Book

「一人で生きる」が当たり前になる社会──「ソロ大国・日本」をどう生きるか|荒川和久,中野信子

徐々に増えている独身世帯、2040年には、人口の半分が独身者になるという推計も。独身が当たり前になる社会をどう生きるか独身研究家と脳科学者が徹底検証!

2040年には、独身者が47%に

荒川  最初に基本的な事実の確認をしましょう。次の図1の棒グラフの一番左側が独身の人口です。真ん中が 64 歳までの有配偶(既婚)人口、一番右が 65 歳以上の有配偶のパーセンテージです。 2040年には独身が 47%になり、 64 歳までの有配偶は 31%になるんですよ。

中野   64 歳までの有配偶者が 31%……すごいですね。結婚しているほうがマイノリティ(少数派)になりそうですね。

荒川  基本的には独身が 47%だから、ほぼ半分ということです。これは全員が未婚というわけではないですよ。死別とか離別とか、1回結婚してもまた独身に戻る人も含めて、 20 年後にはこういう配偶関係人口になることが予想されます。

中野  もう若い層は結婚しないほうが当たり前の世界がすぐそこに来ているんですね。

荒川  結婚したとしても晩婚になりますし、離婚も増えているので、必然的に独身が増えます。

中野  最近は、結婚するにしても「永遠の愛を誓う」というような風潮ではなくなってきたように思います。結婚するメリットを疑ってかかる時代に、本格的に突入したという感じでしょうか。

荒川  特に、東京在住の働く女性は、もう結婚する必要性を感じなくなっていますよね。

中野  私の周りは少なくともそのタイプが多いですね。「結婚する・しない」というテーマとは少し違いますが、子どもを産むということにも消極的な風潮を感じます。 結婚を何のためにするのかをみんなが自問自答している状態です。恋愛はしたいけれど、結婚するとなるとまた別の話だね、という意識です。恋愛はいいけれど結婚はためらうという感覚は、昔は男性のものだったと思うんですが、最近は女性側がそう思っているのが新しい現象のように思います。地域によってばらつきがあるかもしれないですが。

独身者が増えるといっても一度結婚を経験した人と、僕のように生涯未婚ではやはり格差があるように感じます。結婚相手は探せばいるけどあえて結婚しないのとできないのでは訳が違う。しかし、これからの時代はどんどん僕らのような生涯未婚者を量産する社会になるという。これでマイノリティではなくなる!独身者のお金の使い方は男女によって違うようで、男性が既婚者の2倍を食費に費やし、女性は稼いだお金の半額を家賃に使うのだという。そのため男性は外食に便利な地域、例えば足立区に住み、女性はセキュリティがしっかりしててステイタス的にも強めな港区に住む。両者が交わることはなかなかないのが現状なのだと言います。

30年前から変わらない「恋愛強者3割の法則」

荒川  恋愛の得手不得手もコミュニケーションスキルの一種と考えられますが、この恋愛スキルは人によって大きく差がつく部分です。 僕は、「恋愛強者3割の法則」と言っていますが、 つまり、恋愛が得意な人は全体の3割しかいない。7割の人は恋愛が苦手 なんです。このグラフ(図 19)は独身者のうち彼氏、彼女がいる割合の推移です。

中野  このグラフだと、恋愛しているのはどうして女性のほうが多いんでしょうか。もう面白すぎますね。

荒川  これは、つまり浮気や不倫じゃないですか。

中野  ですよね。私、あえてぼかして言ったんですけど(笑)。

荒川  真面目な話、これには2つ理由があって、未婚男女でいうと男性のほうが人口が多いので、割合にするとこうなってしまうというのが1つ。 2つ目は「俺、独身だよ」とだましている不倫男がいることも含めて、 3割の恋愛強者男性が一人で何人もの女性とつき合っている ということなんです。

中野  つまり、これは一夫多妻のグラフということですね。

荒川  まさにそうです。結婚はしていませんけど。 恋愛している未婚男女は平均すると3割。 30 年くらい前からずっと約3割です。今の若い男性が草食化したわけではない んです。 失恋した女性の話を聞くと、「相手に浮気された」というのが多いんですが、そういう女性って実は、違う男とつき合ってもまた浮気された、というパターンが多いんです。これを僕は「浮気男のシェアリングエコノミー」 と呼んでいるんですが、それは当然で、一部の恋愛強者男の仕業なんですよ。 今まで一度も彼女ができたことのない男性が3割くらい存在する裏で、3割の恋愛強者が恋愛相手を何度も変えるという現実。まさに、勝者総取り(ウィナーテイクスオール)です。

よくYouTubeなどを見ているとマッチングアプリなどの広告を目にするが、これが曲者。やはりマッチするのはスペックの高い人たちでそうでもないパッとしない人たちは一向にマッチしないでサブスクリプション代を延々と払い続けることに。ここにも恋愛強者3割の法則が当てはまりそうだ。スペックの低い僕らはやはり一人で生きる覚悟が必要になってくる。

独身者が大半を占めるようになった世の中ではどのような変革が怒るだろうか?いい歳して未婚なんて何か欠陥があるに違いないと言われることのない世界を望む。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

 

-Book
-, , , , , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5