51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

「好きなこと」だけして生きていく。|心屋 仁之助

      2019/09/02

好きなことだけをして生きていく。「そんなことができたら幸せだなあ。でも、それができるのは、才能や能力がある人だけ。自分には無理」と思っていませんか?でも、本当は誰でもその人にあった好きなことをして、もっと自由に生きることが可能なのです。もちろん、お金に困ることもありません。本書では、19年間会社員をやってきて、今はカウンセラーとして、自由と豊かさを得た著者が、誰もがその人なりに「好きなことだけをして生きていく」方法を紹介します。「“努力=報われる”ではない」「人生は、本当は上りのエスカレーター」「好きなように生きることに罪悪感を感じる必要はない」「やりたくないことをやめる」「人に迷惑をかけたり、嫌われることを恐れない」「好きなことをして生きるためには、“一番嫌なあること”をする」など、実践できる具体的な方法がつまっています。あなたも、ガマンがいっぱいの人生から解放されませんか?

頑張って生きても得るものはない

頑張らなければ好きなことができない、と思っている限り、あなたは報われない。なぜなら、あなたは自分が頑張らなければ認められないと思っているから。「頑張らない私」には価値がないと思っているから。だから死ぬほど頑張るんです。「私」の価値を認めてもらいたくて。でもどんなに頑張っても、あなたの価値は認められません。頑張って報われるのならば、すべての頑張っている人も報われるはずです。でも、そうとは限りません。逆に頑張りが足りないから認められない、のでもないのです。実は、あなたがあなたの価値を認めていないのに、人があなたの価値を認めるわけがないのです。自分でさえ価値を認めていない人間のことを、他人が「すごいですね」と認めてくれるでしょうか? 「私が作ったこの 器 は全然価値がないんです。でもあなたはすごいと思って、大事にしてくださいね」と言っているようなものです。もし評価してくれたとしても、それを信じられないのです。

僕は統合失調症に罹患して仕事をやめてから、頑張らないことにしました。幸い現時点では経済的に困窮することもなく、好きな本を読んでブログやコミュニティサイト、SNSで活動できています。働いていた頃のように贅沢はできませんが、無理なく暮らせているので何よりストレスが少ない。これは病気でなかったとしても重要な要素ではないかと思います。今職場で過度に頑張り続けないとポジションを維持できないなどという場合は職場環境を考え直した方が良いかもしれません。そのストレスはあなたを蝕んでいき精神的に非常に辛い状態に追い込んでいくかもしれません。僕のようにアラフォーになってからだとスキルなしに転職するのはなかなか難しいかもしれませんが、若い人なら今のブラックな環境に身を置き続けることはありません。

好きなことをして生きていく

僕が始めたように、好きなことはいつだって始められます。今日、今から、この瞬間にも好きなことはできます。水を飲みに行く。お菓子を食べる。足を組み替える。テレビを見る。仕事をさぼってカフェに行く。隣の人とおしゃべりする。そんなちっぽけなことが「好きなこと」?私がやりたいのはもっと大きなことです、という声が聞こえてきそうです。でもあなたがやりたいのは「好きなことをして生きていく」ですよね。何が手に入って、何がなくなったら、それはできるのでしょう?いったいいつになったら、好きなことができるのでしょうか?なぜ「好きなこと」を先送りするのでしょうか?今、この条件で、与えられたものの中で、好きなことをしてみたらいいではありませんか?だってすぐできるのですから。いつやるんですか?今でしょう。今、好きなことができない人は、どこに行っても好きなことができません。すごく頑張って、お金がたまって、ちゃんと好きなことができるようになっても、「まだまだ」「こんなんじゃない」「私がやりたかったのは、こんなちっぽけなことじゃない」と思います。いつまでたっても、好きなことをしているという満足感が得られない。

好きなことで生きていくことは案外お金にならなかったりしますが、それでもイヤイヤ仕事を続けるのと比較するとメリットもたくさんあるかと思います。拘束時間で選んだり、ストレス度で選んだり、時間と報酬とのバランスが大事。

好きなことをして生きるコツ

好き勝手に生きている人を見ると、好き勝手に生きていない人はとても妬ましく思います。なんで、あの人ばっかり。ズルい。きっと裏で汚いことをしてるんじゃないの。最低!妬みから悪口を言われたり、身に覚えがない中傷をされることさえあります。そういう人は無視すればいいのです(なかなかできないけどね)。自分を妬むような人から好かれるような人になる必要はありません。

自由な生活をしていると思わぬところから妬みや中傷が生まれることもありますが、どんな仕事をしていてもうまいこと回っているように見える人には一定数のアンチが生まれてくるのは仕方ないことと割り切ることが必要です。

好きなことで生きていくために、まずやりたくないことを列挙していきましょう。そうすることで自分の本来の立ち位置が見えてきます。我慢し続ける人生よりストレスから解放される方が良いと思いませんか?

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 - Book , , , ,