51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

『あなたを殺す成功法則』Keiichi

      2019/02/06

あなたも、うすうす気づいていますよね?自己啓発や成功法則をまじめに実践しても人生が良くならないことを。本書では自己啓発・成功法則などでまことしやかに語られている一見正しそうな目標達成術や成功するためのイメージ法についてメスを入れていきます。
■自己啓発や成功法則でよく語られている目標を書き出すと達成しやすくなるのウソ
■プラスのイメージをすると恋もダイエットも失敗する
■むしろ、マイナス思考があなたを成功に導くカギ
これらについての真実を知るとこれまであなたが正しいと信じてきた常識が実は何者からか思い込まされていた“真っ赤なウソ”であったことに驚くかもしれません。

自己啓発の嘘

「あなたは『ないモノ』ばかりに目がいっていますよね?」

「物事の悪い面ばかりを見ていませんか?」

「自分や人のアラ探しばかりしていませんか?」

「円の欠けた部分だけを見ていませんか?」

「それはマイナス思考です」

「そのせいで、自分が好きになれないのです」

「そのせいで、人間関係がうまくいかないのです」

「そのせいで、いつもお金がない……と悩むのです」

「『あるモノ』にフォーカスして感謝しましょう!」

「人や物事のよいところを見ましょう!」

「そもそも日本って平和で安全で豊かないい国じゃないですか?」

「だから、プラス思考で毎日ハッピーに暮らしましょう♪」

……たしかに、こういうアドバイスが有効な場合もあります。 でも、どうでしょう? 本当に精神的に参っているときのプラス思考って、息苦しくないですか? 理屈ではわかるけど、ネガティブな感情が「どうにもこうにも収まらない!」ってことが。 本書は、そんなプラス思考に疑問を持ちはじめた方のために書かれたものです。 私自身、バカの一つ覚えでプラス思考をしまくった結果、ストレスで十二指腸潰瘍になってしまった経験があります。今はすっかり元気ですが、ガスター 10 が手放せない日々が十数年も続きました。 しかし、だからといって安易に、プラス思考を全否定するつもりはありません。 それでは「0か100か?」「白か黒か?」の極端な二元論の狭い考え方、つまりバカの一つ覚えの裏返しになってしまいます。 『プラス思考は使い方によって毒にも薬にもなる』 このように考えるのが、よりよい人生を送るためには得策でしょう。 また、本書では自己啓発・成功法則などで、まことしやかに語られている一見正しそうな、目標達成術や成功するためのイメージ法についてもメスを入れていきます。

目標を書き出すと達成しやすくなるとか、プラスのイメージよりもマイナスイメージの方が物事の成功に寄与するのではないかとか一般的に言われている成功法則を疑ってかかります。とにかくポジティブになどという自己啓発書にうんざりしていて、そんなの前向きな人にしか通用しないよという僕のような人間のための本です。

その名は「ツイてる!思考法」

プラス思考・ポジティブシンキングの一種ですが、こんな感じの方法です。

「バスに乗り遅れそうになって、走った……」 『ツイてる! あーいい運動になった!』

「財布を落とした……」 『ツイてる! 命まで落とさなくてよかった!』

「今日は朝から雨か……」 『ツイてる! 農家の人は喜んでいるね!』

「失業した……」 『ツイてる! 新しいことにチャレンジできる!』

「彼氏が浮気をした……」 『ツイてる! そんな人と結婚しなくてよかった!』

「車を擦って傷つけてしまった……」 『ツイてる! 対人事故でなくてよかった!』

このように、ツイてない出来事が起こったら「あぁ、ツイてないなぁ……」とネガティブな感情に浸るのではなく、ムリやりにでも「ツイてる!」と言ってポジティブな意味づけをする思考法です。 NLPや心理学では、このことを「リフレーミング」と言います。 『事実はない。あるのは解釈だけだ』と言ったのは、かのニーチェですが、要するにネガティブな解釈をポジティブな解釈に変換するわけです。 この方法を世に広めたのは、 累計納税額・日本一 の実業家、斎藤一人さんです。 斎藤一人さんによれば、言葉には波動があるので、「ツイてる」と言えば、ツイてることが起こるとのこと。いわゆる引き寄せの法則の一種だと言えるでしょう。

何でもツイてると無理やり力技で信じ込む。何だか宗教みたいで気持ちが悪いが、一応効果があるらしい。だけど、不幸中の幸いという言葉がある通り、ツイてない出来事が起こったときそれよりもさらに最悪な事態を想像して、そうならなくてよかったと思うことは可能だろう。この「ツイてる!」のフレーズが気持ち悪いのでそこだけ無くして実戦投入。

世の中には正しそうな教えやルールが溢れています。しかし一つの法則や何かに囚われていると人生がうまくいかなかったときにどん詰まりになることも。様々な教えがあることを知り一つの教えに縛られないことが大事だと思います。

 - Book , , , ,