51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

「財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済」700兆円の政府資産は一体誰のものなのか!?

      2016/11/14

book00248

「日本のネットベースの国債は200兆円以下」「国には借金はあるが金融資産が大半の600兆円以上の資産を持つ」なんでこんな常識を、新聞やテレビは伝えないのか? 田中角栄の金脈問題では、立花隆氏がそれを解明した業績に対し、「そんなことは、みんな知っていた」と言い放った大マスコミの記者たち。消費税増税や金融緩和では、財務省や日銀の思惑を忖度して「ヨイショ記事」ばかりを書いてきた。なぜ「官報複合体」は、かくも強固に結束しているのか? 税率さえ上げれば税収が下がっても気にしない財務省に支配された大マスコミが日本経済をダメに見せている。日本は財政的にまだまだ捨てたもんじゃないと思える書籍。

700兆円の政府資産は一体誰のものなのか!?

「日本政府はGDPの二倍の借金を抱えており、その金額は約一〇〇〇兆円——これを国民一人当たりに直すと約八三〇万円になる」このことは日本の国民ならもう誰でも知っている話です。朝日新聞をはじめとしたマスコミが今日も、「日本は破産するかもしれない」と国民の不安を駆り立てているからです。しかし、同じ日本政府が七〇〇兆円近い資産を持っていることを知る人はあまりいません。この金額がどれだけ巨額なものであるか・・・それは人口は三倍、経済規模も四倍のアメリカの政府資産が一五〇兆円ほどしかないことと比べれば一目瞭然です。日本政府は世界で一番の金持ちであると言っても過言ではありません。

こうした指摘をすると資産は道路や空港であって換金できないのではないかという人もいるが、彼らは間違っている。政府資産の大半は「現金・預金」「有価証券」、特殊法人への「貸付金」「出資金」などの金融資産でざっと計算しただけでも三〇〇兆円以上。アメリカ政府の持つ資産の約二倍にもなります。これは財務官僚たちが景気の悪い時ほど民間に権限をひけらかすことができるからと気づいたからでこれにより自分たちの天下り先も確保できるからだ。日本のエリートなんて所詮こんなもん。偏差値教育の限界がこれだ。

そもそも財務官僚は低学歴!?

日本の借金は一〇〇〇兆円と煽る財務官僚は、経済のプロではない。ほとんど法学部出身で、大学時代に経済学を学んだのは三割程度しかいません。大学院卒の修士も全体の二割だけです。先進国でも途上国でも普通、経済のテクノクラートは経済博士号を持っています。これは日本を代表する経済新聞の『日経新聞』でも同じで高度な専門記者という職種で採用された人に社内であった事がないという。日本以外の国では中途採用で経済に精通する人材を確保したりするのに対し、日本では新卒一括採用が一般的でここで大きな差が生まれている。

政府は死なないので借金は無限にできる

①鈴木さんは三〇代で一念発起してマイホームを買いました。もちろん、お金は足りませんので、三〇年ローンで三〇〇〇万円の借金をします。

②鈴木さんが六〇代でローンを完済する頃、この家が古くなって住み心地が悪くなってきました。そこで鈴木さんは一念発起して家を建て替えることにしました。もちろん、お金は足りませんので、三〇年ローンで三〇〇〇万円の借金をします。

③鈴木さんが九〇代でローンを完済する頃、再び家が古くなり、住み心地が悪くなってきました。そこで鈴木さんは一念発起して家を建て替えることにしました。もちろん、お金は足りませんので、三〇年ローンで三〇〇〇万円の借金をします。

④鈴木さんが一二〇代でローンを完済する頃、この家が古くなって住み心地が悪くなってきました。そこで鈴木さんは一念発起して家を建て替えることにしました。もちろん、お金は足りませんので、三〇年ローンで三〇〇〇万円の借金をします。

⑤鈴木さんが一五〇代でローンを完済する頃、この家が古くなって住み心地が悪くなってきました。そこで鈴木さんは一念発起して家を建て替えることにしました。もちろん、お金は足りませんので、三〇年ローンで三〇〇〇万円の借金をします。

実は鈴木さんは政府と呼ばれる死なない生命体だったのです。というたとえ話がある。政府が崩壊しない限り借金は踏み倒されることなく連綿と続くのである。それに加え、名目公債利子率より名目GDP成長率の方が高ければ、借金の増えるスピードより収入の増えるスピードが速く、そのため完済できます。これが債務の維持可能性の具体的中身だ。

ぬるま湯に浸かっている寡占状態の日本のテレビ

ご存知の通り日本のテレビはNHKと五つの系列に分かれた民放による寡占状態です。諸外国では多チャンネル化が進み内容も独特で濃いものが多いのに対し、日本では、どのチャンネルも横並びの報道姿勢でそこに安住し、古い番組作りを踏襲している。記者クラブで拾った元ネタが同じなので報道の内容にも全く差がありません。テレビを作っている人は神のように賢いので、たった六局であらゆるニーズに応えられると思っているのならおめでたい話だ。僕は比較的テレビを見ている方だと思うが、それでも「あ〜観るもんないな〜」といった時間帯も多い。そんな時は読書したりスマホやパソコンでwebブラウジングしてこれから読む本を物色したりしています。

世界最強の金貸しでもある日本、中国共産党が財務データを水増しして報告している可能性を含めるとGDPもまだ世界二位の可能性が非常に高い。将来を悲観する事はない。換金可能な金融資産が三〇〇兆円以上もあるのだから。

 - Book , , , ,