51Blog

興味のあることや本の感想などを綴っていく雑記Blogです。

「チームリーダーのための7つの習慣」で店長だった頃何がいけなかったのか振り返る

      2016/11/14

book00231

1982年に日産自動車入社後、様々な職種を幅広く経験し、UCLAビジネススクールにて経営理論を学ぶ。帰国後、外資系コンサルティング会社、日本コカ・コーラピバレッジサービス常務執行役員を経て、2000年プリクラで一世を風靡したが一転赤字続きだった株式会社アトラスの代表取締役に就任。3期連続赤字企業を見事に復活に導く。2005年には「THE BODY SHOP」を運営する株式会社イオンフォレストの代表取締役社長に就任し売上げを約2倍に。2009年、スターバックスコーヒージャパン株式会社のCEOに就任。現在は株式会社リーダーシップコンサルティング代表取締役社長。立教大学特任教授、早稲田大学非常勤講師を務める傍、本書を執筆。スティーブン・R・コヴィー氏の名著『7つの習慣』を岩田氏流に読み解いたチーム力向上に役立つ書籍。

スタバのワンモアコーヒキャンペーン

スターバクックスでドリップコーヒーを飲んだことがある人はレシートに2杯目100円の文字が印刷されているのを見たことがある人も多いだろう。そのキャンペーンを導入してから売り上げは底を打ち、一転して右肩上がりに。このサービスはドリップコーヒーを飲んだ店舗とは違う店舗でもサービスが受けられるので朝地元のスタバで一杯飲み、昼に職場近くのスタバで100円でドリップコーヒーを飲むといった使い方もできるらしい。Shortなら一杯205円(税込)で飲める計算だ。最近ではその居心地の良さから、長時間滞在する客が多く、新たに来店する客が店内で座るところがないというクレームも多く、顧客満足度はドトールに軍配が上がっているという調査結果もある。しかし、「人々の心を豊かで活力のある物にする」ことがスターバックスの掲げているミッションであり、それに照らし合わせれば「長居するお客様を追い出す」という選択肢はない。

行動を決めるのはパラダイムである

『7つの習慣』で語られる需要なキーワードの一つに「パラダイムシフト」というものがあります。パラダイムとは私たちのものの見方でどんな眼鏡をかけて世の中を見ているのかです。「物事をどう見るかが、私たちの態度と行動を決めている」

仮に私が、平社員より部長の方が「偉い」、副社長より社長の方が「偉い」というパラダイムを持っていたとしたら、昇進するたび態度が尊大になり、自分を見失って、誰もついてきてくれなくなったことでしょう。

昇進し役職が変わるなどした場合、いやが応にも「パラダイムシフト」を起こす必要に出くわす。過去の成功事例は必ずしも最良ではないことからも「パラダイムシフト」を起こす重要性がわかる。

リーダーはプレイングマネージャーであるべき

自分の後ろ姿で他者に影響を与えれば、問題を根本から解決することもできる。

リーダーは、メンバーと同じ方向を見てその背中を見せながら率いる(リードする)、いわばプレイングマネージャーとしての姿勢が必要でリーダーとして「主体的である」とは、「まず自分自身を修めること」。自分を修められない人に人を治めることなどできないのです。

特にストアマネージャーなどの職種は、業務内容が、普通の従業員の仕事も兼ねてることが多く、プレイングマネージャーであれというのはわかる気がする。ストアマネージャー固有の仕事ばかり優先し業務を行っていると下がついてこないのは僕も経験した失敗の一つだ。プレイングマネージャーであることで信頼を得、その信頼に信頼で答える。人は信頼されていると思えば自分の最高の力を発揮するのだ。

信頼口座への預け入れは人間関係への投資である

信頼口座の預け入れとしてコーヴィー博士が上げている、

  1. 相手を理解する
  2. 小さなことを気遣う
  3. 約束(promise)を守る
  4. 期待(expectation)を明確にする
  5. 誠実(Integrity)さを示す
  6. 引き出してしまった時には心から謝る

という6つはいずれも重要な姿勢ですが、人間関係というのは、築くにも修復するにも、時間がかかるということも忘れてはなりません。信頼関係を築くことは、長い時間をかけて人間関係に投資していくということなのです。

世の中には勝ち負けに異常にこだわり、地位や財産でランク付けを行い、リーダーになると途端に偉そうになったり、傲慢になったりする人もいる(店長になったばかりの頃の僕はこれww。それなりに必死にやってきた結果、傲慢になってしまい、サボりぐせのあるバイトの契約更新をせず事実上首を切った。それがチームの雰囲気を悪くしたのはご察しの通り)当時、店長もアルバイトも同じ船に乗った仲間であるという認識があればこうはならなかったのだろう。

これからチームリーダーになる人、チームリーダーになったがうまく回せていない人。平易な言葉で解釈し直された『チームリーダーのための7つの習慣』を是非読んで生かしてほしい。僕のようにレールから脱線する前にw

 - Book , , , ,