51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

ふとした出来事を爆笑ネタに変身させるトーク術とは?

      2018/06/22

昨今テレビでは、お笑い芸人やタレントが、面白いエピソードを披露して笑いを取り合っている場面をよく目にします。でも別に、彼らの身の回りに、とびっきり面白い出来事ばかりが起こるわけではありません。彼らはしゃべりのプロ。持ち前のトーク術を駆使して、ふとした出来事を爆笑ネタに変身させているのです。そんな「ウケるトーク術」を、一般の方向けに分かりやすく解説したのが本書。「緊張(フリ)」と「緩和(オチ)」といったお笑いトークの基本から、話の整理の仕方、脚色の方法といった「作り方」、そしてテンポや間、表現といった「話し方」まで、豊富な実例を交えながらノウハウを伝授していきます。本書でお笑いトーク術を身に付けて、学校や会社、合コンの席で人気者になりましょう!

嘘や作り話はNG!

ウソや作り話は、どうしても細かい部分にリアルさがないため、すぐにバレてしまいます。さらに、聞き手が不信感を抱くため、話がすんなり入ってきません。芸人さんなどのプロは別として、私たちのような素人は、完全な作り話はしない方が良いでしょう。作り話だと分かると、笑わせる以前に、「ウソつき」のレッテルを貼られてしまいます。

僕は若い頃、皆を驚かそうと、作り話や嘘をよくつく人でした。しかし、ある時嘘と現実の間に乖離が消費るほど自分が情けなくなることに気づき嘘をつかないように。会話を盛り上げるためには、誇張や脚色はあっても良いと思いますが、芯の部分で嘘をついてしまうと、後で自分に返ってきます。嘘と脚色は違うということを頭に入れておいた方が良いでしょう。

笑いより他の感情がまさってしまうエピソードはウケるトークには向かない。

話を聞いて、笑いよりもほかの感情が勝ってしまう場合は、ウケるトークに適していません。特に、 怒りや悲しみや嫌悪などマイナスな感情の場合は、絶対にウケることがありません!この話の場合は、自分たちの手でコンビニを潰した、というのを笑ってほしかったのでしょうが、コンビニ店主の気持ちなどを考えると一切笑えません。もしもこれがコンビニを潰したという話じゃなかったとしても、そもそも昔自分がワルだったという話は、自慢話として聞こえてしまい、聞き手にとって気持ちの良いものではないのです。 ウケるトークに自慢話や成功談は向いていません。むしろ失敗談の方が聞き手には喜ばれます。自分のドジな話だったり、失敗したエピソードだったりを明るく話すことで、聞き手はあなたを理解し、受け入れてくれるのです。自慢話や成功談以外に、不適切なネタは、他人の悪口や過度な下ネタ、政治、宗教、犯罪など、笑いよりも別の感情が入ってくる話題すべてです。聞き手を楽しまそうと思って話をしているのに、逆に不快な気持ちを与えてしまっては元も子もありません。ウケるトークでは、話題選びから気を付けましょう。

僕の昔よくしていた話で、自分が味について酷評していたラーメン屋が潰れた話があります。しかしこれはラーメン屋にとってはマイナスイメージが伴う話題で、自営業者の前でするのには適していません。どんなにエピソードとして面白いものでも、受ける相手によってマイナスイメージを与える内容は相手を見て行わなければなりません。

話の組み立てが悪いとウケない場合も

自分が伝えたいことの中でどれが重要でどれが不要かを整理できていないから、どんどん話が脇道に外れていってしまうんです。また、自分が目にしたことを時系列に忠実に話していかないと気が済まないという人もいるようです。でも、それでは聞き手としてはうんざりしてしまいます。話し手として大事なのは、 聞き手に一番伝えたいことは何なのかを、常に意識してトークに臨むことです。

話が横道にそれそうになったらそのエピソードは我慢して、もう1つのエピソードとして話すべき。話を進めていくと、どうしても間に挟み込みたくなるネタもあるでしょうが、主題からずれると何を言いたかったのかわからなくなりかねません。

ネタの探し方「アニキとタケシが過去住職」

《ア 遊び》     遊び、趣味、道楽、いたずらなどからネタを探す。

《ニ ニュース》   新聞、テレビ、ネットの情報や、クチコミや噂などからネタを探す。

《キ 季節》     四季、時期、シーズンなどからネタを探す。

《ト 友達》     友人、仲間、交友関係などからネタを探す。

《タ 旅》      旅行、出張、観光などからネタを探す。

《ケ 健康》     健康、病気、ケガなどからネタを探す。

《シ 仕事》     仕事、バイトなどからネタを探す。

《ガ 学校》     学校、予備校、カルチャースクールなどのネタを探す。

《カ 家族》     親子、兄弟、夫婦などからネタを探す。

《コ 恋人》     恋人、愛人、恋愛などからネタを探す。

《ジュウ 住居》   住まい、土地、暮らしなどからネタを探す。

《ショク 食事》   食事、飲食、食欲などからネタを探す。

このように話題として適当なものを選び展開していけばウケる話ができるようになるというが、咄嗟には思いつかないので、面白いことがあったら頭の片隅にネタ帳を作りストックしておくと良いでしょう。

会話があまりうまくない僕は、面白いネタを持っていても、それを話すタイミングをつかむのがとても下手。年間365冊本を読んでいるのでネタには事欠かないが、起こった出来事やエピソードを面白く話すにはテクニックが必要だと思いました。そんなテクニックが詰まった書籍。

 - Book , , , ,