一度好印象を得られればその効果はしばらく続く。時間が経って、あいつ見た目だけじゃんということを言われるようになろうが、一部の人が好印象を保ったままでいればダメ人間としては万々歳。見た目を磨くことは、ある種のスキルといってもいいだろう。自分に対する評価の軸が出来上がる前は見た目が100%ということを覚えておこう。

自信を持つ

パーフェクトな人間なんて私くらいよ。あなたはどうせ一生未完全。でも1の才能を努力で補えば10は無理でも8くらいになるでしょ。

エジソンの名言、知ってるわね。「天才は1%のひらめきと99%の努力」。それって要は、エジソンも自信がなかったってことよ。だってひらめきなんんて大抵誰でもできるでしょう。でも、彼は99%努力することで、後世に知られる発明家になったのよ。つまり、エジソンはがんばらなくてもできるなんて思ってなかった。「必ず俺はひらめくんだ」と自信を持って努力を続けたのよ。これは誰でも同じ。努力できるかどうかを分けるのは自信を持っているかどうかってことね。才能を持っている人でさえ、無理にでも自信をねつ造して、努力するのね。それで、あなたはどんな才能を持ってるわけ?え、一つもない?あなた、よっぽど自分のことを知らないのねぇ。よぉーく考えてみなさいよ。子どもの時から得意だったことはなかったのかしら。親や先輩、上司に褒められたことは?あるでしょ。ほら、褒められるくらいの才能はあるんだから、自信を持って努力すればいいのよ。

自信を持って努力する。天才と言われた人は努力の天才であることが多い。トップアスリートになるとかでなければ、大抵のことが努力によって成し遂げられると信じることが大事。自分の成し遂げたことをデータとして残しておくのがおすすめ。すると勉強でもダイエットでもその成果を数字で参照することができるようになり、一歩一歩の前進が目に見えてわかるからだ。努力のログを取るようにしてみては?

競争する

勝ち負けにこだわりたくないんですって!?バッカじゃないの。そのセリフ、勝った人が言えるのよ。あなたに言える資格はあるのかしらね。

いるのよねぇ。「勝ち負けなんて関係ない。どれだけ努力したかが一番の価値だ」なーんていう人が。しかもね、大抵そんなことをいうのは最初から負けるってわかっている人。勝てない相手に勝負なんか挑まない人ばかりなのよ。ほんと弱虫よねぇ。最初から保険をかけているのね。負けても自尊心を傷つけないように、自分を守ってるの。でも、よく考えて。それって本気の努力はしない、ってことよね。でも勝つつもりなら、努力は絶対に必要なの。どんなに軽々しそうに勝つ人でも、努力してる。勝つつもりがあるから必死の努力ができるのよ。もしあなたが絶対に負けたくないって思ったらどうする?最大限に努力するわよね。一度でも本気で勝とうとしたことがある人なら、それがわかっているはず。あなたの本心は勝ちたいの?勝ちたくないの?どっちなの?

努力しない人は勝負に挑む前に負けている場合が多い。それを負けと認めたくないがために予防線を張って勝負は勝ち負けじゃないと言う。それでは何も進歩しない。痛烈に刺さる言葉だ。

ドSな言葉で後輩を鼓舞するような言葉をかける女上司と言う設定で、あなたに刺さる、やる気を引き出す言葉が100紹介されています。なんだかわからないけど自分はダメだと決めつけている人の心をえぐります。甘い言葉では変われない人というのが一定数いるので、そういう人におすすめです。

 - Book , , , ,