Book

いつまでも若さを保つ生き方 心と脳を生かすアンチエイジング習慣術

「血圧が高めですね」と言って降圧剤を処方されるケースが増えているようです。血圧高めの基準値は以前と比べて低めに設定されているため、このような処方になっているみたい。それが本当に必要かどうか考える時期が来ているのかも。薬を飲まなくても目に見えた不具合が起きないのなら飲まなくても良い薬は意外と多いと感じています。それよりも生活習慣を治すほうがよっぽど健康的。その方法を伝授。

四十代〜五十代以降の三大関心事

世の中高年の三大関心事といえば 、健康脳見た目の若さ (いわゆるアンチエイジング )ではないだろうか 。 「いかに健康を保つか 」という情報が掲載された健康情報誌などは中高年に売れているし 、脳を若々しく保つための 「脳トレ (脳力トレ ーニング ) 」も中高年のあいだで人気となっている 。また 、見た目の若さを保つという意味でのアンチエイジングに対する関心も高いようだ 。アンチエイジングでは 、化粧やファッションなどで若さを保とうとする人もいるし 、マッサ ージや美容整形などで心身の色艶などを保とうとする人たちもいる 。この三つの関心事は 、中高年期を迎えた人たちが人生設計を考えるうえでのキ ーワ ードと言ってもよいが 、これらの関心事を一つの概念でくくるとすれば 、それは 「現役年齢を延ばす 」ということではないかと思う 。健康を保ち 、脳や感情の老化を防ぎ 、アンチエイジングを行うのは 、それ自体が目的というよりも 、若々しさを保ち 「現役年齢 」を延ばすことによって 、何かをやりたいからではないかと思う 。

僕も40才を超えたあたりからアンチエイジングを意識するように。化粧水や乳液、美容液などを使ったり、シャンプーも根元から立ち上がるふわっとした仕上がりになるようなものを選んだり。軽い筋トレを日常生活に取り入れたり。ファッションも若作りと言われない程度に若く見られるよう気を使ったり。老化と真っ向勝負!最近の若い男性はスキンケアとかを若い時期から気遣っていたりと美に対する意識が僕らの若い頃よりも高いような気がする。僕もそれに習い、スキンケアを始めたのだが、これが意外と具合がいい。さっぱり洗顔して化粧水などでケアするときも香りの好きなものを選べばリフレッシュに一役買います。朝のひと時を、「さあ、1日頑張るぞ!」と気合いを入れるためのスイッチが入るのでおすすめです。最初のうちは習慣化するまで面倒に思うかもしれませんが、一手間で随分と肌の調子が違います。まずは少々高くても自分の気にいるスキンケア商品を見つけてそれを使い切るまでは続けてみましょう。いつまでも若くいたいのならスキンケアはこれから必須なケアだと思う。

定年退職後

法改正によって、退職年齢が六十歳から六十五歳に延びるとはいえ、六十五歳の人の平均余命は二十年くらいあるから、会社を辞めたあとの人生は、およそ二十年以上はあると考えておかなければならない。また、夫よりも妻のほうが若い夫婦が多く、女性のほうが寿命は長いから、夫の定年後、女性は三十年以上生きていかなければならないケースも珍しくない。つまり、定年退職後に、男性はおよそ二十年、女性はおよそ三十年生きることを前提としてライフスタイルの設計をしなければならないということである。人生のうち二十年、三十年を「老後」というくくりの中で生活していくことが、本当に望ましいことだろうか。私は、「老後生活」として二十年も三十年もずっと暮らしていくよりも、そのうちの十年でも十五年でもいいので「現役」というくくりの中に入れて、いままでと同じような生活を続けていくことが望ましいのではないかと思う。おそらく、本書を手に取っていただいた方々も、「老後」としてではなく、「現役」として、いつまでも若々しく生きて生きたいと思っていらっしゃるのではないかと私は想像している。もし、現役生活を少しでも長く続けたいと考えている方であれば、定年を間近に控えた五十代、あるいは六十代に入ったら、いかに若さを保ち、いかに現役年齢を延ばすかということをきちんと考えて生活する必要があると思う。

定年退職してからの人生というのは意外と長い。僕は人生半ばあたりだが、これからまだ半分も人生が残っているのかと思うとちょっと憂鬱になることも。現役を退いた時にきちんと自分のやりたいことを見つけられるように、今からでも遅くないので、新しい趣味のようなものを見つける癖を習慣化しておくのも一つの手です。僕の趣味は読書ですがそれに伴いブログで本の感想を発信したり暇な時にスマホで撮った動画を編集してみたりと新しい趣味はいくらでも見つけようと思えば見つかります。お金をかけないでも始められるものも多いので、まずは無料のもので初めて満足いくものでなければお金を使うというのが良いでしょう。僕の場合、動画編集でいうと、始めはMacにはじめから入っていたiMovieで始めてもっとかっこよく編集したいと思ったのでPremiere ProやAfter Effectsなどを使用するサブスクリプションに課金しました。

なんでも新しいことにチャレンジする姿勢は若くいるための必須事項と言えるでしょう。心と脳を生かすアンチエイジング習慣術がここにあります。年齢とともに何もしなければ老いていきます。そうならないためにも今日から習慣を見直しましょう。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

-Book
-, , , , ,

© 2020 51Blog Powered by AFFINGER5