51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

「幸せをお金で買う」5つの授業|エリザベス・ダン,マイケル・ノートン

      2020/02/15

幸せはお金で買えないとよく聞くが、本当にそうだろうか?お金で買える幸せに着目した面白い書籍。今までと違うお金の有効な使い方で幸せを手に入れろ!!

人生で起こる不幸

マーシャの人生に予想外の不幸な変化が訪れました。ジョンが病気で亡くなってしまったのです。ジョンの死亡保険金を受け取ったマーシャは、あまりのつらさにそのお金に触れるのもいやで、夫の死を嘆き悲しむ間、放っておきました。ある日のことでした。マーシャに1つの考えがひらめいたのです。2人の夢を大切にするために、保険金で宇宙旅行のチケットを買ったらどうだろう……。それがこのお金の最高の使い道ではないかしら?ジョンの死は「人生は短く、はかない」ということを教えてくれたとマーシャは言います。時期が来てからにしようと、この素晴らしい体験を先送りするべきではない。いまを逃したら、そうした経験をする機会はけっして来ないかもしれないのだから。宇宙旅行のチケットを買う気がなくても、シンプルな課題を1つだけやってみてください。自分自身の幸福を増すためにどんなものを買ったかを思い出してみるのです。物質的なもの、たとえば、宝石、家具、洋服、あるいはアイデア商品といった、手で触れることができて保管しておける何かを買ったときのことを思い出してみましょう。次に、一生の思い出になるような経験を買ったときのことを思い出してみてください。旅行、コンサート、または特別な食事などです。あなたもほとんどの人と同じであれば、そうした経験について考えると、それに関連する友人や家族、光景やにおいまで一緒に心によみがえってくるはずです。さて、どちらの買い物があなたをより幸福にしたでしょうか?

僕は物欲魔人なので、ものを買うことで満たせれる欲求が普通の人より多いと実感している。便利なガジェットは常に気になるし、洋服もこれだというものにはお金をかける。それらは、僕の所有欲を満たしてくれるが、持っているのが当たり前になるとだんだんありがたみは薄れていく。そして新たな商品の購入へと向かう。これと反対なのが経験などの物質的でないもの。最近では体験にお金を払う若者が増えていて僕のような物欲がメインな人はオールドタイプになりつつある。ものが溢れる時代だからこそ、体験なのだろう。

パタゴニアの取り組み

アウトドアスポーツウェアのパタゴニアでは、従業員は環境問題に取り組むために、給料を全額もらって2カ月間のサバティカルを取ることができます。パタゴニアの従業員リサ・マイアーズは、イエローストーン国立公園でオオカミを追跡するためにサバティカルを使いました。ユアサバティカルという会社は、従業員がサバティカルという時間の贈り物をどうやったら最良に使うことができるかを考える手伝いをしています。創業者であるエリザベス・パガーノと彼女の母親バーバラは、サバティカルがきっかけとなって、この事業のアイデアを思いついた、と言います。2人は日常生活を離れ、世界屈指の深海域をヨットで回る6カ月間の旅に出ました。共同で船長を務めたことでエリザベスとバーバラはお互いについて学び、2000マイルの旅を終えて帰港したときには、新鮮なものの見方をおみやげとして持ち帰りました。そしてそうした見方はいまも、彼女たちが毎日の時間をどう過ごすかについて導いてくれているのです。

最近再び注目を浴びているパタゴニア。アウトドアスポーツウェアが一般階層まで降りてきてトレンドを形成しています。2ヵ月間のサバティカルで得た経験を仕事にフィードバックできれば会社としてもプラスになるだろう。このような取り組みはぜひ多くの会社で取り入れるべき。

お金があれば、問題が減る?

もしもお金で買える幸福の量が、個人のお金の使い方によって決まるなら、国家のレベルでも同じことがいえるのではないでしょうか?政府がお金の使い方を変えることによって、そして国民にどのようなお金の使い方を奨励するかによって、なぜお金を幸福に変えるのが非常にうまい国とそうではない国があるのかを説明できるかもしれません。しかし個人とは異なり、国はめったに心理学実験に参加しません。国を説得してそうした実験に参加させない限り、強い因果関係を示す結論を引き出すことは不可能なので、国家間のこうした違いについての議論は頭の中だけのことと思ってください──とりあえず当分の間は。さらに、私たちは政策の変更によって人々の幸福にどのようなインパクトがあるかに焦点をしぼって話しているのだということもここではっきり述べておくべきでしょう。政府が国民にマイホームを持つことを熱烈に奨励するのは賢明ではないかもしれないといった提案を私たちはしますが、それはマクロ経済における結果にではなく、個々のマイホームオーナーの幸福度に重点を置いているからなのです。

お金があれば幸せになれるかという問題だが、ある程度の幸せは手に入れることができるだろう。それは使い方次第。お金があるのに幸せになれない人は何か他のところに問題があるのだろう。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

created by Rinker
¥1,584 (2020/02/24 05:45:09時点 Amazon調べ-詳細)

 - Book , , , , ,