51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

「幸せな経済自由人の金銭哲学」金銭的自由への扉を開けるのはあなた次第

      2019/03/01

book00075
世の中にはお金持ちとそうでない人がいますが、その差はどこからくるのか? 世の中の大富豪と言われる人たちには共通点をあげてその法則を探る。自己投資の仕方やお金持ちになっていく過程で経験すること・感じることなど、あなたがお金持ちになっていく上で必要な知識ををひとつひとつ丁寧に解説した書籍。

お金持ちも、資産レベルで全然ライフスタイルが違う

アメックスのブラックカードを持っている人がお金持ちだと思う人も多いでしょうが、ある富豪は、そんなカード使っているうちは、ダメだと言っていました。本当のお金持ちは、秘書や御付きの人が全て支払いをするので、財布を持っていなかったりします。旅行に行くのでも、秘書が全て仕切るし、運転手付きの車や自家用飛行機で、自分の別荘に行くので、お金を払う機会がないのです。そんなお金持ちのレベルを見ていきましょう。便宜上、資産規模で1億、3億、10億、100億、1000億に分けてみます。

資産1億円レベル:1000万円ぐらいの年収があり質素な暮らしをしていれば、誰でも到達可能なお金持ちです。普通の人にはこのレベルでもお金持ちに見えるかもしれません。僕は底辺の人間なので1億円もの資産があれば十分金持ちだと思ったのだがさらに上のレベルに行くと以下のようになる。

資産3億円レベル:頭を使って、クリエイティブな生き方をした結果、手には入ります。自力でここまで来た人は、自分でビジネスを経営しながら、日常生活がそのビジネスに組み込まれている可能性大です。年商数億円から10億円ぐらいのビジネスをやっていて、従業員は、数人から100人程度。数千万の収入を10年間以上続け、うまく投資に回せればこのレベルの成功は可能だ。

資産10億円レベル:10億円レベルになると、経営の才覚、時代を読むセンスなどが必要となるでしょう。ある程度、世間的にも有名なお店や会社を所有しているとこのレベルが可能。ビジネスで成功するだけでなく、不動産、株式を所有することで、資産を増やしていくことでもこのぐらいの資産規模に到達できます。

資産100億円レベル:このクラスになると、才能、行動力、運、時代の流れなどが揃わないと不可能です。一台でその資産を作ったとしたら、自分の経営する会社が上場した可能性があります。

資産1000億円レベル:このクラスはまだ日本には数十人しかいないでしょう。上場企業の創業者一族か2代以上続く大富豪です。

最近だとInstagramなどでセレブが日常の様子を写真に撮ってアップしたりしているので、お金持ちの暮らしぶりを垣間見ることができるようになりました。しかし、普段からInstagramにあげているような完璧なライフスタイルかどうかは、疑問が残る人も。ローンを組んで買った車かもしれないし、セレブにコバンザメのように張り付いて譲ってもらった洋服やブランド物かもしれない。こういったSNSには良い面しか上がってこないので茶だただ羨ましがるのではなく割り引いてみる目も必要かと思います。

大好きなものにだけ、お金を払う

私は、あるお金持ちに教わって以来、「自分が好きかどうか」で、物を買うようにしています。払うお金に対して、どれだけ値打ちがあるかではなく、「自分が好きかどうか」で買い物をするのは、最初はとても難しいと思います。ふつう、お店に入ったら、ざっとお店を見渡してから、目に入った良さそうなものを手に取ってみると思います。そこから値段を見て、自分の予想値段より高かったら、さようなら。70%以下なら心が相当動くはずです。(中略)大好きなものを買うことのよい点は、自分の生活のなかに、大好きな物ばかりが集まるようになることです。すると、それらの物を見ながら、お金って素晴らしいな!と何度も考えることでしょう。それによって稼ぐモチベーションが高まってくるのです。

これは僕の買い物スタイルと似たところがある。まず欲しいものがないか頭でリストアップする。次に洋服だったりバッグだったりをネットや雑誌の紙面上で視覚からのインプットをしまくり気に入ったものを探す。そして一応、値段を見るが本当に欲しいもので金銭的に購入可能な範囲なら結構早く決断する。逆に雑誌にもネットにもこれといったものが見つからない場合買い物はしない。そうして形成された持ち物たちは全部が一軍となる。たまに「これやっぱ違ったな」と思うものは売りに出したり、思い切って捨てたり。うちのクローゼットは小さいので洋服などは処分していかないと入りきらない。本棚もスペースに限りがあるので定期的にブックオフに売りに出します。こうすることで、小さいながらも大好きなものだけに囲まれた生活ができます。

本に投資する

1冊のいい本に出会うまで、30冊の本を買います。その素晴らしい1冊が、定価の30倍しただけだと考えればいいのです。失敗することを恐れていては、自分にとって本物には出会えません。1冊の本に書かれた、たったひとつの文章が、人生を劇的に変えることを私は何度も体験しました。

著者はビジネスセミナーやCD教材などにも投資していたそうだが、僕はやっぱり本がお手軽で良いと思う。身にならなかった本はどんどん処分したり、感想などをブログにアップすることでGoogleAdSenseなどからも小銭が稼げる。何よりいろんな物事に対する知識がついてきたという実感は豊かな経験となる。

お金持ちになるために、一生引き出さない口座を作って積み立て貯金するなどという月並なアドバイスも載っていたが、それでは使う楽しみがない。欲しいものが出てきた時のために貯金するというのならできそうだが‥‥

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

 - Book , , , ,