書評

Book

AI時代のロボットの仕組みと活用の飛躍をのぞいてみよう

2015年1月に政府が打ち出した「ロボット新戦略」では、2020年のロボット市場を、現状の6,000億円規模から2兆4,000億円へと成長させることが目標とされています。経済産業省はロボット市場は20 ...

Book

「群れない生き方」「孤独」や「不安」なんて気にするな!

弱いものをターゲットに寄ってたかっていじめをしている連中も、媚びへつらいながら金魚のフンのように上司に付いて回っているサラリーマンたちも、現代人特有の群れ方をしているという点では全く同じである。では、 ...

Book

若者の自動車離れが進む昨今、自動運転の未来を大胆予測。

ガソリン自動車が誕生してから約130年の歴史の中で、完全なる自動運転ができる車は販売されていない。人が全く運転操作に介在しない自動走行状態こそ〝実験〟と名のつく世界では50年以上前から成功していても、 ...

Book

我が子のために知っておくべきアクティブ・ラーニング時代の必読書

世界から取り残され、アジアの中でもすでにトップから陥落した日本の大学。国際的にも、またビジネスにおいても役に立たない暗記型の受験競争をまた復活させようとする動きも。子どもたちが「後進国の教育」に埋もれ ...

Book

自分を20倍高く売る!これぞ「ヤクザ式」の処世術

例えば「ミスター」こと長嶋茂雄は、ヘルメットが脱げるほどの豪快な空振りをしてファンを沸かせた。長島はわざと大きめのヘルメットをかぶることで脱げやすくしたのだ。「空振りをする、ヘルメットがブッ飛ぶ、する ...

Book

ロンブー淳が語る若い人たちへのメッセージ

世の中が注目している話題に対し意見を発信すると、自分と意見の合わない人間が、あらん限りの罵詈雑言を浴びせてくる。個人が自由に意見を発信し、その意見も多種多様なのが健全な社会と言えるのではないだろうか。 ...

Book

「リア充」とは、似て非なるもの「意識高い系」とは?

高いホテルや、高いワインを飲んでいる自分(一人ではない)を積極的にSNSにあげ、新幹線ではグリーン車に乗っている画像をアップ。「今日の安宿」などと自嘲的にへりくだりつつパークハイアットに止まっている様 ...

Book

残念!徒党を組む人は幼稚に見える!?

仕事の場は趣味のサークルでも、お茶飲み話の場でもない。それぞれの人間が結果を出し組織の利益の一部を分かち合う場に過ぎない。組織の利益が最優先される場だ。非情と言われようが、である。「支え合う」「ひとり ...

Book

幸せになるための基本となる3つの原則とは?

これまでいくつもの自己啓発本を読んで、結局幸せになれていない人へ。幸せになるための基本となる3つの原則。それは、「比べない」「期待しない」「目標を持たない」です。裏を返して言えば、多くの人は幸せになろ ...

Book

片づけられる人は仕事も恋愛も人間関係もうまくいく?

もったいなくて、片付けられない人。せっかく片付けたのに、またすぐリバウンドしてしまう人。片付けることで、仕事も恋愛もチャンスを掴みたい人。そんな人たちに送る本書。「片づけられる人」は、仕事も、恋愛も、 ...

Book

アベノミクスを徹底分析、改革方策を提起

財政格差は企業本位の法人税と労働法制及び富裕層優先の所得税から生じている。巨額の財政赤字の大きな要因は費用便益効果の乏しい巨額投資と法人税、所得税の減税である。消費税は逆進性があり、消費を削減する。企 ...

Book

古代から現代<見える世界>の奥にあるものとは?

21世紀を象徴する道具のひとつであるスマホは、その中に<見えない世界>の断片がいっぱい詰め込まれている。そのひとつが20世紀が産んだ知の巨人アインシュタインが特殊相対性理論によって明らかにした「伸び縮 ...

Book

あなたの目の前にあるその〝危険〟は本当か?

「化学物質」「発がん物質」「放射性物質」「天然vs.人工」「殺人油」「農薬」「代替医療」‥‥その危険は本当か?現代の我々を襲うリスクは、歴史や経験からは教訓を引き出せないものばかりである。何が、どれく ...

Book

アドラーVS古代ギリシャの智恵。幸福になるための鍵とは?

人は幸福にならなくても幸福で<ある>のなら生き方も変わってくる。今ここを生きればいいからである。幸福であることを願わない人はいないはずなのに、なぜ、多くの人は幸福感を得ることができないのか?アドラー心 ...

Book

効果抜群!一生使える知識、記憶法を短期間で習得

記憶法は、短時間で習得できて、しかも一生使える知識である。記憶法を習得すれば、短時間で大量の情報を記憶できるようになる。勉強時間が半減する。日常のちょっとした物忘れがなくなる。(記憶力の向上に伴い)知 ...

Book

生活保障の新しい形「共生保障」を見ていこう。

生活保障とひと口に言っても、年金、医療など含めて制度は幅広い。本書でいう共生保障とはその全てに関わるものではない。それでは共生保障とはいかなる制度や政策を指すのか。第一に「支える側」を支え直す制度や政 ...

Book

超格差社会・高齢化社会で弱者はどう生きるか?

ごく一部の富裕層を除き、多くの人々にとってすでに他人事ではない「貧困/自己責任大国」日本の現実とその構造を、さまざまな「当事者」たちへの取材を通して、平易な言葉であぶり出す。疲弊する個人と社会に、今、 ...

Book

科学とは「疑うこと」から始まります!

いま、学ぶべきサイエンスとは何か? 「物理」「化学」「生物」「医学」「地学」「環境問題」─6科目のエッセンスを講義形式で明快に説く、池上彰初の科学入門。核兵器から原発、水素エネルギーから再生医療、首都 ...

Book

最後まで自分で噛んで食べたいと思うすべての人へ

「口から食べないほうが安全」という理由から、鼻から管を入れて、栄養を摂るように。食べるという最後の楽しみを奪われ、元気を失う。「食べないほうが安全という理由だけで、このまま食べることを奪ってしまってい ...

Book

男女の違いを正しく知ればきっと分かり合えます

「男はいつもそう‥‥」「だから女は‥‥」こんな男と女の謎を解きたいあなたへ。「女って、なんであんなんなに話が長いんだろう‥‥」「話を聞いてくれない男の人が多いのはどうして?」あちらこちらから男女の思考 ...

Book

経済成長だけではない真の成長とは?

危機の現場を歩いていると、気づくことがあった。欧州各国は、いい面も悪い面も日本と似ている。バブル発生と崩壊、金融不安、財政悪化、金融緩和‥‥。どれもこれも、日本を見ているような感覚になる。日本の反面教 ...

© 2024 51Blog Powered by AFFINGER5