医療

Book

心の病を正しい食生活で治す「分子整合精神医学」とは?

うつ病や不安障害など、心の病は脳内の神経伝達物質のインバランスによって発生する。薬を服用すれば症状は回復するが、薬には副作用がある。脳に恒久的なダメージを与えてしまいかねない。薬に頼らない治療法はない ...

Book

肺癌になりつつも発信し続ける彼の思いとはどんなものか

2人に1人は生涯にガンに罹患する時代、患者の立場から冷静に深く綴られた「一級のノンフィクション」。 今日から私も患者です 早期癌と進行癌という表現はもうおなじみだと思います。早期癌といっても普遍の定義 ...

Book

忘れられない患者さん 名医たちが語る統合失調症とは?

精神科で人気の名医たちが赤裸々に語るインタビュー集(一部寄稿)。診断に迷う、治療方針に悩む、これは誤診?医療制度に腹が立つ!そんなとき百戦錬磨の精神科医たちはどうしてきたか。医学教科書には載っていない ...

Book

統合失調症治療に活用できる治療がうまくいく解決策とは?

統合失調症の当事者や家族、治療に関わる多職種のスタッフに向けて、疾患の情報をわかりやすく、短時間で伝えるための1冊。千葉大学精神医学教室で蓄積された経験・知識をまとめ、実際に使用している情報提供ツール ...

Book

不安や心配を克服するための患者さん用ワークブック

「心配性だ」「すぐ緊張してしまう」と悩んでいる人、また、不安にとらわれて勉強や仕事や家事が手につかない人――全般性不安障害(全般不安症)をもつ人、その傾向のある人が、認知行動療法の技法を使って不安や心 ...

Book

西と東ではこんなに違う。医者の数で損をするのは東日本!

なぜ関東に医者は少ないのか?なぜ医学部は西日本に多いのか?なぜ金持ちの子どもしか医者になれないのか?日本の医療は「なぜ?」「どうして?」ばっかりだ!大学を見れば日本の「医療格差」が見えてくる。2013 ...

Book

西洋医学は実は治療が苦手。根治治療とは何か問う。

現代医学、すなわち西洋医学は実は治療が苦手。現代医学では、治療法のほとんどが対症療法にすぎず、死ぬまで薬を飲み続けて体をコントロールしていくことしかできない。一方、数ある代替医療のなかで、今、世界的に ...

Book

『医療危機』患者にできること、医者がやるべきこととは?

日本の財政が危機に瀕するなか、医療費の高額化が問題になっっている。その主因は高齢化と技術進歩であるが、人口の多い団塊の世代の高齢化もあいまって、日本の国民医療費は毎年数千億から一兆円ずつ増加している。 ...

Book

『視力を失わない生き方』正しい情報と医療で視力を守り抜け

日本人は、日本の医療は先進国でもトップレベルだと信じているかもしれません。しかし。こと眼科手術医療に関して言えば、世界のトップレベルから見ると圧倒的に遅れており、むしろ低レベルと言ってよいと思います。 ...

Book

『自律神経が整えば休まなくても絶好調』休息について考えよう!

なぜ「きちんと休めない」のでしょう。「仕事が終わらないから」「みんなが残業している中で休める雰囲気ではないから」。こうしたことを言っているうちは、本当に質のいい休息を手に入れることはできません。なぜな ...

Book

『「代謝」がわかれば身体がわかる』食物がどう消化吸収されるか

あなたの日々の身体変化の最小単位は「代謝」であるともいえる。これまでの代謝の積み重ねで今のあなたの身体はあり、今現在の代謝の積み重ねが未来のあなたの身体を作る。本書では、まず代謝を動かす根本原理につい ...

Book

『医学不要論』全く不要な9割の医療と、イガクムラの詐術

現代医学の基本姿勢は本質的に治すのではなく、その場をしのぐこととなっている。それは「維持」や「寛解」と呼ぶ類のものであって、決して「治癒」ではない。「治す」「治る」ということは、本質的に言えば病院に通 ...

Book

『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』鉄分摂取で完治へ

鬱やパニック障害とフェリチン値の関係を理解し、クリニックを訪れる女性患者を対象に、血液検査を実施してみたところ、鬱やパニック障害に悩む方のフェリチン値が、著しく低いことが明らかになりました。そして、フ ...

Book

精神障害者をどう裁くか?無罪と厳罰化の狭間で

最近、新聞などの事件報道の記事において、「責任能力」という言葉を見かけることが多くなった。殺人などの重大事件に関しても、加害者が、「心神喪失」と認定され、刑事的な処罰を受けないことがしばしば報道される ...

Book

体調不良・病気に対処するため10秒間口を開けてみよう

ストレス過多、肩こり、腰痛、頭痛……。現代人を悩ませる様々な症状の原因は、「食いしばり」にあった!スマホやPCを日常的に使用し、ストレスの多い社会を生きている現代人は、その影響で無意識のうちに食いしば ...

Book

死ぬまで働く人、働かせる企業には共通する構造がある

2015年に起きた大手広告代理店・電通社員の高橋まつりさん(当時24歳)の自殺は、2016年に大きなニュースとして報道され、世の中にショックを与えた。実は1991年にも電通の男性社員が自殺している。彼 ...

Book

予防歯科でデンタルIQを上げ、健康寿命を伸ばそう!

自分の歯を治しデンタルIQを上げることは、健康や仕事にも良い影響を及ぼすことにつながります。歯の寿命が、あなたの「健康寿命」を飛躍的に伸ばしてくれるのです。社会的に成功をおさめた人が歯を大切にしている ...

Book

白米が健康寿命を縮める !?糖質を餌ににする歯源性の歯血症とは

元気に若々しく老いを迎えるために、誰でもできること、それが口腔内細菌の働きをよく知り、口の中の状態をよくすること。最新の研究成果から、口腔内の細菌の恐ろしさ、菌血症になる原因、そして栄養学でぜひとも見 ...

© 2020 51Blog Powered by AFFINGER5