Book

上司の名前にバカをつけて叫ぶ|心野 友|働く人の痛快心理セラピー、元気になる魔法の言葉

会社でのストレスに黙々と耐えるだけでは精神衛生上よくない。叫ぶ社員の方がストレスフリーで業績も上がるのではと言う視点で元気になる魔法の言葉を紹介していきます。働く人の痛快心理セラピー。

単純接触効果

心理学では「単純接触効果」として知られていますが、最初はとっつきにくかった取引先に、何度も足を運んでいたら、担当者が好意的になっていった……などという成功談をよく聞くのではないでしょうか。テレビで同じコマーシャルを何度も流したり、商品のキャッチフレーズを連呼したりするのも、ウザいと思っていてもだんだん親しんでしまう単純接触効果を狙ってのものです。取引先に好かれたいのなら、邪険にされてもガマンして会いに行くというのが対処法のひとつに挙げられますが、必ず成功するわけではありません。なかには知れば知るほど嫌いになるケースもあるからです。好き嫌いはほかにもいろいろな要素に左右されるので、特定の相手に好かれないからといって悩んだり、落ち込んだりするのはナンセンスです。たとえば同郷の人に好意を覚える「類似性効果」というのもありますが、いくら相手とお近づきになりたくても、出身地を変えることはできません。出身大学の先輩、後輩なんてのは、強い絆で結ばれているように感じますが、よく考えれば、たまたま同じ大学に入っただけの話です。人やものを好きになるときは、このように些細なことが影響しているケースもあるので、あまり深く考えないようにしましょう。また、下手に好かれることで、いろいろとめんどくさいことになる場合も多々あります。好かれることが、必ずしもいいこととは限りません。

人当たりが良いのはポジティブに捉えられがちな性質ですが、単純接触効果で万人に良い顔をしていると余計な人間関係ができて煩わしくなるかも。何もみんなと仲良くなる必要はありません。この付き合うと面倒だと思う人とは距離を置いて接触回数を減らすことをお勧めします。特に会社の上司ともなれば自分の業務にも影響してくるので微妙な匙加減で付き合う必要があります。奢ってくれる時もあるからといって毎回飲みの誘いに応じるのも時間の浪費であることが多い。もしあなたが人を率いる立場なら部下に慕われるために飲み会以外の選択肢を考えた方が良いでしょう。

散財を意図的に

人間は悲しい気分から立ち直るために、環境を変えようとします。環境を変えるということは、持ちものを増やしたり、手放したりすることも含まれます。つまり買い手はより高い値段をつけてでも持ちものを増やしたがり、売り手は安い値段でも持ちものを減らしたくなるのです。この実験から、無駄遣いを減らすためには、気分が平静になるまで待とう……という対策を導き出すこともできますが、いっぽうで多少散財することで、気分の落ち込みが回復するのなら、それはそれで有用です。「仕事で失敗したのに、こんなに買い物しちゃった」などと落ち込むのではなく、「自分に罰を与えるために、財布に打撃を加えてやったぜ。がはは」と開き直るくらいのほうが、気分がスッキリしていいと思います。

散財でストレス発散するのもありだと思います。もちろん限度はありますが、欲しかったものや待ちに待った新製品などはテンションも上がって購入後も満足感が持続するためモチベーションの維持にも役立ちます。ファッションアイテムだとそれを着たり履いたりした時、気分が上がるのでお勧めです。いつもは敬遠しがちなハイブランドも形や色が気に入ったら思い切って散財してみるのをお勧めします。僕はベーシックな形や色使いでちょっぴり遊び心があるが、一見ブランドとわかりずらい上質なものを好んで買うようにしています。特に靴やアウターにはお金をかけるようにしています。

性格を変えたい人

書店へ行くと、「性格を変えたい人に向けた本」がずらりと並んでいます。それだけ自分の性格が嫌で、変えたいと思っている人が多いのでしょう。性格心理学のさまざまな研究によると、性格は大人になってからも変化したり、発達したりします。でも、無理に性格を変える必要はありません。自分の性格が嫌いな人は、その性格がもたらした嫌なところばかりに注目してしまいます。たとえば「弱気な性格」を「強気な性格」に変えたいと思っている人がいるとしましょう。弱気な性格の人は、他人から甘く見られたり、引っ込み思案だったりと、さまざまなデメリットがあるでしょう。その反面、他人に対して優しくできたり、なにごとにも慎重に対処できたりといったメリットもあります。この人が強気な性格に変わるとどうなるでしょうか。他人から甘く見られることはなくなり、なにごとにも果敢にチャレンジできるようになると思います。しかし、他人への優しさやものごとに対する慎重さは、失ってしまうかもしれません。のび太がジャイアンになるようなものです。今の性格の嫌なところばかりが目につき、なりたい性格のよいところばかりを見ていないでしょうか。

性格はなかなかすぐに変えることができない。成長の過程で経験により性格の負の面をサポートするスキルが磨かれてその性格が目立たなくなることはあると思います。しかし、根底に持っているものはそう簡単に変わらないと思います。虚勢を張ってそれを隠していてもふとしたきっかけで戻ってしまうことも。僕は弱い自分にスイッチを入れるためのトリガーを持つと良いと思います。僕の場合、洋服や靴、そして香水がそのトリガーです。人によってはアクセサリーやガジェットなんかでも良いと思います。様々なアイテムで武装することでバリアを張って性格の負の面を覆ってしまうのです。

社会人ともなればストレスの一つや二つあるものです。そんなストレスを軽減させる魔法を手に世の中生き抜いてやりましょう。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5