Book

キレる!|中野 信子

キレることって最近無いなと思いつつ、人がなぜキレるのか脳科学的に分析しながら考察。最近、煽り運転など怒りを抑えきれない人がいたりアンガーマネジメントなんて言葉も流行ってきています。キレる感情に支配されないように!

いい人には二種類ある

いい人には二種類います。まず、いい人として他人から信頼される、つまり〝尊敬できるいい人〟。もう一つは、いい人として搾取される人、つまり〝都合のいい人〟です。例えば、あなたが上司に選ぶなら、この二種類の〝いい人〟のどちらを選びますか? 〝都合のいい人〟は、あなたが失敗しても決して厳しく叱らないでしょう。その代わり、クライアントや他部署から無理難題を押し付けられても抗うことなく、むしろニコニコ応じてしまうでしょう。 〝都合のいい人〟は、まず〝キレる〟ことはありません。怒らず、人当たりはよいので、なんとなく人が寄ってくるように見えますが、本当に困ったときには役に立たないのでむしろ軽蔑されてしまいます。 〝尊敬できるいい人〟は、部下のあなたに対しても常に優しいというわけではなく、あなたが間違っているときには、「それは間違っている」と厳しく叱ってくれる人です。こういう人はいざというときには、クライアントや他部署に対しても、断固として、自分の主張を通せる人です。職場で言葉を荒らげる=〝キレる〟こともあるでしょう。けれども、その〝キレ〟の根本にある怒りが、周囲の人たちが共感、同調できるものであるから、説得力につながり、信頼されるのです。ただし、こういう〝尊敬できるいい人〟にはある意味で弱点があります。〝ゴマをすること〟や〝無難であること〟、〝上への同調〟が出世の手段となる会社・組織では、幹部からは煙たがられたり、叩かれたりするリスクは否めません。 〝都合のいい人〟と〝尊敬できるいい人〟は、どのような組織・会社に属しているかによって、どちらの〝いい人〟が得をするのかは変わってきます。どちらの〝いい人〟になりたいのかは、あなたの〝いい人〟に対する価値観によります。

搾取されるいい人、気をつけていないと僕もこっち側の人になりかねない。今は病気で自動車免許は取り消しになってしまったが、以前は都合よく足に使われていた時期があった。運転自体は好きだったので自分が利用されているとは全然思っていなかったのだが他の人からの指摘で気づかされた。

マインドコントロールされる危険性もある

言い返さないでいると、それが洗脳やマインドコントロールの入り口になってしまうこともあります。DVの人間関係もまさにそれです。支配的に振る舞う人は、相手が「あなたの言う通りです」と言ってしまう人なのかどうかを見ています。洗脳しようとする人は、「あなたの言う通りです」と言う人に初めのうちは優しくするのが特徴です。そうやって信じさせるようにして徐々に取り込んでいくのです。その後しばらくして、ちょっと抵抗したり、自分の主張をしたりすると、豹変してその主張をつぶそうとします。アメとムチを繰り返して、徐々に支配関係をつくっていきます。洗脳されて、服従の脳になってしまうと、考えないことが楽になってしまうのです。人の思考を奪うことで従属させて搾取するわけです。DVのような個人レベルだけではなく、社会や組織と個人の関係においても、悲しいことですが、人間はヒエラルキーを重視する社会性を持った生物ですから、強いもの、大きいものに従うことを心地よく感じてしまう仕組みを持っているのです。〝長いものには巻かれろ〟ではありませんが、そうすることで、自分の裁量権を失っていきます。自分が属した社会や組織から叩かれることはなくなります。そしてDVの人間関係のように、社会や組織に存在している問題を考えないことが楽になってしまうのです。なんでも社会や組織の〝常識〟〝慣習〟〝あるがまま〟に従っていれば、脳を使わず、考えなくて済むからです。そうした社会や組織に身も脳も従属した人は、その中で異質な人に対しては和を乱すものとして攻撃を始めます。ですからそこから逃れるのはとても困難になるのです。だからこそ洗脳されそうになったら、最初のうちにキレることで、周囲に容易ならざる相手であることを知らしめる必要があります。対人関係においては、最初から「洗脳もマインドコントロールも利かない」「理不尽なことには黙っていない」というところを見せなくてはなりません。社会や組織においても、闘うときには闘い、言うべきときには言う人であることを見せる必要があります。

他人で僕に要求を突きつけてくると敏感に反応してしまうのでそういった人とは距離を置くようにしています。こちらが与えるばかりでは割りに合わないような気がする人間なので。いつか無償でこの人には尽くしたいという人が現れるのだろうか?と疑問になってしまうほど打算的な自分が嫌だったりします。相手にキレることで心を支配して手中におさめようとする相手とはちょっと距離を置いた方が良いかもしれません。

都合の良い人にならないようにすぐキレる相手とは距離をとってみよう。相手は暴力やそのキレる行動であなたを支配しようとしているんだという事実から逃げないで。その人は決してあなたを愛していません。

※この書籍はKindle Unlimited読み放題書籍です。月額980円で和書12万冊以上、洋書120万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になるサービスが初回30日間無料となっております。PCの方はサイドバーのリンクより、スマホの方は下の方へスクロールしていただければリンクが貼ってありますので興味のある方はどうぞ。なお一部の書籍はキャンペーンなどで無料になっていて現在は有料となっている場合もありますのでその場合はあしからず。

【サブスク】 Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedの詳細はこちら

僕が利用している読書コミュニティサイト

【本が好き】https://www.honzuki.jp/

【シミルボン】https://shimirubon.jp/

-Book
-, , , , , , , ,

© 2021 51Blog Powered by AFFINGER5