Book

「話す力」を「お金」に変える習慣|西澤 史子|自身の思いを相手に伝え、多くの人の行動を促す

自身の思いを相手に伝え、多くの人の行動を促す。そして物事を実現していくためには話し方が重要になってくる。大きなプロジェクトともなれば、1人で完遂するのは不可能。数多くの人の協力が必要となるわけですが、そこで話す力がものをいうと言うわけ。話す力をお金に変える習慣とは?

心に残る話し方

心に残る話し方をする人というのは、どんなに長い話をしても、何かしら伝えたい思いを集約できる短いキーワードを織り込むことができます。その話の「タイトル」や「見出し」になるような言葉、話全体の「キャッチフレーズ」になるような言葉が含まれているのです。こうしたキーワードがあると、その話は相手の心に強く残ります。話の細部は忘れてしまったとしても、思いは相手に伝わります。たとえば、講演会などを聞きに行ったときに、後から「印象に残った言葉」「覚えている言葉」をいくつか書き出してみてください。いい講演会であればあるほど、その短いキーワードのなかにエッセンスが詰め込まれているはずです。これは会議やプレゼンテーションでも大切です。 相手に訴えたいことを説明するより、「これを一番伝えたい」という部分を短い「キーワード」として入れてみてください。

相手の心に刺さるキーワード、それは相手が求めている言葉だったりします。相手があなたに何を求めているか?プレゼンや講演で何を知りたい、学びたいのかを考えた上で、キーワードを設定すると良いでしょう。その短いキーワードが説得力を帯びていれば、あなたの話に一気に引き込むことができます。結果を出し続ける人のメッセージはすごくシンプルで分かりやすいものです。そこで真のブレない言葉を発せられれば説得力は一気に増すことでしょう。ゴールを設定しそこにまっしぐらに進むための指針と言っても良いかもしれません。

長期的な信頼関係

周りの人を高圧的な態度と力で支配しようとする方法は、短期的に結果が出たように見えても、長期的な信頼関係を築くことはできません。本当に高い地位にのぼりつめ、大きな利益を企業にもたらすことができるリーダーは、部下に「言うことを聞かせよう」などとは考えないのです。

部下や同僚を押さえつけるような方法は軋轢を呼びかねません。長期的な信頼関係のもとで仕事をするためには「言うことを聞かせよう」ではダメで相手から主体的にこちらに関わってくるような仕掛けが必要です。

自分に得るこのがあるかと言う視点を持つ会話の相手を意識する

聞く人はその話が「自分」に関係があることかどうか、自分に得るものがあるかどうか、あるいは自分にとって心地よいものであるかどうか、という基準で「聞くべきか」を判断します。話すときも、聞くときも、これだけは忘れないようにしましょう。「聞き手は私に興味があるのではなく、自分自身に興味があるのだ」ということを覚えておいてください。

話を聞く人はいつも聞くことによって何が得られるかを考えて聞いていると言う事実を知ること。自分に何らメリットがないのなら相手の心は離れていきます。相手は自分自身の変化に興味があるのであって、あなたがどうこうというのは関係のない話。聞き手はあなたにそこまで興味はありません。

印象の悪い人、良い人

印象が悪い人、その後のつき合いがあまり継続しない人、交友範囲が広がっていかない人は、このようなタイプです。次に特徴をあげてみます。あてはまるものはないか、チェックしてみましょう。

□ 他人を認めず批判的

□ 自慢話が多い

□ 外見や身だしなみに対して無頓着

□ 自信がなさそうな目つきや動作

□ 偉い人や有名人の知り合いが多いことをアピールする

最初にこうした印象を与えてしまうと、知らず知らずのうちに人から避けられるだけでなく、陰でひんしゅくをかっていたりします。  ぜひ客観的に自分自身を再チェックしてみましょう。

相手に与える印象が悪くなるこのようなタイプに当てはまらないか要チェック。この五つを常に意識しているだけでもだいぶ良好な関係性を結ぶことができるでしょう。

話す力を鍛え抜いてお金に変える。そんな習慣をピックアップしあなたに提案。これを読んで意識、それを実行することで少なくともマイナスイメージを持たれることはなくなるでしょう。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5