Book

一瞬で人生を変える逆算思考|平岡 俊晴|人類の英知と潜在意識を活用した豊かな人生への秘訣

仕事と遊びを両立するためのハウツー本。1日5分の目標実現日誌であなたが想像する以上の知恵に巡り会うことが!!ビジネス・プライベート共に役立つ知恵を満載。

目標達成のためのセルフコーチング

脳は、質問をすると、アンテナを張って、必要な情報を集めようとします。そして、今までの体験や現在の状況など、ストックされているすべてから「答え」をさがしはじめます。パソコンでいうと、目に見えないハードディスクに検索をするようなものです。

そして、でてきた各項目の答えを実行するための計画をたてていきます。ここからは実行して改善してまた実行、という繰り返しをすることで少しずつ目標に近づくことができます。

ビジネスを成功させるうえでの教えでP・D・C・Aモデルを回すことです。詳しい説明は省きますが、NLP実践心理学のT・O・T・Eモデルでも目標達成するにはテストと実践の繰り返しをすること。そして、「失敗はない。フィードバックがあるだけ」という極めて重要な考え方も伝えています。

さらに私の個人的な考え方として、人としての在り方を確認し、この目標を実現するのにふさわしい人間かどうかを問う必要があると考えています。そして、目標そのものを見つめて「これでいいかどうか」を定期的に検証する必要があると考えています。簡単に書きましたが、これがP・D・C・Aに+アルファーの考え方です。

PDCA+αとあるが今やビジネスでそれらは常識となっている。ビジネス本の多くはそれらを語っており、PDCAに毛が生えた仕事術も流布している。これらを意識しなくても仕事というのはこのようなサイクルで回っているものなので、あえて言及するほどのものではないというのが僕の印象。

脳を活用する科学プログラム

我々人間はある出来事を意味付けするときには、過去の経験に基づいた価値観によって行っています。事実を見ていません。というか、事実をありのままに見ることができないのが人間です。古典で有名な荘子も、似たようなことを述べてます。ご興味がある方は荘子を読まれるといいです。

私たちは自分のフィルターを通して出来事を色眼鏡で見ています。 例えば、お客さまから何らかの「クレーム」があった時にどう捉えるかは、人によって違ってきます。

一人の営業マンは「あ~、いやだな。自分のせいでもないのになんでこんなこといわれなきゃいけないのだ。と捉え、落ち込んでネガティブな気持ちになるかもわかりません。」

他の営業マンは「このお客さまの不満を解消してあげたら、いいお客さまになってくれて、自分のファンになってくれるかもしれない。どのように対応してあげれば、満足してもらえるだろうか?とチャンスと捉え、適切な対応方法を思いつくかもしれません」

このように出来事に対する捉え方「認知の枠組み」を変えるプロセスをNLP実践心理学では「リフレーミング」といいます。

リフレーミングができるようになると不安などのマイナス要素を取り除くことができます。僕は心配性でついつい不安になりがちなのですが、それは事実(現実に起こっていること)を調べることで解決します。不安な時というのは何も調べす、ただ悶々と考えているだけということが多いような気がします。

人生を一瞬で変えてしまう逆算思考を学んで、より良い環境を手に入れましょう。人生が好転するかもしれない実践心理学。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , ,

© 2022 51Blog Powered by AFFINGER5