51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

イヤなことは1週間で終わらせる。悩みにも締め切りを!

      2018/06/15

イヤな気分、悩みごとは引きずれば引きずるほど強く、大きくなるもの。長くても1週間。根本的な解決策は見つからなくても、自分の心を前向きに切り換え、体勢を立て直す。それこそが前向きに生きる最大の秘訣!職場のメンタルヘルスにもかかわる人気カウンセラーが、上手な気持ちの切り替え方を伝授します!仕事と同じように悩みにも締切を作ろう!ついクヨクヨ悩んでしまう人の、心をラクにするヒント満載。

引きずらない〈体質〉になる

イヤなこと、気がかりなことは引っ張れば引っ張るほど、ストレスが蓄積していくものです。イライラした状態やツラい状態が続いてしまい、やるべき仕事が手につかなくなり、そのうち「期限に間に合わない」と焦るようになる。そうやって新たなストレスも蓄積していき、鬱々とした日常生活を送る原因になります。そして、イヤなことはそれこそ次々に湧いてきます。ひとつ残せばどんどんたまり、最終的には「いつも気分が晴れない」状況になってしまうのです。だからこそ、仕事を次々と片づけるように、イヤなこともその場その場で処理していく。もしこれができれば、あなたにとってどれだけのメリットになるでしょうか?このスローガンが、本書のタイトルである「イヤなことは1週間で終わらせる」なのです。

ちょっとした嫌なことでも蓄積していけば大きなストレスを抱えることに。毎日の習慣で細かなストレスを溜めないようにできれば、日々の鬱々とした状態から抜け出せる。嫌なことはソッコーで終わらせて(長くても1週間以内)引きずらない<体質>になろう。

自分の感情は自分でコントロール

もしかしたら、これまでイヤなことに振り回されていたのは、「勝手に湧いてくる感情はどうしようもない。自分ではコントロールできない」とあきらめていたからかもしれません。たしかに、人の感情は制御不能だと感じることが多いものです。誰かに強い怒りを抱いて、何も手につかなくなったのに、ひと晩寝たら忘れてしまったという経験などは、まさに感情は自分の手には負えないものだと証明するような事柄です。しかし、繰り返し言いますが、自分の感情は意識的に変えることができます。自分の感情をコントロールし、イヤな気持ちを引きずらないようになる方法として私が提案するのは、心理カウンセリングのアプローチに基づいた方法です。心理カウンセリングの場面では、悩みを解決するためにさまざまな理論や手法が用いられます。それらは総称して心理療法と呼ばれるものです。

物事をプラスに捉えるか、マイナスに捉えるかは自分次第。ストレスは自分自身で作り出しているとも言えます。そのため、マイナス思考に陥りがちな思考パターンを変えれば嫌な気持ちを引きずらなくて済むように。これは悩みから解放されるためには特に大切なことです。仕事でトラブルを抱えてしまった時、「すでに終わった事」については放っておいても最終的には時間が解決してくれます。悩んで落ち込んでいても、そうでなくても嫌な気持ちは時間解決してくれます。結局時間が解決してくれるならば、最初から悩む必要はないと言えます。

「悩むのは今日だけ」と<終わり>を決めてみる

誰もが仕事や日常生活において、「時間」を意識して活動していることと思います。「○時までにこの仕事を終わらせよう」「テレビを観るのは1時間だけ」……といったように、締切や期限を設定して時間を区切ることで、メリハリが生まれます。とりわけ仕事は、時間との戦いと言えるでしょう。締切のない仕事、スケジュール設定がない仕事はまずありません。  そこで、これを悩みごとにも適用してみてはどうでしょうか。「仕事と同じように、イヤなことを引きずる時間にも締切を作る」のです。「そんなにうまい具合にいかない」と思うかもしれません。たしかに、悩みのタネは自分ではどうすることもできないものが多かったりします。何かの作業のように、「ここまですれば終わる」というものでもありません。「あと2時間で悩むのをやめよう」と決めたからといって、そうカンタンには実現できないでしょう。ここで本当に言いたいのは、「時間を意識してみる」ところに発想をシフトさせませんか、という提案です。

何か物事を始める場合、時間を意識することがあると思います。何時までに身支度を整えようとか、残業は何時で終わりにしようとか。それと同じで、悩むのも時間を区切ってしまうと案外簡単に負のスパイラルから抜けられることも。悩んでいても自体は好転しないのであと何時間で悩むのはやめようと時間を区切ってしまいましょう。悩んでいる時間が勿体無いほど忙しくしていれば、自然と悩む時間がなくなるという体験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。それだけ悩むのは時間の浪費で、あまり意味のないものだとも言えます。

嫌な気持ちは自分が作り出していることが多く、結局自分の心持ち次第でプラスにもマイナスにも変わっていくことがわかる。自分の意識を変えて身の回りに起こった嫌なことに振り回されずに生きる術を体得すれば、もっと身軽になることができます。ストレスを溜めないメソッドがここに。

 - Book , , , ,